FC2ブログ

11/9(土)流山ヒルサイドコート防災イベント(千葉県流山市)

 青木 信夫(千葉県防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

令和元年11月9日(土)、千葉県流山市、流山ヒルサイドコート(マンション)において防災イベントが行われ、BCNの青木信夫防災士がミニ講座の講師を担当しました。
10時に安否確認が行われ、続いてミニ講座、その後懇親会という流れですが、比較的小さなマンションながら約30名が参加され、盛り上がりを見せていました。
当マンションは対策がしっかりしており、安否確認は安否確認箱が常設され、確認からその先の行動まで丁寧な説明も明記され、いつ起こってもすぐに対応できるようになっています。また、今回新たに設置したというエレベーター閉じ込め用椅子型常備セット(トイレ、水、食料など)も今回の台風による停電も視野に入れて導入され、災害を我が事として取り入れる意識が高いマンションです。
ミニ講座は今回の台風とその顕著な事例、3.11浦安被災状況と教訓、マンション特有の災害、当地区の古写真、古地図、最後に〇×クイズを行いました。
女性参加者も多く、雰囲気がとても良く、対策もしっかりしており、常に危機感も持ち合わせている良い意味で稀なマンションと言えると思います。

日程:令和元年11月9日(土)
場所:流山ヒルサイドコート
対象:マンション住民
スタッフ:2名
内容:講話

191109aoki1
 
191109aoki2

191109aoki3

『めでぃっこフェス』防災ブース出展

松本紀之(京都府防災士)

日時:11月4日(月・振休)11:00~16:00
場所:滋賀県守山市体育館大アリーナ

滋賀県に所属するNPO法人びわこファミリーレスパイトが主催するイベントに、「防災ブース」を担当しました。
「めでぃっこ」とは、医療ケア児の略称で当法人が当事者とその家族さんのケアサポートを目的とした団体です。
滋賀県下の小児医療に携わる医師・看護師。臨床技師等々医療関係者はもとよりケアワ―カーなどあらゆる多業種連携で参加する、めでぃっこを全力サポートしてます。
団体の正会員でもあります防災士が今回「防災ブース」を任されました。
防災ブースの依頼は、めでぃっこ家族さんから要望もあり、ここ数年の自然災害時に``停電``が発生します。。。これは、医療ケア児をはじめ人工呼吸器の障がい者には死活問題でもあります。
そこで、防災視点から災害時の備えを防災士監修で展示、体験して頂きました。
2名で対応した防災士は、普段の防災士活動でも障がい者福祉に特化した活動を日々努めておりますので、今回もご家族様にも備えの見直しのお声や、当日はマルシェも開催してましたので一般のご家族にも改めて防災や要支援者者への配慮の事も理解した頂きました。
今回は、「防災」メインのイベントでなく医療福祉の一部として「防災」に触れて、考えて頂けたと思います。
少し新鮮な気持ちで、こちらも防災に気を惹きつける腕を磨く勉強が出来ました。

※AEDトレーナー一式は、公益財団法人JR西日本あんしん社会財団 助成事業
 
防災士  畑 邦夫(兵庫県) 
防災士  松本紀之(京都府) 
一般   松本朋恵     
191104matsumoto1 191104matsumoto2  
  めでぃっこフェスポスター      防災ブース
191104matsumoto3 191104matsumoto4  
  防災ブースAED体験1     防災ブース自家発備え解説中
191104matsumoto5 191104matsumoto6  
  防災ブース手製喀痰吸引器      防災ブース配置
191104matsumoto7 191104matsumoto8  
            防災ブース備え 

11/3(日)本須賀第2区自治会しおさい祭り2019(千葉県山武市)

青木 信夫(千葉県防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

令和元年11月3日(日)、千葉県山武市、しおさい会館において本須賀第2区自治会が主催する「しおさい祭り2019」が行われ、BCNは煙体験と地震体験を担当しました。
毎年行われるしおさい祭りですが、今回参加させていただくのは初めてです。自治会という比較的小さな地縁団体ですが、参加される人数は約500人とものすごい数です。お祭りイベントながら、消防車、消火器訓練、煙体験、地震体験と、防災を組み込んでいます。また、子どもダンス、フラダンス、和太鼓、ブラスバンド、ビンゴゲーム、お菓子投げなど、イベントも盛りだくさんで出店も多く、ものすごい賑わいでした。
BCNは煙体験と地震体験ですが、子どもにつられて保護者の方々も多く体験され、煙体験では「こんなに見えないとは思わなかった」「壁伝いに行かないと出られない」など、火災、煙のこわさを体感いただけたようです。
防災訓練と名打つとどうしても堅さが残りますが、お祭りとセットで気軽に防災に触れることができるのはとても良い取り組みだと思います。
今回は途中で雨が降り、また午後も早い段階から雨が降り出したことから閉会が早まってしまったのは残念ですが、今後も大きく発展していくと思います。

日程:令和元年11月3日(日)
場所:しおさい会館
対象:本須賀第2区自治会員他、近隣施設
スタッフ:4名
内容:煙体験、地震体験
 
191103aoki1

191103aoki2

191103aoki3

191103aoki4

11/2(土)野田市消防救急フェア(千葉県野田市)

 青木 信夫(千葉県防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

令和元年11月2日(土)、千葉県野田市、イオンノア店南駐車場において「消防救急フェア2019」が開催され、BCNは地震体験を担当しました。天候も良く、今回で第3回目を迎えるこのフェアは広報にも力を入れたとのことで、これまで以上の賑わいとなり、数えきれないほどの人出がありました。おそらく1000人くらいの参加があったのではないでしょうか。広い会場も人で埋め尽くされている状態の中、様々な催しが行われ、表彰式や吹奏楽、ダンスなどもあり大盛り上がりです。もちろん、消火器訓練、煙体験、はしご車、AEDなどの各ブースも人気でした。
BCNは地震体験ですが、開始の13:00少し前から終了の15:30まで、絶え間なく行列が続き、起震車は休みなく働きました。体験者数はこの短い時間に315名にも上り、多くの方に体験いただきましたが、昨今の身近な災害も連続していることから意識も高かったように思います。
恒例となった消防救急フェア。消防、防災のきっかけづくりとして大きな役割を担うと思います。各地で開催されることを願っています。

日程:令和元年11月2日(土)

場所:イオンノア店(千葉県野田市)
対象:来場者
体験者数:315名
スタッフ:3名
内容:BCNは地震体験

191102aoki1

191102aoki2

191102aoki3

191102aoki4

10/14(月祝)船橋アリーナスポーツフェスティバル(千葉県船橋市)

青木 信夫(千葉県防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

令和元年10月14日(月祝)、千葉県船橋市、船橋アリーナにおいてスポーツフェスティバルが行われ、BCNは地震体験を担当しました。
台風19号による被害の全容がまだわからず、犠牲者の数が増えていくニュースを見るたび、被災地で何かできないかという気持ちになりますが、足手まといになってはいけないと、はやる気持ちを抑える意味でも与えていただいている活動を行いました。
船橋アリーナは毎年2回お呼びいただいていますが、今回はあいにくの雨。雨でも天井の高い駐車スペースがあるため、地震体験は場所を変えての実施になりました。普段は長い行列ができてしまいますが、今回は長くても10組くらいで、最終的には262名の体験者数でした。これまで300名を下回ったことがなかったので、台風や天候により全体の参加者が多くなかったのではないかと思われます。
しかし、今回の参加者は防災意識が高く台風の影響もあると思いますが、真剣な感想を声に出したり、家具転倒防止をすぐやらないと、と言った声も聞かれ、子どもが多い中でも真摯に体験いただけたのではないかと思います。

日程:令和元年10月14日(月祝)
場所:船橋アリーナ
対象:船橋市民一般
スタッフ:3名
内容:地震体験

191014aoki1 

191014aoki2

191014aoki3

『バディウォーク@京都2019』防災士啓発展示及び応急手当AED体験コーナー出展

松本 紀之 (京都府 防災士)

日時:2019年9月28日土曜日11:00~17:00
場所:京都市左京区岡崎公園芝生広場にて
【バディーウォーク@京都2019 】毎年、世界各国で行われてるダウン症やそうでもない人も「ごちゃ混ぜの社会」をテーマに繰り広げられるお祭りです。
『福祉+防災』として、防災士ブースを京都市のスポーツ団体からお誘いを受けて今年初めて参加初めてて頂きました。
当日は、天候が心配されましたが一日天気が持ち暑いぐらいでした。
京都府での防災士認知度は低く、近くには観光地でもある平安神宮があり日本人はもとより外国人の方もイベントを覗いてくださり、同じエリアではフリーマーケットも開催してましたのでかなりの賑わいです。
そんな中、「防災士啓発」及び「応急手当・AED体験」の普及活動に一人で対応致しました。(災害時の応急手当から家庭内事故まで様々でした)
ダウン症候群のお子様を持つ親御様が熱心に体験参加して頂き、また好奇心旺盛なお子様まで頑張って「もしもの時のために」学んでもらいました。
ひと際目立つ活動服で、色々と防災士資格から防災士活動の説明に終始追われました。
これほど関心があるとは考えてなく、しっかりと体制を整えるべきでした。
また来年も実施されるイベントですので、京都府の防災士の皆様ご協力のほど宜しくお願い致します。
防災士ブース体験者
応急手当・AED 55名(大人18名・子供37名)/ 防災士啓発20名
 
190928matsumoto1 190928matsumoto2

190928matsumoto3 190928matsumoto4

190928matsumoto5 190928matsumoto6

9/29(日)第4回法典フェア(千葉県船橋市)

 青木 信夫(千葉県防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

令和元年9年29日(日)、千葉県船橋市、法典公民館において「第4回法典フェア」が行われ、BCNは地震体験と防災グッズ展示を担当しました。法典フェアは防災訓練としてではなく、フェスティバル形式でフェアとして行っていますが、内容は救命講習、消防団による消防車の展示、消防服、雨水利用システム展示、地震体験など防災色が強くなっています。しかし、目玉は10時開催のバザーで、100名以上が並んでいました。
また、昼休みには和太鼓やフラダンスも披露され、お祭りイベントとして大きく盛り上げりを見せていました。
地震体験は人がずっと並ぶほどではありませんでしたが、150名以上の方々に体験いただきました。子どものいる家族が中心ですが、初めて体験する方もいて新鮮だったようです。
その他防災グッズ展示では各種のグッズを展示し、屋内であることからスタッフが常駐できませんでしたが、皆さん興味津々でいろいろ眺めていました。
お祭りイベントと防災イベントを区別することなく、人が集まる工夫を行いながら防災をプラスすることで、より多くの方々に体験や照会ができることは大変良い機会だと思いました。

日程:令和元年9月29日(日)
場所:法典公民館
対象:法典地区住民約300名
スタッフ:3名
内容:地震体験、防災グッズ展示

190929aoki1 
 
190929aoki2 

190929aoki3 

190929aoki4

9/28(土)大東小まつり(千葉県習志野市)

 青木 信夫(千葉県防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

令和元年9月28日(土)、千葉県習志野市、習志野市立大久保東小学校において「大東小まつり」が行われ、BCNは地震体験を担当しました。
毎年PTAが主催する子どもたち向けのお祭り「大東小まつり」は多くの小学生、保護者や卒業生も参加するイベントです。参加人数も多く、3,400人は参加していたと思います。
12:30から始まりましたが、子どもたちはまず教室での催しに参加し、校庭で待機している起震車に来始めたのは13:00を過ぎていました。その後は行列ができてしまい、途切れることなく約250名の多くの小学生が地震体験しました。アトラクション的感覚で体験してしまう子どもが多いものの「これが本当に来たらまずい」とこぼす子どももいて、何かを感じたのではないかと思います。

日程:令和元年9月28日(土)
場所:習志野市立大久保東小学校
対象:大久保東小学校小学生、保護者など250名
スタッフ:3名
内容:地震体験

190928aoki1 

190928aoki2

190928aoki3

190928aoki4

9/15(日)京葉自動車教習所フェスタ2019(千葉県千葉市)

青木 信夫(千葉県防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

令和元年9月15日(日)、千葉県千葉市、京葉自動車教習所において教習所フェスタが行われ、BCNは地震体験を担当しました。稲毛消防団、千葉北警察署、JAF、車メーカー、交通安全適性診断車「ちとらくん」、フォーミュラカーなど各種出展のほか、出店も多数あり、お子様連れの家族がたくさん参加する大きなイベントです。
10時から15時までですが、地震体験は最初の10分は空いていたものの、その後は列が途切れることなく全くの休みなしです。体験される方も長い待ち時間になってしまいましたが、東北地方太平洋沖地震50秒バージョンを中心にしっかりと体験していただきました。終わってみれば500名以上の方々に体験いただきました。
今回スタッフが2名でなかなか休みが取れず、途中で1名で対応するなどしていましたが、午後からスタッフ1名が急きょ参加することになり、待っている参加者に地震の話や防災の話をすることができ、アトラクションではなく真に地震災害をイメージしていただく訓練になったと思います。
普段防災に関心のない方が参加するこのようなイベントで、災害や防災を考えていただくきっかけを提供できるのも地震体験車の一つの目的だと考えています。

日程:令和元年9月15日(日)
場所:京葉自動車教習所
対象:約550名
スタッフ:3名
内容:地震体験 

190915aoki1

190915aoki2

190915aoki3

190915aoki4

9/7(土)コミュニティーあかしや防災イベント(茨城県古河市)

青木 信夫(千葉県防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

令和元年9月7日(土)、茨城県古河市、古河第五小学校においてコミュニティーあかしや防災イベントが行われ、BCNが支援しました。第五小学校の子どもたちやPTA、地域の方々、学校の方々を含め100名を超える防災イベントです。
内容は、防災○×クイズ、地震体験、煙ハウス体験、レジ袋の防災活用法、ロープワークと盛りだくさんの内容です。
防災○×クイズは10問で途中の5問正解で景品をもらえるなど、モチベーションアップが図られるものの、内容自体は難しいので大人も半々に分かれてしまう問も多々ありました。暑さ厳しいながらも白熱したクイズになりました。
その後はA,B,Cの3班に分かれて、ローテーションで行いましたが、地震体験では強烈な揺れに驚き、煙ハウス体験では何も見えず方向感覚さえも奪われることを学び、レジ袋では様々に変身する防災活用法、そしてロープワークでは基本となる3種の結びを学びました。常総市の水害にほど近いこともあり、ロープワークでは基本の結びに加え、水難時のロープによる救出法を行い、子ども達も手伝いながらロープの使い方を学びました。
子どもも大人も一緒なって行う体験型のイベントですが、楽しく為になる防災を勉強しました。

日程:令和元年9月7日(土)
場所:古河第五小学校
対象:約120名
スタッフ:6名
内容:○×クイズ、地震体験、煙ハウス体験、レジ袋活用法、ロープワーク

190907aoki1

190907aoki2

190907aoki3

190907aoki4
プロフィール

membernews

Author:membernews
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
カテゴリ(活動)

啓発 訓練 講演 指導 教育 イベント コミュニティー 現地活動 研修 HUG DIG 勉強会 地区防災計画 地震体験 避難所 被災地支援 DIG 

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR