FC2ブログ

10/6(日)玉造セブンタウン自治会防災訓練(千葉県成田市)

青木 信夫(千葉県防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

令和元年10月6日(日)、千葉県習成田市、玉造公民館において玉造セブンタウン自治会防災訓練が行われ、BCNが支援しました。
内容は地震体験、煙体験ハウス、ロープワーク、講義です。前半は体験実技として東北地方太平洋沖地震をほぼ全員に行っていただき、希望者に直下型として新潟県中越地震を体験いただきました。、煙体験ハウスではハンカチ等を口に当てて1回入って体験していただいた後、防煙袋に見立てたビニール袋をかぶってもう一度体験いただきました。皆さん何も見えない、方向感覚が失われるなどの感想を漏らしていました。また、待ち時間を利用したロープワークでは皆さん真剣に食い入るように行っていました。
後半は30分の講義で玉造公民館の中で行いましたが、開始時間の5分前には皆さん着座して講義を楽しみにしている様子でした。内容は家具転倒防止や水を使わないトイレの方法などですが、質疑応答では様々な質問も出て、意欲的で活発な印象を持ちました。自主防災会ができて間もないとのことですが、自治会としては長い歴史を持ち、和やかで雰囲気の良い地区です。これから防災力が急速に高まっていくと感じました。

日程:令和元年10月6日(日)
場所:玉造公民館
対象:玉造セブンタウン自治会員約60名
スタッフ:5名
内容:地震体験、煙体験ハウス、ロープワーク、講義

191006aoki1

191006aoki2

191006aoki3

191006aoki4

9/11(水)日鉄日新ビジネスサービス防災研修(東京都中央区)

青木 信夫(千葉県防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

令和元年9月11日(水)、東京都中央区、日鉄日新ビジネスサービス株式会社において防災研修が行われ、BCNが支援しました。内容は応急手当です。当初、地震体験と応急手当のローテーション予定でしたが、台風15号の影響で実施場所である公園内に倒木があり、起震車が搬入できないため急きょ応急手当のみになりました。
内容は止血法、傷の手当、骨折の手当、気道異物除去です。30分間のローテーションで行ったため、短い時間の中で要点を絞り、実際に手当を行ってもらう実施訓練を行いました。災害時を想定して身の回りの物を使っての手当法です。会社のみならず家庭でも、外出先でもできるものであるため、参加者の皆さんは真剣そのものでしたが、手当が進むにつれてほぐれてきて楽しく研修を受けていただきました。

日程:令和元年9月11日(水)
場所:日鉄日新ビジネスサービス株式会社
対象:約34名
スタッフ:4名
内容:応急手当 

190911aoki1

190911aoki2

190911aoki3

「特別養護老人ホームの消防訓練」で指導

寺岡 芳孝(兵庫県 防災士)

190723teraoka1 姫路市にある「社会福祉法人 播陽灘(田上龍太郎、理事長)」では、「特別養護老人ホーム いやさか苑(田上優佳、施設長)」での「令和元年度第1回消防訓練」の実施にあたり、県消防課(ひょうご安全の日推進県民会議事務局)に「ひょうご防災特別推進員」の派遣要請を受けて、NPO法人兵庫県防災士会(日本防災士会兵庫県支部)寺岡芳孝防災士(ひょうご防災特別推進員)が派遣され指導をした。

・日 時  令和元年7月23日(火)13:00~14:00

・参加者  介護職員等15名

・訓練内容 1、施設内消防設備等の図上確認及び実地確認
      (現場確認と消防設備等取扱説明、レイアウト落とし込み等図上確認)
     *消火器の種類や簡易消火栓の使用方法、排煙設備、スプリンクラ
      ー制御弁の使用方法、非常通報装置等も再確認できた。
      
     2、初期消火訓練と車椅子による避難訓練の実施(訓練の様子は写真)
     *初期消火訓練は、消火器と簡易消火栓の使用で実施。
     *避難訓練は避難行動要支援者の車椅子での実施。

190723teraoka3

避難所開設・運営実践訓練実施

有賀 元栄(長野県防災士)  長野県地域防災推進協議会会長

町総合防災訓練の前段として避難所開設・運営実践訓練を実施。この地区はHUG を含め3回目の訓練である。もう「図上訓練だけでは・・」との意見もあり、実践訓練となった。

190826aruga1
資料はコチラからご覧ください

7/13(土)東京都立多摩科学技術高校防災学習(東京都小金井市)

青木 信夫(千葉県 防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

令和元年7月13日(土)、東京都小金井市、都立多摩科学技術高等学校において1年生を対象に防災学習が行われ、BCNの青木防災士が防災講話を行いました。
避難所宿泊体験を伴う防災学習で、様々なメニューをこなしていきますが、防災講話は1日目の最後ということで19:30から1時間で行われました。夕食直後ということもあり、少々疲れ気味の生徒たちでしたが、講話が始まると200名を超える生徒たちは大変熱心に聞き入り、積極的に講習に参加いただきました。
講座の途中に6問の〇×クイズを行いましたが、「地震は地下にいるナマズが起こしている」という最初の問いから生徒たちは大笑いで、早速〇に手を挙げる生徒もいて会場が盛り上がりました。しかし、おふざけではなく、地震が来たら、津波が来たら、そして「正常性バイアス」まで身を守ることを重点に解説しています。
後半はレジ袋の活用法で、6人の生徒にステージに上がってもらい、3組のペアでレジ袋の様々な使い方を身に着けてもらいました。上履き、三角巾、おむつ、包帯、よだれかけと全て装着すると圧巻です。おむつを付けると生徒達は大盛り上がりでテンションもマックスでした。

日程:令和元年7月13日(土)
場所:東京都立多摩科学技術高校
対象:1年生全員約200名
スタッフ:2名
内容:講話、レジ袋の防災活用法

190713aoki1 

190713aoki2 

190713aoki3 

190713aoki4 

7/12(金)習志野市立実籾小学校応急手当学習(千葉県習志野市)

青木 信夫(千葉県 防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

令和元年7月12日(金)、千葉県習志野市、習志野市立実籾小学校において5年生、6年生を対象に応急手当学習が行われ、BCNが講師を担当しました。
実籾小学校では3年生から6年生まで防災学習を進めており、今回その一環としての応急手当学習です。
内容は直接圧迫止血法、災害時の切り傷擦り傷の手当、骨折時の手当を主として、この3つについては子ども達に体験してもらいながら進めました。子ども達は説明を聞き、実際に試しながら体得していました。あるクラスから感想をもらいましたが、知らなかったことがたくさんあった、手当される側から手当てする側になることができたなど、新鮮な言葉が聞かれました。
学習の後半には誤嚥の異物除去法として背部叩打法、ハイムリック法を見本として行いましたが、教員の方にもハイムリック法を試していただくなど子ども達も興味津々で、とても有意義な学習になったと思います。
ひとつひとつ防災を進めていくことで、総合的な防災力が確実に上がっていく様子が見て取れ、また、この子たちが大きくなった時には素晴らしい災害対応力を発揮すると思います。

日程:令和元年7月12日(金)
場所:習志野市立実籾小学校
対象:小学5年生、6年生
スタッフ:6名
内容:応急手当学習

190712aoki1

190712aoki2

190712aoki3

190712aoki4

7/9(火)若松小、中学校家庭教育セミナー(千葉県船橋市)

青木 信夫(千葉県 防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

令和元年7年9日(火)、千葉県船橋市、船橋市立若松小学校・中学校、浜町公民館の共催による「若松小、中学校家庭教育セミナー」が行われ、BCNが講師を務めました。
「生命を守るためのロープワークと救命(AED)講習」と題して、救命講習90分、ロープワーク30分を行いました。
毎年参加させていただいていますが、昨年から2会場(視聴覚室とプレイルーム)の同時進行で、視聴覚室では救命講習を白川防災士、ロープワークを青木防災士が担当し、プレイルームでは救命講習を榎本防災士、ロープワークを松井防災士が担当しました。講師が異なるため全くの同一の講習内容ではありませんが、それぞれ工夫を凝らして講習に当たり、主にPTAの参加者は熱心に説明を聞き、身体を動かしました。救命講習では4人に1体のマネキンと1台の訓練用AEDが割り当てられ、全員が体験できるようにしています。今回が初めてという方も多くいました。ロープワークでは主に「本結び」「巻結び」「もやい結び」を行っていただきましたが、器用な方が多くすぐに習得していました。
PTAの方々は毎年変わるため、救命講習を中心に毎年支援させていただいていますが、いざという時に役立てていただきたいと思います。

日程:令和元年7月9日(火)
場所:船橋市立若松小学校
対象:PTA約60名
講師:白川恵防災士、青木信夫防災士、榎本和幸防災士、松井正雄防災士
スタッフ:5名
内容:救命講習、ロープワーク

190709aoki1

190709aoki2

190709aoki3

190709aoki4

6/29(土)そらのいえ保育園職員防災研修(東京都大田区)

青木 信夫(千葉県 防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

令和元年6年29日(土)、東京都大田区、そらのいえ保育園職員防災研修が行われ、BCNが支援しました。約90分の防災演習と約20分の応急手当を行いました。
防災演習は、4班に分かれて、保育園からどのような避難経路でどの避難場所に向かうのか、火災時、水害時、地震時の3パターンについてA1版の白地図を用いて経路を記入する作業を行いました。
火災時のシナリオは町内の東側から発火し、東風10m/sの強風が吹いている設定で、風向、風速、建物の属性(木造,鉄筋コンクリート)、建物間隔といった諸条件を考慮した愛媛大学防災情報研究センターの「火災延焼シミュレーター」を用いて、火災がどのように広がっていくか時系列で確認しながら、どのルートでどこに避難するか、経路を記入しました。水害時のシナリオは内水氾濫を想定し、警戒レベル3が発令されたことを受けて避難するのかの判断と避難する場合のルートを記入しました。最後の地震時は前日に台風が発生し、多摩川が増水している設定で、地震とともに負傷者の発生、火災の発生、多摩川の決壊という多重
災害を想定して避難路を設定しました。
避難場所は災害の種類、発生場所によって異なること、避難路も最短ルートなのか危険回避ルートなのか、様々なパターンがあり、一律にそこに逃げればよいのではないということが自ずと判断でき、この作業によって最善は何かを模索するきっかけになったと思います。
手法としてはDIGに似ていますが、今回は避難検証という目的のため避難経路に特化した図上訓練を行いました。また、パターン演習の前にハザードマップで保育園が災害上どのような位置付けになるか、数値で確認していただきました。
90分の短い演習でしたが、子どもたちを預かる立場ということもあり、真剣かつ積極的に取り組んでいただけたのが印象的でした。
また、園では土曜日の通常時と異なる環境での避難訓練を同日に行い、BCNが講評しました。

日程:令和元年6月29日(土)
場所:そらのいえ保育園
対象:職員約20名
講師:青木信夫防災士
スタッフ:3名
内容:図上演習、応急手当説明、避難訓練講評
 
190629aoki1

190629aoki2

190629aoki3

190629aoki4.

第8回竜角寺台自治会会員DIG実施

川崎 隆克(千葉県 防災士)
技術支援チームだより

 表題の件、昨年から続いてきたDIG訓練、8回を迎えました。延べ人数約170名のご参加を頂き実施してきました。防災士の理念に「地域の防災力向上に向けて」を活動の目標にして実施してきたところですが少なからず理念に近づいていることが肌で感じます。当該、自治会は43班の班で構成されてます。毎回5班づつの会員から応募をされた方々に実施してきました。昨年は西日本豪雨から始まり地震・台風・猛暑など文字通り「災害列島日本」でした。延べ約570名の方が各災害で亡くなっていることから、参加会員の意識も高く各班も真剣に討議に参加し積極的に発表頂きました。
                  ―記―
実施日時:平成31年4月14日(日) 9:30~12:00
実施場所:コミニティーホール大会議室
参加人数:20名
ファシリテーターとして技術支援チーム防災士の方々も毎回ご参加いただき感謝と敬意を申し上げます。・・・合掌!!
午後から「救出・救助の技能訓練実施」15名の防災士がご参加いただきました。事務局から報告があります。


(以下防災部長 南原様メールより抜粋)
川崎さん
本日はDIG訓練ご指導をいただきありがとうございます。18人参加で無事終了したと、代行した清水防災部員から 報告がありました。
新しいコミュニティホール大ホールでの訓練の様子を写真で見て、安心いたしました。
部員が小生の代行を引き受けてくれた事が、とても嬉しいです。活動を通して防災意識が浸透し広まって行けば素晴らしいと思います。
毎回の御尽力には深く感謝しております。
190414kawasaki1 190414kawasaki2 190414kawasaki3

190414kawasaki4 190414kawasaki5 190414kawasaki6

190414kawasaki10 190414kawasaki9 190414kawasaki8

190414kawasaki11 190414kawasaki12 190414kawasaki7

190414kawasaki13 190414kawasaki14
自治会会報「龍翔」H30.11.24はコチラからご覧ください
「龍翔」H31.1.12はコチラからご覧ください



龍角寺台自治会第7回DIG実施

川崎 隆克(千葉県 防災士会)
技術支援チームだより

昨年から継続的に実施しているDIG、第7回目となりました。残すところあと2回となり、毎回、会員の方は真剣に学んで頂き自治会会員の防災意識が向上しているのが肌で感じられます。2ケ月間が空きましたが自治会コミニティーホール新しく建設されたのでその為に休止となっていましたが再開されました。自治会防災に拘って8年目となり毎年、徐々ではありますが確実に防災力がアップしています。
― 記 ―
実施日時:平成31年2月24日(日) 14:00~16:30
実施場所:龍角寺台コミニティホール
参 加 者:自治会員20名
ファシリテーター(参加防災士)高崎勝利、岡田和也、小椋養一 敬称略・順不同 

(以下竜角寺台自治会防災部長 南原学様より)
防災士 川崎隆克様

本日はDIG訓練のご指導いただき誠にありがとうございます。
昨年7月から開始して、今回で7回と回を重ねてきました。毎回防災士お仲間の方々にもファシリテーターを務めて頂き、充実した訓練内容です。参加者にとって多くの「気づき」がありました。
川崎様をはじめとして、防災士の皆さんの熱心なご指導には大変感謝しております。
今後ともよろしくお願いいたします。ありがとうございます。

190224kawasaki1 190224kawasaki2 190224kawasaki3 

190224kawasaki4 190224kawasaki5 190224kawasaki6

190224kawasaki7 190224kawasaki8 190224kawasaki9

190224kawasaki10
プロフィール

membernews

Author:membernews
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
カテゴリ(活動)

啓発 訓練 講演 指導 教育 イベント コミュニティー 研修 現地活動 DIG HUG 勉強会 地区防災計画 DIG 地震体験 避難所 

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR