FC2ブログ

平成30年度成田市自主防災リーダー研修会の実施について

川崎 隆克(千葉県 防災士)
千葉県北部支部及び技術支援チームだより

 成田市危機管理課より要請が技術支援チームに有り、防災士8名で下記の通り実施致しました。

目的
 防災に関する知識や技術の修得を通じ、防災訓練や実災害に於いて技術指導を行える自主防災組織のリーダーを育成する事を目的とする。

1、実施日:平成30年11月10日(土) 13:30~16:00 (2.5H)
2、会 場:成田市赤坂ふれあいセンター 大会議室
3、内 容:実技講習(救出・救助、応急手当・応急担架、心肺蘇生法・
     AED)ローティション 
4、 対象者:自主防災組織代表者(100名)

小泉市長の挨拶から始まり、①救出・救助、倒壊家屋を作成しダミー人形を挿入、バール、車載ジャッキでリフティング、重量物安定化に当て木、クサビを活用しクリビング法を取り入れ指導、②心肺蘇生法、AEDと併せて、③家庭に有る身近な資機材で応急手当、応急担架法を3班のロ―ティーション訓練を行いました。成田市危機管理課から既に7年目の継続的要請です。

5、参加防災士、敬称略・順不動 (渡辺一弘、谷正美、白川恵、高崎勝利、
小椋養一、熊澤晃、越川伸彦、川崎隆克)計8名―感謝!!

301110kawasaki1

301110kawasaki2

301110kawasaki3

301110kawasaki4

301110kawasaki5

第一・ニ・三・四回、地元龍角寺台自治会に於いてDIGを実施

川崎 隆克(千葉県 防災士)
千葉県北部支部・技術支援チームだより

1500世帯、3000人のマンモス団地、自治会の要請で班長及び会員に対しDIGを実施してます。10回のDIG実施予定で残り6回実施する事になってます。
詳細は「龍翔」広報紙をご覧ください。
ファシリテ―タ―として中村支部長、高崎勝利、小椋養一、熊澤晃、岡田和也、他(順不同・敬称略)ご参加戴き感謝申し上げます。

(以下 竜角寺台自治会 防災部 南原学様メールより)
本日はDIG訓練ありがとうございます。
今回は各テーブル毎に、自治会役員をファシリテータに配置しての実施でした。防災士の方のようには行かないまでも、役割が果たせとと思います。毎回応援に来て下さる防災士の方々がたいへん多忙であることを考慮して今後は極力自治会でファシリテータを出すように致します。
今回は災害時の自治会への要望や、質問等が多々あり小生自身多くの気づきがありました。自治会会員の方々の期待に応えるべく活動してゆきたいと考えております。

300916kawasaki1 300916kawasaki2

300916kawasaki3 300916kawasaki4

300916kawasaki5 300916kawasaki6

300916kawasaki10 300916kawasaki9
龍翔317号はコチラからご覧ください
龍翔318号はコチラからごらんください


301021kawasaki1b 301021kawasaki2b

301021kawasaki3b 301021kawasaki4b

4/6(金) BCNスキルアップ研修会

青木 信夫(千葉県 防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

平成30年4月6日(金)、千葉県船橋市、船橋市中央公民館においてBCNスキルアップ研修会が行われました。第9回目となる今回のテーマは「自主防災組織の設立と運営」および「応急手当」です。前半の講義では総務省「第20回防災まちづくり大賞」受賞の立役者である筒井義臣防災士による自主防について、その体系から問題点などの講話があり、ご自身の経験に基づく語りは大変勉強になりました。
後半は白川恵防災士による応急手当講習の進行について要点、進め方などレクチャーがありました。特に受講者が高齢の方が多い場合の注意点や、一通り実技を終えた後の振り返りについては、受講者に傷病者役、救助者役になってもらい実践してもらうと思いの外きちんと対応できること、など興味深い話もありました。
1回1回テーマを設けてスキルアップ研修を継続していますが、毎回新たな発見と知見が生まれています。

日時:平成30年4月6日(金) 18:30-20:30
場所:船橋市中央公民館6,7集会室
参加:17名
内容:「自主防災組織の設立と運営」「応急手当」

300406aoki1

300406aoki2

3/9(金) BCNスキルアップ研修会

青木信夫(千葉県防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

平成30年3月9日(金)、千葉県船橋市、船橋市中央公民館においてBCNスキルアップ研修会が行われました。第8回目となる今回のテーマは「備蓄・非常持出品・防災グッズ」およびクロスロードです。前半のグッズ類では、様々な防災用品がばらばらに並べられ、「家の中で使う物、備蓄する物、常時携帯する物、非常持出袋に入れる物」の4つに分類する作業を行い、何に使うのか、目的は何か、など多角的に検証しました。ペーパーショーツやレスキューミラー、超軽量傘、ファイヤースターターなど普段見かけないものもあり、参加者全員で分類作業を行いました。
後半はクロスロードを8問行い、座布団の代わりに小チョコ、大チョコを用いて全体の流れ、講習の際の注意点などが話し合われました。

日時:平成30年3月9日(金) 18:30-20:30
場所:船橋市中央公民館6,7集会室
参加:13名
内容:防災グッズ、クロスロード

300309aoki1

300309aoki2

300309aoki3

10/6(金)BCNスキルアップ研修会

青木信夫(千葉県防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

平成29年10月6日(金)、千葉県船橋市、船橋市中央公民館においてBCNスキルアップ研修会が行われました。第3回目となる今回のテーマは「避難所」です。最初に青木信夫防災士から「避難所の基本と運営について」と題して30分程度の講話があり、その後中村利孝防災士から「HUGについて」の説明があり、全員によるディスカッションを行いました。
昨今HUGの要望が多く、随所で行われていますが、講師としての立場やファシリテーターとしての注意事項、正解がないことの重要性、HUGの奇異なところなど白熱した議論が展開され、大変勉強になる研修会でした。
様々な立場、ご経験、知識など、ディスカッションを通して避難所の問題点が浮き彫りになったり、統一した見解が出てきたり、知識の共有ができたことは大きなプラスになりましたが、2時間という時間では物足りずに終わってしまった感があります。深く掘り下げることができないのは歯がゆいところですが、スキルアップ項目が多岐にわたるため致し方ないところです。次回は過去の災害、子ども防災の課題です。

日時:平成29年10月6日(金) 18:30-20:30
場所:船橋市中央公民館6,7集会室
参加:17名
内容:避難所講話、HUG講話、避難所ディスカッション

291006aoki1

291006aoki2

平成29年度成田市自主防災組織リーダー研修会HUG実施

 川崎 隆克(千葉県 防災士)
千葉県防災士技術支援チームだより

             日時:9月30日(土)13:30~16:40
            会場:赤坂ふれあいセンター 大会議室
            参加者:90名(1班7名~8名)12班
研修内容スケジュール
予定時間内 容役 割
13:00~受付開始90名参加
13:00~13:45開会小泉市長・中村支部長挨拶
13:45~16:00避難所運営ゲーム
(HUG)
講師―中村利孝・竹内哲志
16:00~16:30避難所運営委員会
活動報告
吾妻中学校避難所運営委員会
玉造小学校避難所運営委員会
16:30~16:40質疑応答・閉会アンケート記入


成田市危機管理課より、技術支援チームに毎年、リーダー研修の要請があります。
過去、実技指導(救出・救助、応急手当、ロープワーク、CPR・AED等)既に7年目に成ります。今回は、昨年の好評に続いて、HUGの要請が有り、HUG の実施者では、第一人者と申し上げても過言でない、中村利孝防災士・竹内哲志防災士に進行役をお願いし、技術支援チームと千葉県北部支部のコラボで実施しました。
ファシリテ―タ―として下記の防災士各位にもご参加頂き、皆さんの協力の基、(防災士一人では何もできないと痛感)有意義な研修となりました。11/11には成田市総合防災訓練が有り参加する事が決定してます。

出席防災士(敬省略・順不動)
中村誠・中村利孝・竹内哲志・白川恵・高崎勝利・小椋養一・新井勝美・
梅木満・木村健二・藤田隆雄・川崎隆克 計11名、

有難うございました・・!!(感謝・合掌)

290930kawasaki1  290930kawasaki2 

290930kawasaki3  290930kawasaki4 

290930kawasaki5  290930kawasaki6 

和歌山市内在住の防災士4名の活動報告

髙島 文志緒(和歌山県 防災士)

地元小学校にて、学校施設開放委員会主催の「第1回共助促進イベント」にて、HUGを行う企画に是非とも協力してほしいとお声かけいただき、和歌山市内在住の4名の防災士が各班にはいり、集まった皆さんのスムーズなゲーム進行にお手伝いしてきました。HUG初体験の方ばかりの集団で和歌山市地域安全課の方からも「さすが防災士さん」と言わしめる貢献が出来たと自負しております。これをきっかけとし、防災士としての資格取得して半年、なんの活動もしてこなかったことを反省しつつ、何か始めていこうと四名は各々思料しております。次回は、我々が主催者と成り、地域に啓蒙していける存在になりたいと考えております。

290911takashima1

290911takashima2

290911takashima3

290911takashima4

防災スキルアップ研修実施

青木 信夫(千葉県 防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

平成29年9月8日(金)、千葉県船橋市、船橋市中央公民館においてBCN主催によるスキルアップ研修が行われました。1年計画で計24回行われる予定のこのスキルアップ研修会は、急増する案件に防災士スタッフが誰でも即戦力として対応できるよう、また、様々な案件要望に対応できるよう、技術向上に資するものです。
今回3,4回目は「マンション防災」講義と「ロープワークディスカッション」です。マンション防災では竹内哲志防災士が講師努め、何をどう説明していったらよいか、どのような資料が有効かをレクチャーし、それに対し受講者から質問や考え方、具体的な内容まで活発な意見交換が行われ、当初1時間の予定でしたが20分延長して白熱した議論が展開しました。それぞれの経験、知識が披露されることにより様々な知識共有になったと思います。
後半のロープワークディスカッションではロープは使用せず、文字通り議論で、これまでのロープワークは結び方を教えるのみで利用方法については積極的に言及していないため、本当に利用できるのか、自主防でトラロープしかもっていないのにどのように利用するのか、もやい結びで本当に救助できるのか、そしてその教え方は良いのか、など問題点が山積みであることが分かり、答え・結論は出ませんが今後結び方中心の指導法から利用法への足掛かりになる貴重なディスカッションになりました。

日時:平成29年9月8日(金) 18:30-20:30
場所:船橋市中央公民館
参加:防災士17名
講師:竹内哲志防災士
内容:マンション防災、ロープワークディスカッション

290908aoki1

290908aoki2

290908aoki3

ニュースみらい 4号を発行

加藤 吉晴(岐阜県 防災士)

(以下ニュースみらいより)
被災地の災害ボランティア活動の教訓を、中津川市民防災に活かす。中津川の中高生防災教育にも積極的に取り組んでいます

290401katou1
ニュースみらいはコチラからご覧ください

指定避難所宿泊体験については、facebookにレポートがあります。
https://www.facebook.com/yosiharu.katou

安全教育研修会

浅野 幸輝(千葉県防災士)
千葉県防災士技術支援チーム活動報告

千葉県防災士技術支援チームでは千葉県北部支部、BNCとコラボし、佐倉市岩名運動公園にて印旛地区教育研究会からのようせいにて、安全教育研修会を行いました。

期日 :平成29年1月18日(水)  15:00~16:30
場所 :佐倉市岩名運動公園スポーツ資料館
参加者:印旛地区小学校教員37名
内容 :第1部講演 「自助・共助・公助―自身と家族(生徒)を守り、そして隣保共助
             のために
    第2部実技指導 家庭にある身近な資機材で防災・減災を考える
            応急手当、応急担架、徒手搬送

参加防災士(敬称略)
  川崎 隆克
  高野 甲子雄
  中村 利孝
  谷 正美
  高崎 勝利
  浅野 幸輝   6名

訓練内容
 第1部
  講演
290118asano1講師:浅野防災士

千葉県防災危機管理部発行の「災害から命を守る!」を
教材に「自助・共助・公助―自身と家族を守り隣保共助の為に」を東日本大震災の大川小学校、釜石東中学校を例に講演を行った、

290118asano2

第2部
 実技指導
290118asano3
指導:谷防災士
実際に受講者に参加してもらい実技を行った。




サランラップ、スーパーのレジ袋を使った応急措置
290118asano4290118asano5290118asano6

ストッキングを使った頭部の応急措置
290118asano7 290118asano8

板、傘等とネクタイによる足の骨折の応急措置
290118asano9 290118asano10

足の捻挫の時のネクタイによる固定方法
290118asano10290118asano11290118asano12

毛布を使った搬送
290118asano13290118asano14.jpg

一人背負い搬送(リュックサック使用)
290118asano15.jpg

これだと、両手が自由になります。






竹竿と毛布による応急担架
290118asano16.jpg 290118asano17.jpg

椅子での搬送
290118asano18.jpg

人の手による搬送
290118asano19 290118asano20
皆さん、真剣に取り組んでいました。