FC2ブログ

『バディウォーク@京都2019』防災士啓発展示及び応急手当AED体験コーナー出展

松本 紀之 (京都府 防災士)

日時:2019年9月28日土曜日11:00~17:00
場所:京都市左京区岡崎公園芝生広場にて
【バディーウォーク@京都2019 】毎年、世界各国で行われてるダウン症やそうでもない人も「ごちゃ混ぜの社会」をテーマに繰り広げられるお祭りです。
『福祉+防災』として、防災士ブースを京都市のスポーツ団体からお誘いを受けて今年初めて参加初めてて頂きました。
当日は、天候が心配されましたが一日天気が持ち暑いぐらいでした。
京都府での防災士認知度は低く、近くには観光地でもある平安神宮があり日本人はもとより外国人の方もイベントを覗いてくださり、同じエリアではフリーマーケットも開催してましたのでかなりの賑わいです。
そんな中、「防災士啓発」及び「応急手当・AED体験」の普及活動に一人で対応致しました。(災害時の応急手当から家庭内事故まで様々でした)
ダウン症候群のお子様を持つ親御様が熱心に体験参加して頂き、また好奇心旺盛なお子様まで頑張って「もしもの時のために」学んでもらいました。
ひと際目立つ活動服で、色々と防災士資格から防災士活動の説明に終始追われました。
これほど関心があるとは考えてなく、しっかりと体制を整えるべきでした。
また来年も実施されるイベントですので、京都府の防災士の皆様ご協力のほど宜しくお願い致します。
防災士ブース体験者
応急手当・AED 55名(大人18名・子供37名)/ 防災士啓発20名
 
190928matsumoto1 190928matsumoto2

190928matsumoto3 190928matsumoto4

190928matsumoto5 190928matsumoto6

9/29(日)第4回法典フェア(千葉県船橋市)

 青木 信夫(千葉県防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

令和元年9年29日(日)、千葉県船橋市、法典公民館において「第4回法典フェア」が行われ、BCNは地震体験と防災グッズ展示を担当しました。法典フェアは防災訓練としてではなく、フェスティバル形式でフェアとして行っていますが、内容は救命講習、消防団による消防車の展示、消防服、雨水利用システム展示、地震体験など防災色が強くなっています。しかし、目玉は10時開催のバザーで、100名以上が並んでいました。
また、昼休みには和太鼓やフラダンスも披露され、お祭りイベントとして大きく盛り上げりを見せていました。
地震体験は人がずっと並ぶほどではありませんでしたが、150名以上の方々に体験いただきました。子どものいる家族が中心ですが、初めて体験する方もいて新鮮だったようです。
その他防災グッズ展示では各種のグッズを展示し、屋内であることからスタッフが常駐できませんでしたが、皆さん興味津々でいろいろ眺めていました。
お祭りイベントと防災イベントを区別することなく、人が集まる工夫を行いながら防災をプラスすることで、より多くの方々に体験や照会ができることは大変良い機会だと思いました。

日程:令和元年9月29日(日)
場所:法典公民館
対象:法典地区住民約300名
スタッフ:3名
内容:地震体験、防災グッズ展示

190929aoki1 
 
190929aoki2 

190929aoki3 

190929aoki4

9/28(土)大東小まつり(千葉県習志野市)

 青木 信夫(千葉県防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

令和元年9月28日(土)、千葉県習志野市、習志野市立大久保東小学校において「大東小まつり」が行われ、BCNは地震体験を担当しました。
毎年PTAが主催する子どもたち向けのお祭り「大東小まつり」は多くの小学生、保護者や卒業生も参加するイベントです。参加人数も多く、3,400人は参加していたと思います。
12:30から始まりましたが、子どもたちはまず教室での催しに参加し、校庭で待機している起震車に来始めたのは13:00を過ぎていました。その後は行列ができてしまい、途切れることなく約250名の多くの小学生が地震体験しました。アトラクション的感覚で体験してしまう子どもが多いものの「これが本当に来たらまずい」とこぼす子どももいて、何かを感じたのではないかと思います。

日程:令和元年9月28日(土)
場所:習志野市立大久保東小学校
対象:大久保東小学校小学生、保護者など250名
スタッフ:3名
内容:地震体験

190928aoki1 

190928aoki2

190928aoki3

190928aoki4

9/15(日)京葉自動車教習所フェスタ2019(千葉県千葉市)

青木 信夫(千葉県防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

令和元年9月15日(日)、千葉県千葉市、京葉自動車教習所において教習所フェスタが行われ、BCNは地震体験を担当しました。稲毛消防団、千葉北警察署、JAF、車メーカー、交通安全適性診断車「ちとらくん」、フォーミュラカーなど各種出展のほか、出店も多数あり、お子様連れの家族がたくさん参加する大きなイベントです。
10時から15時までですが、地震体験は最初の10分は空いていたものの、その後は列が途切れることなく全くの休みなしです。体験される方も長い待ち時間になってしまいましたが、東北地方太平洋沖地震50秒バージョンを中心にしっかりと体験していただきました。終わってみれば500名以上の方々に体験いただきました。
今回スタッフが2名でなかなか休みが取れず、途中で1名で対応するなどしていましたが、午後からスタッフ1名が急きょ参加することになり、待っている参加者に地震の話や防災の話をすることができ、アトラクションではなく真に地震災害をイメージしていただく訓練になったと思います。
普段防災に関心のない方が参加するこのようなイベントで、災害や防災を考えていただくきっかけを提供できるのも地震体験車の一つの目的だと考えています。

日程:令和元年9月15日(日)
場所:京葉自動車教習所
対象:約550名
スタッフ:3名
内容:地震体験 

190915aoki1

190915aoki2

190915aoki3

190915aoki4

9/7(土)コミュニティーあかしや防災イベント(茨城県古河市)

青木 信夫(千葉県防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

令和元年9月7日(土)、茨城県古河市、古河第五小学校においてコミュニティーあかしや防災イベントが行われ、BCNが支援しました。第五小学校の子どもたちやPTA、地域の方々、学校の方々を含め100名を超える防災イベントです。
内容は、防災○×クイズ、地震体験、煙ハウス体験、レジ袋の防災活用法、ロープワークと盛りだくさんの内容です。
防災○×クイズは10問で途中の5問正解で景品をもらえるなど、モチベーションアップが図られるものの、内容自体は難しいので大人も半々に分かれてしまう問も多々ありました。暑さ厳しいながらも白熱したクイズになりました。
その後はA,B,Cの3班に分かれて、ローテーションで行いましたが、地震体験では強烈な揺れに驚き、煙ハウス体験では何も見えず方向感覚さえも奪われることを学び、レジ袋では様々に変身する防災活用法、そしてロープワークでは基本となる3種の結びを学びました。常総市の水害にほど近いこともあり、ロープワークでは基本の結びに加え、水難時のロープによる救出法を行い、子ども達も手伝いながらロープの使い方を学びました。
子どもも大人も一緒なって行う体験型のイベントですが、楽しく為になる防災を勉強しました。

日程:令和元年9月7日(土)
場所:古河第五小学校
対象:約120名
スタッフ:6名
内容:○×クイズ、地震体験、煙ハウス体験、レジ袋活用法、ロープワーク

190907aoki1

190907aoki2

190907aoki3

190907aoki4

9/1(日)秦野市総合防災訓練(神奈川県秦野市)

青木 信夫(千葉県防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

令和元年9年1日(日)、神奈川県秦野市、秦野市立南小学校において秦野市総合防災訓練が行われ、BCNは地震体験を担当しました。防災の日、全国各地で防災訓練が行われていますが、今年は以前からお話をいただいていた秦野市からの依頼で参加させていただきました。
全体の訓練内容は一般的なものですが、9時の災害発生訓練放送と同時に続々と人が集まり、数百人の方々が校庭に集合しました。様々なブースが設けられ、途中には消防によるレスキュー訓練披露が行われ、2時間はあっという間です。私どもは地震体験ですが、昨年、別業者による地震体験が大変人気で時間延長で対応したということもあり、今年は私どもを含めて2台体制で臨みました。地震体験車が2台並ぶという光景はインパクトがあり、参加される方も大変多く、BCNの起震車で約200名の方々に体験いただいたので、全体としては倍の約400名の方が地震を体験されました。
大変活気のある総合防災訓練でした。

日程:令和元年9月1日(日)
場所:秦野市立緑小学校
対象:秦野市民
スタッフ:3名
内容:地震体験
 
190901aoki1

190901aoki2

190901aoki3

190901aoki4

8/30,31(金土)第55回DIYショー(幕張メッセ)

青木 信夫(千葉県防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

令和元年8月30日,31日(金土)、千葉県千葉市、幕張メッセにおいて「JAPAN DIY HOMECENTER SHOW 2019」が開催され、BCNは地震体験、防災○×クイズを担当しました。
幕張メッセのホール5-8の会場で来場者数は延べ12万人と、巨大イベントです。
夏休みということもあり子ども連れのご家族も多く、2日間、お昼の休憩時間を除きほぼ休みなしの活動になりました。
地震体験では東北地方太平洋沖地震50秒バージョンで行いましたが、2日間の延べ体験者数は871名になりました。防災○×クイズは先着20名様を対象に、時間を区切って2日間で17回行い280名の方にご参加いただきました。○×クイズは比較的簡単な内容ながら、10問中全問正解者は少なく、7問8問正解の方が多かったように思います。
また、主催者側に用意いただいた防災グッズコーナーも隣接していましたが、手に取って確認していく方も多くみられました。
今回初めて参加させていただきましたが、防災グッズなどはホームセンターで販売されていることが多いことや、アウトドアと防災用品が重なる物も多く、こうしたコラボレーションがさらに発展していけばと期待が膨らむイベントでした。

日程:令和元年8月30日,31日(金土)
場所:幕張メッセホール5-8
対象:来場者数約12万人
講師:榎本防災士、梅木防災士、松井防災士、正谷防災士、今井防災士、加藤防災士
スタッフ:延べ18名
内容:地震体験、○×クイズ

190830aoki1

190830aoki2

190830aoki3

190830aoki4

190830aoki5 

8/4(日)青梅青年会議所親子サバイバル防災体験(東京都青梅市)

青木 信夫(千葉県防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

令和元年8月4日(日)、東京都青梅市、河辺小学校において青梅青年会議所が主催する親子サバイバル防災体験が行われ、BCN、青梅消防署が支援しました。
募集間もなく定員60名に達してしまったとのことで、キャンセル待ちになっている方も多く人気のイベントです。
10:00-16:00の長いイベントですが内容は盛りだくさんで、救命AED体験、新聞スリッパ作製、ろ過装置作製、火災旋風実験、火起こし体験、防災VR車(消防署)、はしご車(消防署)、煙ハウス体験、消火器体験、レジ袋消火体験、ロープワーク、防災○×クイズと、体験型訓練の目白押しです。VR車とはしご車以外はBCNが担当していますので、我々は青年会議所のスタッフともども大忙しでした。
それぞれの体験は子ども達を考慮して約30分程度とし集中力を切らさないように工夫しましたが、この日の気温は35度と猛暑であるため、頻繁に休憩・水分補給を取り熱中症に配慮しています。
BCNで初めての訓練はろ過装置の作製で、今回6本を作っていただきましたが、コーラはほぼ透き通った水に、オレンジジュースはあまりろ過できず、コーヒーは苦みが残ったなど、勉強になりました。
体験型の防災イベントは楽しく行うことができ、大人も子ども積極的に参加でき、身体を動かし考えて行動することの大切さを学んでいただけたように思います。
準備が大変でしたがとてもやりがいのある防災イベントでした。

日程:令和元年8月4日(日)
場所:青梅市立河辺小学校
対象:一般約60名(スタッフ込み約100名)
スタッフ:7名
内容:
・救命AED体験・新聞スリッパ作製・ろ過装置作製・火災旋風実験
・火起こし体験・煙ハウス体験・消火器体験・レジ袋消火体験
・ロープワーク・防災○×クイズ
 
190804aoki1 190804aoki2

190804aoki3 190804aoki4

190804aoki5 190804aoki6

7/28(日)宮本第一自治会防災イベント(千葉県船橋市)

青木 信夫(千葉県防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

令和元年7月28日(日)、千葉県船橋市、宮本通りにおいて宮本第一自治会が主催する防災イベントが行われBCNは地震体験を担当しました。
ふなばし市民祭りの一環として行われた防災イベントですが、このお祭りは湊、宮本一帯に交通規制がかかるほどの大きなお祭りです。その中で宮本第一自治会は防災イベントとして豪華な賞品を取りそろえた防災○×クイズと地震体験を行いました。会場の道路は警察や消防によりバリケード封鎖され歩行者天国になりますが、起震車も会場搬入だけで大仕事です。あたりは人だらけで各種の踊りや神輿が次々と回ってきます。
地震体験は2時間という限られた時間でしたが、130名以上の方々に体験いただき、また自治会が行う○×クイズも大勢の方が参加され、勝ち抜き戦で掃除機、自転車、ストーブなど高価な商品が当たります。結構マニアックな問題が出されていましたが、正答率の高さにびっくりしました。
このような人出で賑わう時に防災に気軽に参加できることは大変すばらしく、準備は大変だったことは想像に難くないですが実のあるイベントになったと思います。

日程:令和元年7月28日(日)
場所:船橋市宮本通り
対象:一般約140名
スタッフ:3名
内容:地震体験
 
190728aoki1

190728aoki2

190728aoki3

190728aoki4

7/20(土)日本青年会議所サマーコンファレンス2019(神奈川県横浜市)

青木 信夫(千葉県 防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

令和元年7月20日(土)、神奈川県横浜市、パシフィコ横浜において日本青年会議所サマーコンファレンス2019「World SDGs Summit」が開催され、BCNは地震体験を担当しました。
2日間にわたって行われる日本青年会議所のビッグイベントで、初日の防災コーナーの一環としての地震体験です。BCNのスタッフ3名に加え、神奈川県横浜支部から3名のスタッフにご協力いただきました。計2万人の動員数を誇るイベントということもあり、11時から17時まで途切れることなく、時間帯によっては30人程の列ができてしまうほど盛況となり、体験者数は計479名に及びました。
今回初めて参加させていただきましたが、サマーコンファレンスはSDGsを掲げてテーマをもったイベントを行うなど特徴があり、その一つとして防災があり体験される方も目的を持った方々が多かったように感じます。
日本青年会議所の方々の対応も素晴らしく、実のあるイベントに参加させていただきました。

日程:令和元年7月20日(土)
場所:パシフィコ横浜ホールC
対象:一般体験者数479名
スタッフ:6名
内容:地震体験
 
190720aoki1

190720aoki2

190720aoki3

190720aoki4
プロフィール

membernews

Author:membernews
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
カテゴリ(活動)

啓発 訓練 講演 指導 教育 イベント コミュニティー 研修 現地活動 DIG HUG 勉強会 地区防災計画 DIG 地震体験 避難所 

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR