FC2ブログ

朝倉とともに第37号を発行

天野 時生(福岡県 防災士)

 朝倉とともに第37号を発行しました。
11月17日(日)福岡県那珂川市南畑地域において「なかがわ中山間ふる里まつり」と「南畑美術散歩」が開催され、防災士 朝倉災害支援ボランティア活動センターでは、九州北部豪雨災害復興支援として朝倉の特産でもある志波富有柿の販売を行いました。
被災直後から柿農家の支援に入り、富有柿の販売支援等を行ってきました。
南畑美術散歩イベントでは、富有柿の販売支援は今年で3回目となり、天候も良く、用意された柿は完売となり、柿農家の方も大喜びでした。
被災から2年が過ぎ、朝倉のことは忘れられていないかと危惧していましたが、イベントに訪れた方々は「支援したい」「協力したい」等と朝倉を忘れずに支援していただきました。
当センターでは、これからも引き続き支援を行っていきます。

191117amano1
朝倉とともに(pdf)はコチラからご覧ください

朝倉とともに第36号を発行

天野 時生(福岡県 防災士)

 朝倉とともに第36号を発行しました。
11月9日(土)九州北部豪雨被災地の朝倉市杷木志波において、志波柿収穫ボランティア作業を行いました。被災後2年が過ぎ、被災した柿農園周辺も護岸工事や土手の修復等が行われ、少しずつですが落ち着きを取り戻そうとしています。
心配された柿の実の成長も今年は豊作であり、被災しても力強く実を結ぶ柿の木に勇気をもらっています。この日に収穫した品種は早生松本というもので志波柿のひとつです。
中旬過ぎから最も有名な富有柿が収穫期を迎えます。
ここから12月上旬まで忙しくなる志波柿農家の方たちですが、少しでも力になれるよう支援を行っていきます。

191109amano1
朝倉とともに(pdf)はコチラからご覧ください

台風19号災害支援活動報告

有賀 元栄(長野県防災士)

台風19号による災害支援活動報告をいたします。

191114aruga1
報告資料(pdf)はコチラからご覧ください

朝倉とともに第35号を発行

天野 時生(福岡県 防災士)

 朝倉とともに第35号を発行しました。
11月2日(土)ゴールデンウィーク以降、久しぶりに朝倉に行き、被災後2年4ケ月が過ぎようとしている状況と今後の支援活動について報告します。
10月中旬から朝倉市杷木志波地域では秋の旬の味、柿の収穫が始まっています。
昨年、一昨年と柿の収穫支援を行ってきましたが、今年も柿農家を訪ね、収穫スケジュールを聞き、支援活動を行わせていただくこととなりました。
この日は、別の柿農家で柿狩り観光を行っていましたので、案内等のお手伝いをしました。
最も有名な富有柿の収穫は11月中旬からですが、9日から早生柿種の収穫支援に入り、12月上旬まで行います。その柿農家の下を流れる川には今も重機が稼働し、頻繁にトラックが行き来しています。
山間の地区では、家はあるものの現在も住めない状況が続いています。そんな中、応急仮設住宅が2年の期限を迎え、撤去が始まりました。しかし、住めず、借りれずの状況で被災者の方がとても苦労されています。国や県等のフォローを願うとともに、防災士としてできることを行っていきたいと考えています。
今後も朝倉市の被災状況、活動状況を随時報告いたします。

191102amano1
朝倉とともにはコチラからご覧ください

避難所開設運営に地区防災連合会組織が貢献

加瀬 孝雄(茨城県防災士)

 台風19号の襲来直前、水戸市では、災害対策本部が開設され、避難所を市民センターに開設するようセンター長に下命がされた、
 19日(土)午前9時 開設の発令
これにより、吉田地区防災連合会組織は、地区防災計画に基づき、役員の連絡、招集を行い、24時間体制で6名が市職員3名と連携し、協働で避難者の受入れ対応をすることとした。なお、その後、河川氾濫で早朝、小学校体育も避難所と指定され、避難者がつめかけた。   別添のとおり
 受付、名簿作成、対策本部設置看板掲示、部屋割り、避難者トリアージ (既往症、傷病者、高齢者等は畳の部屋等役員で協議)資機材の搬入、MCA無線機の感度試験、段ボールベット組み立てパテーション設置等を行なった。計36時間の避難者対応で49名を入所させ全員を無事、退去させた。
 特異事例 酸素ボンベ使用者への対応
自主防災組織が結成され、地区防災計画が策定されており日頃の訓練、研修が迅速な避難所開設・運営を可能にした。
 小職は、地区防災連合会の副会長の立場で対応した。
なお本年8月には、防災士会の支援で避難所運営(HUG)訓練を実施したことも、抵抗なく運営できた要因であると考える。

191031kase1 191031kase2 191031kase3
資料はコチラからご覧ください
別添1はコチラからご覧ください
別添2はコチラからご覧ください

災害対応ボランティアをしてきました

矢野 良明(千葉県防災士)

 昨日(9月17日)、千葉県社会福祉協議会が事務局となり運営している“千葉県災害ボランティアセンター連絡会”の一員として、また防災士として、災害対応のボランティア活動を行ってきました。短く取りまとめましたので、皆様の参考にしていただけばと思い、誠に僭越ですが送付させていただきました。場所は千葉県社会福祉協議会、活動メンバーは、日赤・SL災害ボランティアネットワーク・ライオンズクラブなどの外に、千葉県からの2名、そして別室の社会福祉協議会職員です。
 主な活動内容は、部外からかかってくるボランティア希望についての問合せ電話対応、情報の整理・対応などでした。物資・資機材の移動・搬送などの力仕事もあるそうですが、今回はありませんでした。
 私は主に、各市町村社会福祉協議会に、ボランティア用の飲料水やブルーシート、土のう用砂などのニーズを把握する役目をいただき、Wordの照会文書づくりから、Excelで回答一覧の取りまとめまでを行いました。
 土のう用の砂については、「砂浜に行けばありますが・・・、ダンプ1台分ぐらい」という意外な回答もありましたが、ブルーシートは厚手のもの、これを張る丈夫なトラロープ・マイカ線(初めて知りました)などが不足しているなど、具体的なニーズを知ることも出来ました。必要な災害対応資機材が、実際に何処にどれだけの数があるのか、良く掴めない、例えば、ブルーシートは、社協、市、その他防災関係機関にそれぞれどれだけあるのか、その市としては本当に足りているのか、不足しているのかの把握が難しいと感じました。また、飲料メーカーから大量の飲料がある市に持ち込まれ、これを近隣の不足している市町村に分けることが難しいとも感じました。
 社協も含め市町村間で災害対応物資を融通し合う仕組み・手段がないように思います。
また、提供メーカーとしては各市町村に配付して回ることはできないので、その市に荷を下ろしたとか、市とメーカーとの協定に従って、日頃お世話になっているという関係があるから、その市に提供したなど。提供メーカーの意向も明らかでなかったりするよに思います。
 当日はボランティア活動を希望する方からの電話問合せが40件ほど入っていました。
希望したい市町村のボランティアセンターに受入れ可能か直接問合せしていただくことになるのですが、今回は、市内の在住・在勤や、ブルーシート張りなどの特定の作業ができる方に限定しているところが殆どでした。
 急遽ボランティア保険に加入したいということで、来客も幾人かあったと思います。現場ではいろいろな情報が入ってきます。変わったものとしては、災害ボランティア車両の高速道路の無料措置で、 https://corp.w-nexco.co.jp/newly/r1/0830/ 災害ボランティアセンター等で実際に活動をしたとの証明書が必要になりますが、この「活動確認」の押印に、社会福祉協議会の名称や日付がない、担当者の印のものがあり、適切な対応を周知したとの報告もありました。
 私にとっては、本格的な災害対応現場は、約10年振りで、また、9時前から5時過ぎまでの仕事は久し振りでしたので、少々疲れもしましたが良い体験になりました。

佐賀豪雨支援活動

天野 時生(福岡県防災士)

先の九州北部地方にもたらした災害、佐賀豪雨の被災地、佐賀県杵島郡大町町に災害支援ボランティアとして活動をさせていただきました。
災害発生から2週間が経った令和元年9月11日(水)、大町町災害ボランティアセンターには113名のボランティア仲間が集まり、支援ニーズに基づいてそれぞれの作業を行いました。
私は、床上浸水したお宅の床下に溜まった水を除去する作業を4人で行いました。
床下に潜り込み、寝そべりながら雑巾で水を吸い出していくもので、狭い場所での作業は非常に難儀しましたがニーズに沿った活動を終えることができました。
このお宅は3歳、5歳、7歳の小さなお子さんを持つ5人家族で災害時は、床上腰下まで水に浸かりボートで救助されたとのことでした。笑いながら話されていましたが怖かったのではないかと感じました。
現在も避難所に行き来しながらの生活を余儀なくされており、不安な毎日が続いています。
報道でもあったように大町町は工場の油が流失し、浸水だけでなく油が混じった水に町が汚染され、前日、油の除去がようやく終了したところでした。これに伴い、201人が孤立した順天堂病院前の道路の通行止めがこの日解除され、災害対策本部も復旧・復興へ向けた本部に移行し、具体的な復興へと動き出しました。
しかし、先のご家族のように不安な思いで過ごされている方も多くおられます。まだまだこれからです。
私の自宅からは1時間余りの場所でもあり、できる限りの支援を行っていきたいと思っています。

190911amano1
大町状況写真はコチラからご覧ください

熊本地震3年支援状況

天野 時生(福岡県 防災士)

熊本地震発生から4月14日で3年が過ぎました。
私は平成28年4月29日に熊本県阿蘇郡南阿蘇村に入り、翌日、長野地区の被災者の方と南阿蘇村災害支援ボランティア活動センターを設置し、支援活動を始めました。
土砂崩れ現場直下にある住宅20件中、9件が全壊し、内5件は完全撤去、内4件は今も放置されたままです。
多くの土砂崩れ現場では工事が進み、道路や新しい橋、トンネルも建設中ですが、3年が過ぎてもなお、熊本県では仮設住宅で1万6519人が避難生活を余儀なくされています。
センターの活動は継続中であり、高齢者世帯で体調を崩し、自力で家を管理できない方の支援を続けています。
今後も熊本地震の被災状況、活動状況を随時報告いたします。

190510amano1
熊本地震3年 南阿蘇村資料はコチラからご覧ください

朝倉とともに第34号を発行

天野 時生(福岡県 防災士)

朝倉とともに第34号を発行しました。
4月28日(日)一昨年、九州北部豪雨で被災した朝倉地域の応急仮設住宅を訪問した状況を報告します。
九州北部豪雨からこの夏で2年を迎えますが、応急仮設住宅から自宅、新築住宅、災害公営住宅等への引っ越し等は進んでいません。
もうすぐ退去期限を迎える中、被災住民の方々は期限延長を申請しています。
朝倉地域の支援を続けていますが、防災士として何ができるかを自分に問うています。
ただ、自分にできることを精一杯していこうと考えています。
今後も朝倉、那珂川市の被災状況、活動状況を随時報告いたします。

190428amano1
朝倉とともにはコチラからご覧ください

朝倉とともに第33号を発行

天野 時生(福岡県 防災士)

朝倉とともに第33号を発行しました。
4月20日(土)福岡県那珂川市埋金区での継続支援作業です。
春から夏へと向かうこの時期、色とりどりの花が咲き誇る、とても良い季節ですが、暑い夏はもとより、災害の夏を迎えようとしています。
災害対策として備えることが基本です。この時期にやらなければならないことを防災士として何ができるかを日々考えています。
ゴールデンウィーク中には朝倉地区に災害支援ニーズの調査に入る予定です。
今後も朝倉、那珂川市の被災状況、活動状況を随時報告いたします。

190420amano1
朝倉とともにはコチラからご覧ください
プロフィール

membernews

Author:membernews
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
カテゴリ(活動)

啓発 訓練 講演 指導 教育 イベント コミュニティー 現地活動 研修 HUG DIG 勉強会 地区防災計画 地震体験 避難所 被災地支援 DIG 

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR