FC2ブログ

11/29(金)南房総市立富山小学校防災訓練(千葉県南房総市)

青木 信夫(千葉県防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

令和元年11月29日(金)、千葉県南房総市、南房総市立富山小学校において防災訓練が行われ、BCNが支援しました。
全校生徒が対象で午前中は小学生、午後は中学生を対象に、計300名を超える子どもたちへの防災訓練です。小学生は低学年と高学年に分かれ、低学年は地震体験、煙体験、防災ダック、〇×クイズ、高学年はロープワーク、地震体験、中学生は消火器訓練です。
BCNのスタッフは5名で対応しましたが、訓練項目が多く、先生方にもお手伝いいただきながらローテーションにて実施しています。子どもたちは煙体験や地震体験にわくわくドキドキしながら、あらかじめ伝えた訓練目的を頭に入れながら体験したり、防災ダックで身体を動かし、〇×クイズでは一喜一憂し、ロープワークでは基本の結び3種(本結び、巻結び、もやい結び)を15分足らずで覚え、水難救助を想定した救助ロープで盛り上がりながら手法を学びました。中学生は45分間という短い時間だったこともあり、消火器訓練と煙体験を行っていただき、地震体験はこれまで体験したことの無い中学3年生のみ行いました。
盛りだくさんの内容ですが、子どもたちはしっかりと楽しく学んでいました。今年で3回目の支援になりますが、規律ある中でのびのびと学べる環境が整っている学校で、また、台風による風害の爪痕が残っていることもあり、子ども達はいつにも増して積極的に取り組んでいる様子が見て取れました。

日程:令和元年11月29日(金)
場所:南房総市立富山小学校
対象:生徒約300名
スタッフ:5名
内容:地震体験、煙体験、防災ダック、〇×クイズ、ロープワーク、消火器訓練 

191129aoki1

191129aoki2

191129aoki3

191129aoki4

191129aoki5

12/1(日)千葉市都町リハイム自主防災会防災訓練(千葉県千葉市中央区)

青木 信夫(千葉県防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

令和元年12月1日(日)、千葉県千葉市中央区、都北第1公園において都町リハイム(マンション)自主防災会防災訓練が行われ、BCNが支援しました。
当初6月30日に行われる予定でしたが雨で延期となり本日になりました。内容は地震体験と初期消火訓練です。
当マンションは185戸の中規模マンションで、中央に比較的大きな都北第1公園があることから、公園内で防災訓練が行われました。
住民の参加者はそれほど多くありませんでしたが、安否確認訓練ではドアに貼るステッカーにより、半数以上の世帯が協力するなど意識は高いと感じました。地震体験は東北地方太平洋沖地震と新潟県中越地震を体験いただき、初期消火訓練では消火器の説明、火災時の説明などを行い、水消火器を使って訓練していただきました。当マンションでは台風による倒木があり、人的被害はありませんでしたが車数台が被害にあうなど対応に追われたそうです。参加された方々は大変意識が高く、地震体験も初期消火訓練も真剣に臨まれていました。

日程:令和元年12月1日(日)
場所:千葉市中央区都北第1公園
対象:都町リハイム住民約30名
スタッフ:3名
内容:地震体験、初期消火訓練

191201aoki1 
 
191201aoki2

11/30(土)いすみ市北日在地区自主防災組織防災訓練(千葉県いすみ市)

青木 信夫(千葉県防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

令和元年11月30日(土)、千葉県いすみ市、鶴岡材木倉庫駐車場において北日在地区自主防災組織防災訓練が行われ、BCNは地震体験を担当しました。
当地区の防災訓練は今回が初めてとのことで、近隣の渡邊一弘防災士に相談があり、防災訓練の行い方、種目など渡邊防災士がまとめられました。
避難訓練参集後、区長さんから挨拶があり、渡邊防災士による地区の特徴などの説明があり、シェイクアウトに入ります。シェイクアウト時は地震体験車から緊急地震速報と地震音を放送し、臨場感あふれる訓練でした。これも渡邊防災士のアイデアです。
その後、初期消火・ロープワークグループ、起震車グループ、応急救護グループの3グループに分かれ訓練を開始しました。
参加された地区の方々は初めての試みですが、救命マネキンや起震車、ロープ、ライフジャケットなどの説明や体験に、時間を忘れて取り組んでいるような印象でした。
防災士が介在することによりスムースで的を得た訓練を行うことができ、効率的に進められる良い例だと感じました。

日程:令和元年11月30日(土)
場所:いすみ市鶴岡材木倉庫駐車場
対象:北日在地区住民約60名
スタッフ:2名(BCN)
内容:地震体験(BCN) 

191130aoki1

191130aoki2

191130aoki3

191130aoki4

11/24(日)小山自治会自主防災会防災訓練(千葉県野田市)

青木 信夫(千葉県防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

令和元年11月24日(日)、千葉県野田市、小山自治会館において小山自治会自主防災会防災訓練が行われ、横張防災士およびBCNが支援しました。
内容は地震体験、救命講習、家具転倒防止策、水を使わないトイレ法です。毎年消防署にお願いをして初期消火訓練を主な訓練としてきたとのことで、今回は趣向を変えて横張防災士のつながりにより要請をいただきました。
地震体験は自主防災会としても初めてとのことで、みなさん興味津々です。東北地方太平洋沖地震50秒バージョンを体験いただきましたが、この揺れでは何もできないと口々にしていました。消防団の方にも参加いただきましたが、特別に新潟県中越地震や兵庫県南部地震も体験いただきました。
自治会館に入り、横張防災士による救命講習が行われ、続いて青木防災士より家具転倒防止器具の特徴や効果などを解説、水を使わないトイレ法について説明しました。
防災に関する取り組みはこれから発展していくと思いますが、なにより横のつながりが良く、気心知れた集まりになっており、最も基本となるべき部分を備えている自治会さんだと感じました。

日程:令和元年11月24日(日)
場所:小山自治会館
対象:自治会員約30名
スタッフ:4名
内容:地震体験、救命講習、家具転倒防止策、トイレ法
 
191124aoki1

191124aoki2

191124aoki3

191124aoki4

11/23(土)津田沼ローヤルコーポ防災訓練(千葉県習志野市)

青木 信夫(千葉県防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

令和元年11月23日(土)、千葉県習志野市、白井市、津田沼ローヤルコーポ(マンション)集会室において防災訓練が行われ、BCNが支援しました。
内容は安否確認、防災紙芝居、レジ袋の防災活用法、心肺蘇生法です。あいにく雨が降っており地震体験は中止になりました。
今回マンション側からぜひ紙芝居を行ってほしいという要望があり、三浦氏による「台風がきたぞ」という紙芝居を行いました。子どもが多く参加するというわけではなく、紙芝居であれば一番わかりやすく楽しみながら知識を得られるのではないかという理由ですが、当方も大人を対象にした紙芝居は初めてのことで戸惑いながらも一連の台風の影響があったこともあり、台風を題材にした紙芝居を行いました。一通りの物語を終えた後、青木防災士より、一枚一枚の重要ポイント、注意事項など絵柄に合わせた解説を行い、単に物語だけでなく何を意図するかを説明し知識の補充を行いました。
その後、レジ袋の防災活用法、心肺蘇生法を行いましたが、人数が比較的多くなかったこともあり、その場その場で質問が多く寄せられ我が事としてとらえていただけたようです。
また、習志野市危機管理課の方が見えて防災グッズを持参し、各種解説を行いました。
津田沼ローヤルコーポさんは布施防災士から要請を受けて毎年支援させていただいていますが、参加者はとても真摯に少しでも吸収しようとする姿勢が伺えます。

日程:令和元年11月23日(土)
場所:津田沼ローヤルコーポ集会室
対象:マンション住民約20名
スタッフ:4名
内容:防災紙芝居、レジ袋の活用法、心肺蘇生法
 
191123aoki1

191123aoki2

191123aoki3

191123aoki4

11/17(日)船形中自治会防災訓練(千葉県野田市)

 青木 信夫(千葉県防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

令和元年11月17日(日)、千葉県野田市、船形中央会館において船形中自治会自主防災会防災訓練が行われ、BCNは地震体験と煙体験を担当しました。
総勢130名ほどの参加者があり、自主防災会の担当班ごとに登り旗が掲げられ圧巻です。訓練内容は救命講習、災害DVD鑑賞、地震体験・煙体験です。地震体験では東北地方太平洋沖地震に加え、希望者には新潟県中越地震や兵庫県南部地震、熊本地震も体験いただきました。BCNで家具転倒防止器具効果の資料を作成したことから、体験いただいた方々に配布し、家具転倒防止の重要性を認識していただきました。
煙体験では「何も見えない」「中で迷った」「これは体験したほうがいい」との声が聞かれ、煙の怖さ、煙を吸わないで動く難しさ、出口をどのようにして見つけるかなど、体験の効果を発揮したように感じます。参加者の中には実際に火災現場に居合わせ、大変な思いをされた方のお話も聞きましたが、皆さん真剣に体験されていて、貴重な体験だと評していただきました。
訓練の最後には豚汁が振舞われましたが、この地区はお店を持つプロの方がいて、私たちもいただきましたがさすがプロの味でした。

日程:令和元年11月17日(日)
場所:船形中央会館
対象:自治会員約130名
スタッフ:5名
内容:地震体験、煙体験

191117aoki1

191117aoki2

191117aoki3

191117aoki4

11/16(土)清水口小学校区支部防災訓練(千葉県白井市)

青木 信夫(千葉県防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

令和元年11月16日(土)、千葉県白井市、西白井複合センターにおいて13の自治会で構成される清水口小学校区支部防災講演講習会が行われ、BCNが支援しました。
内容は講演、救命講習、家具転倒防止・トイレ法、地震体験・煙体験です。
講演は全員参加で、講師は青木信夫防災士が担当しました。「想定地震とその対策」と題して45分間の講話ですが、昨今の台風災害に関すること、想定地震、マンションでの対策、清水口地区の約120年前からの土地の変遷、○×クイズなどの内容です。
次は3班に分かれて約30分の3ローテーションで各ブースを回ります。救命講習では胸骨圧迫、AEDの使い方の基本的な流れをマネキン、訓練用AEDで行いました。
家具転倒防止策では各器具の効果の大小、使用上の注意点、また水を使わないトイレ法では講習後すぐに買いに行くという方がたくさんいました。地震体験は東北地方太平洋沖地震50秒バージョンと新潟県中越地震を体験いただき、煙ハウスも体験していただきました。
今回で3回目の支援になりますが、白井市は台風時も被害は軽微でこれまで大きな災害が発生していませんが、参加された方々は大変真剣に、特に地震災害について準備を怠らないようにしようとする心構えを強く感じました。

日程:令和元年11月16日(土)
場所:西白井複合センター
対象:清水口小学校区支部員約80名
スタッフ:5名
内容:講演、救命講習、家具転倒防止・トイレ法、地震体験・煙体験 

191116aoki1

191116aoki2

191116aoki3

191116aoki4

191116aoki5

11/11(月)K企業防災訓練(埼玉県川口市)

青木 信夫(千葉県防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

令和元年11月11日(月)、埼玉県川口市、K企業において防災訓練が行われ、BCNは地震体験と煙体験を担当しました。朝方の雨は実施時間には止み、予定通り行われました。
訓練放送とともに避難が行われ、避難に掛かった時間が計測され、挨拶があり、その後体験訓練に入りますが、BCNから地震体験の目的、注意事項、煙体験の目的などを説明して実施になりました。大変真面目に真摯に体験されている様子が印象的で、地震体験では「オフィスより自宅が心配」といった声も聞かれ、煙体験では「何も見えない」「防煙袋の使い方が分かった」などの感想をいただきました。
昨今の台風災害と今回の体験により、災害を身近に感じていただけたのではないかと思います。

日程:令和元年11月11日(月)
場所:川口市内駐車場
対象:職員約30名
スタッフ:3名
内容:地震体験、煙体験

191111aoki1
 
191111aoki2

191111aoki3

11/4(祝)白井市防災訓練(千葉県白井市)

青木 信夫(千葉県防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

令和元年11月4日(祝)、千葉県白井市、白井総合公園において「白井市防災訓練」が行われ、BCNは地震体験を担当しました。昨日の雨はすっかり上がり、朝から天候良く3連休の最終日ながら多くの参加者が期待できる日和になりました。
(現地に到着すると「しろい地底王国忍者じねんじゃー」がいました)
千葉県内の市の総合防災訓練が軒並み中止になる中、白井市は比較的被害が少なかったこともあり予定どおり開催されました。ブースが多数あり消防、自衛隊、赤十字ほか防災関連団体も参加し、中央付近には倒壊家屋が設置されています。
シェイクアウト、挨拶から始まり、消防による倒壊家屋からの救出デモがあった後、各ブースでの催しが開始されました。
BCNの地震体験は公園入口に近い目立つところということもあり、開始直後から行列が続き、午後1時の終了時までまったく途切れない盛況ぶりでした。正味3時間ですが、315名の方に体験いただき、子どもからご家族、高齢者、関係者、様々な方に体験いただきました。

日程:令和元年11月4日(月祝)
場所:白井総合公園
対象:来場者約1,000名
体験者数:315名
スタッフ:2名
内容:BCNは地震体験

191104aoki1

191104aoki2

191104aoki3

191104aoki4     

10/27(日)鎌ケ谷市4自治会合同防災訓練(千葉県鎌ケ谷市)

青木 信夫(千葉県防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

令和元年10月27日(日)、千葉県鎌ケ谷市、鎌ケ谷市横下公園において4自治会合同の防災訓練が行われ、BCNは地震体験を担当しました。内容は消火器訓練、煙体験、AED訓練、地震体験の4種で、参加人数もスタッフを入れると150名以上の大人数で、広い公園も狭く感じられるほどでした。
入念な準備の下、鎌ケ谷市長も挨拶に来るなど、年に1度の大型体験型防災訓練で、毎週のように千葉県内でも被害が発生している昨今において、気合の入った訓練でした。
4種4ローテーションで行われ、消防署、消防団による消火器訓練、煙体験、AED訓練では皆さん積極的に体験しようとする姿勢が新鮮でした。我々の地震体験もわれ先に体験しようと盛り上がりを見せ、東北地方太平洋沖地震50秒バージョンを中心に皆さんに体験いただきました。
4自治会の合同ながら和気あいあいのとても雰囲気の良い地区で、積極的ながら和やかで気持ちの良い訓練と、消防署による適切な講評も相まって、体験型訓練の良いところが目立った有意義な訓練になったと思います。

日程:令和元年10月27日(日)
場所:鎌ケ谷市横下公園
対象:4自治会員合同約150名
スタッフ:3名
内容:BCNは地震体験 

191027aoki1

191027aoki2

191027aoki3

191027aoki4
プロフィール

membernews

Author:membernews
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
カテゴリ(活動)

啓発 訓練 講演 指導 教育 イベント コミュニティー 現地活動 研修 HUG DIG 勉強会 地区防災計画 地震体験 避難所 被災地支援 DIG 

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR