FC2ブログ

10/10(木)実籾小学校妊婦、車椅子体験(千葉県習志野市)

 青木 信夫(千葉県防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

令和元年10年10日(木)、千葉県習志野市、習志野市立実籾小学校において5,6年生を対象に妊婦体験、車椅子体験が行われ、BCNがサポートしました。実籾小学校の防災年間計画の一環として行われた学習です。
妊婦体験では5kgの妊婦体験キットを装着し、靴下をはく動作をしたり、寝転がったり、階段を上り下りしたり、苦労するであろうシチュエーションを模して行っています。もちろん男子も行い、その苦労さを体験してもらっています。
車椅子体験では、傷病者役と介助者役のペアになってもらい、10台の車椅子を用いて車椅子への移動、スロープ、段差、障害物、狭い通路、マットの上などのコースを周回しました。特に段差では車椅子を傾けて引き上げる動作が難しく、一人でスムースにできた人は数人にとどまるなど、難しいコースでした。それだけに普段何気ない段差でも車いすの人にとっては大変なことと身をもって知りました。
実籾小では防災を大きくとらえ、協力する力、思いやる力を育み、総合的な防災力の向上に取り組んでいます。

日程:令和元年10月10日(木)
場所:実籾小学校
対象:5,6年生 約140名
スタッフ:4名
内容:妊婦体験、車椅子体験

191010aoki1b 

191010aoki2b

191010aoki3b

191010aoki4b

10/9(水)野田市消防防災協会初期消火訓練(千葉県野田市)

青木 信夫(千葉県防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

令和元年10月6日(日)、千葉県野田市、イオンノア店向かいの広場において野田市消防防災協会初期消火訓練が行われ、BCNは地震体験を担当しました。
各事業所から職員が参集し、80名を超える消火・火災予防訓練です。煙体験、消火器体験、消火栓体験、救命講習、地震体験と盛りだくさんの内容で、約30分間のローテーションで行われました。我々は地震体験のみの担当ですが、若い方々が多く順番を待っている間、東日本大震災の時はどこそこにいて大変だった、娘を車で迎えに行ったら渋滞で帰るのに何時間もかかったなど、方々で地震の話が出ていました。地震体験を行う一つの有意義なこととして、皆さんが地震を思い出したり気にしたり東海地震や首都直下地震、野田の活断層といったキーワードが出てきて、地震に対する怖さ、対策などを何気なく話すことです。これがきっかけで知識を得たり対策を見直したり防災のことを少しの間でも考えていただくことができます。
他の実施訓練については野田市消防本部が指導者となり、充実した内容になっていました。

日程:令和元年10月9日(水)
場所:イオンノア店向かいの広場
対象:野田市消防防災協会員
スタッフ:2名
内容:BCNは地震体験
 
191010aoki1

191010aoki2

191010aoki3

191010aoki4

10/8(火)船橋市立湊中学校防災訓練(千葉県船橋市)

 青木 信夫(千葉県防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

令和元年10月8日(火)、千葉県船橋市、船橋市立湊中学校において2年生を対象とした防災訓練が行われ、船橋防災連絡会とBCNが共同して支援しました。内容は搬送法と地震体験です。
昨年に引き続き恒例になった行事ですが、2年生全員を対象に、体育館では資機材の取り扱い方法を学校の指導で行い、屋外では我々が指導者になって搬送法を行い、搬送の合間に順次地震体験を行うという流れです。
搬送法では徒手搬送、椅子搬送、毛布搬送、応急担架など7種の搬送法を行い、それぞれの特徴や注意点を指導しました。子どもたちは始めは多少緊張していましたが、身体を動かす訓練にすぐになじみ、盛り上がりを見せていました。普段行ったことがない「人を運ぶ」という作業にひとつひとつ歓声をあげながら様々な搬送法を学びました。地震体験では東北地方太平洋沖地震50秒バージョンを体験してもらい、授業ということもあってふざける子はほとんどなく笑いながらも真剣に体験していました。
湊中は救命講習その他各種訓練をお手伝いをさせていただいていますが、防災の取り組みを長年続けており、湊中の卒業生は防災に明るいという文化が定着していくと思われます。

日程:令和元年10月8日(火)
場所:船橋市立湊中学校
対象:中学2年生全員約130名
スタッフ:船橋防災連絡会7名、BCN4名
内容:搬送法、地震体験

191008aoki1 

191008aoki2

191008aoki3

191008aoki4

191008aoki5

10/5(土)野田市総合防災訓練(千葉県野田市)

青木 信夫(千葉県防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

令和元年10月5日(土)、千葉県野田市、イオンノア店において野田市総合防災訓練「防災フェア」が開催され、各出展の中、BCNは地震体験を担当しました。
昨年は日程の都合で参加できませんでしたが、今年は参加でき、野田市民の皆様に体験を提供できました。警察車両や消防、水道局、赤十字、様々な関連団体が参加し、イオンの駐車場で行っていることもあり大勢の参加がありました。
地震体験では、ある中学生のグループが何回も体験しましたが、地震を課題にしているとのことで、過去の地震災害を丁寧に調べ地震の発生日から発生時間、災害の特徴まで頭の中に入っており、そうであればいろいろな地震を体験してもらおうと大正関東地震、新潟県中越地震、兵庫県南部地震、熊本地震、東北地方太平洋沖地震2種など、地震体験車に組み込まれている地震動のほとんどを体験してもらいました。
10月に入っていますが30度を超える暑さの中、とても有意義な防災訓練でした。

日程:令和元年10月5日(土)
場所:イオンノア店(野田市)
対象:一般市民
スタッフ:2名
内容:地震体験 

191005aoki1

191005aoki2

191005aoki3

兵庫県立東播磨高等学校・中一色自治会 合同防災訓練

横山 恭子(兵庫県 防災士)

 【日 時】2019年9月2日(月) 10時00分~12時00分
 【場 所】兵庫県立東播磨高等学校
 【防災士】防災士9名   
 【内 容】避難訓練、避難誘導、防災講話、搬送訓練、炊出し訓練、非常食試食

東播磨高等学校PTAから「地域との合同防災訓練を企画したい」とのご相談を受け、学校・地域・行政・防災士が集まり東播磨高等学校では初めてとなる合同防災訓練が企画実行されました。
2学期の始業式後のホームルーム中に地震が発生したと想定して、まずは避難訓練を行いました。同時に、地域でも行政無線を使用して住民は一時避難場所へ集合。一時避難している住民を生徒会メンバーが迎えに行き、避難所指定されている東播磨高等学校へ避難誘導しました。
避難所となる東播磨高等学校の体育館フロアは2階にあることから、高齢者や障害者などが2階に避難することが難しいという事を知っていただくために、車椅子や担架、高齢者、視覚障害者などの誘導を実際に見ていただきポイントを解説しました。
地域での救助活動だけでなく、避難所内での搬送にも率先して関わっていただくために、生徒約500名と地域住民約30名が毛布担架搬送の体験も行いました。
搬送訓練中に別室ではPTAの皆様による炊出し訓練を行い、搬送訓練が終わった生徒や地域住民の皆様に非常食を配布・試食していただきました。
避難所が開設されたときの学校・地域の関わりや、高校生だからこそできることなどを過去の避難所の事例をもとにお伝えし、これからの学校生活や地域での活動に防災を取り入れ安心安全なまちを皆で作ることをお願いし閉会しました。
この度は、学校・地域・行政・防災士が協力しあい、一から作り上げた合同防災訓練となりました。関係者の皆様のご協力に心から感謝いたします。
※訓練内容は「広報いなみ10月号」と朝日新聞朝刊に掲載されました。

190902yokoyama1
広報いなみ1

190902yokoyama2
広報いなみ2

190902yokoyama3

190902yokoyama4
東播磨高等学校 画像はコチラからご覧ください

9/26(木)静岡県立総合病院地震対策検証(静岡県静岡市)

青木 信夫(千葉県防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

令和元年9月26日(木)、静岡県静岡市、静岡県立総合病院において透析機器の地震時挙動対策検証が行われBCNが支援しました。
透析機器およびベッドが地震時にどのような挙動を示すのか、キャスターのロック状態でどのように変化するのか、どの程度移動するのか、廃棄する実物の透析機器を起震車の振動台に載せ、様々な地震動と様々なキャスターロック状態で検証しました。この検証を行うために振動台にベニア板を敷き、滑りやすさや抵抗を考慮しています。
結果は予想した動きと多少異なる挙動を示すなど、一概に正解がないことなどが見て取れました。対策指針と照らし合わせ、合致する点しない点なども検証できたように思います。
また、今回スタッフとして参加したBCNの榎本和幸防災士は臨床工学技士で、透析を扱っている現役の医療関係者であることから先方と専門的なお話もでき、より良い検証になったと思います。

日程:令和元年9月26日(木)
場所:静岡県立総合病院
対象:透析機器、病院職員
スタッフ:4名
内容:地震機器検証

190926aoki1  

190926aoki2

190926aoki3

190926aoki4

9/22(日)インプレスト稲毛防災訓練(千葉県千葉市)

青木 信夫(千葉県防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

令和元年9月22日(日)、千葉県千葉市、インプレスト稲毛(マンション)において防災訓練が行われ、BCNが支援しました。
インプレスト稲毛は台風15号の影響で3日間停電し、不便な生活を余儀なくされたばかりで、その影響が続いていることもあり参加者はこれまでより少ない印象でしたが、参加された方はしっかりと受講していました。
今回の内容は講義と煙体験、消火器訓練です。講義では居室の危険なところ、安全なところなどを受講者自ら考えていただく図上訓練を行い、工藤薫防災士が講師を務めました。家族構成から居室の構造、それらを記載しながら危険な状況をあぶりだそうとする試みです。その後、外に出て煙ハウス体験では、スモークされたテント内を頭を低くして入り、何も見えず方向感覚が失われる中で壁伝いに進むことで出口を見つける訓練を行いました。最初はハンカチ等で鼻や口を覆って体験いただきましたが、2回目は防煙袋に見立てたビニール袋をかぶって体験いただきました。消火器訓練では廃棄用の本物の消火器約30本を使用して、実際に噴射していただきましたる。小型の強化液消火器ですが、各戸に配布されたいることから実物を手に取って試していただくのは一番良い経験になったと思います。

日程:令和元年9月22日(日)
場所:インプレスト稲毛
対象:マンション住民約50名
講師:工藤薫防災士
スタッフ:3名
内容:講義(図上訓練)、煙ハウス体験、消火器訓練

190922aoki1

190922aoki2

190922aoki3

190922aoki4

9/19(木)虎ノ門清和ビル防災訓練(東京都港区)

青木 信夫(千葉県防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

令和元年9月19日(木)、東京都港区、虎ノ門清和ビルにおいて防災訓練が行われ、BCNは地震体験を担当しました。昨年に続き2回目になりますが、前回は雨がぱらつく中での体験だったため難儀しましたが、今回は天候もよく集中した体験になったと思います。
訓練は15:30のサイレンの合図とともに4階で火災が発生したとして避難訓練が行われ、1階駐車場に避難し、水消火器による消火訓練と地震体験を行いました。
みなさん黙々と体験していく中、東北地方太平洋沖地震50秒バージョンで最大震度7を体感すると驚きを隠せない状況です。
一般的な訓練ではありますが、地道に訓練を通して有事に備えるということが定着していく、そんな印象を持ちました。

日程:令和元年9月19日(木)
場所:虎ノ門清和ビル
対象:ビル内社員約70名
スタッフ:3名
内容:地震体験

190919aoki1

190919aoki2

190919aoki3

190919aoki4

『宇治市総合防災訓練』ブース出展しました。

松本 紀之(京都府 防災士)

日時:9月8日 09:00~12:00
場所:宇治市立小倉小学校グランド

ここ数年天候に恵まれることが少ない宇治市総合防災訓練ですが、令和元年最初は天候良すぎて参加者の熱中症が心配になるぐらいの猛暑日でした。
さて今回は、特非)日本防災士会京都府支部所属の宇治市防災士のみで出展し【触れて、体験する】をテーマに新しい『段ボールベット』、安定感抜群『段ボールトイレ』や『コンパクト段ボールチェア』、障がい者にも適してる『担架』を展示・解説・体験して貰いました。
同会場の体育館では、避難所運営訓練が行われていましたが福祉エリアにも段ボールベットや簡易段ボールトイレが展示されていましたが、避難所訓練参加者さんから当ブース展示の段ボールベットの方が簡単に組立てできる点や収納サイズに関心があり沢山の市民に関心を頂きました。
また、市長視察の際にも『ひじ掛け付きの段ボールトイレ』の座り心地や立ち上がる際にひじ掛けがあることで高齢者や障がい者向きを体感していただきました。
通常避難所の福祉対応などにどの用途に合した避難グッズを比べてもらえることが、訓練参加市民に大きくアピールできたと感じました。
まだまだ認知度が低い京都府ですが、少しでも『防災士』の存在を知っていただける機会になりました。参加防災士も解説や案内でのどを潤す暇すらありませんでした。
今回、資器材提供をして頂きました《関西そなえ隊》の協力に感謝申し上げます。

参加防災士:磯井防災士 上田防災士 前川防災士 松本防災士(記)

190908matsumoto1

190908matsumoto2

190908matsumoto3

9/8(日)ビィオルド戸田公園防災訓練(埼玉県戸田市)

青木 信夫(千葉県防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

令和元年9月8日(日)、埼玉県戸田市、ビィオルド戸田公園(マンション)において防災訓練が行われ、BCNが支援しました。昨年(2018年)は雨で起震車が中止になりましたが、今年は台風が迫る中、本格的な雨が降る前になんとか終了することが出来ました。
内容は、避難訓練、消火器訓練、地震体験、防災教室で、後半の2訓練を担当しました。
マンション館内一斉放送により火災が発生したとして避難訓練が行われ、訓練参加の住民が続々と避難してきます。暑さが厳しい中60名余の方々が参加され、消防署から講評、消火器の訓練が行われました。
その後、私どもが担当する地震体験に移り、約40名の方に体験いただきました。
途中ぱらっと雨が降りましたが、なんとか中止することなく実施することができました。
防災教室は少人数になりましたが、家具転倒防止策について器具の特徴や耐震性についてお話させていただき、感震ブレーカーや水を使わないトイレ法についても若干触れました。
今回で3回目の支援になりますが、私どもの提案力を高めてより住民の皆さんにとって効果的な防災訓練を提案していきたいと考えています。

日程:令和元年9月8日(日)
場所:ビィオルド戸田公園(マンション)
対象:約60名
スタッフ:4名
内容:地震体験、防災教室(家具転倒防止策)

190908aoki1

190908aoki2

190908aoki3

190908aoki4

プロフィール

membernews

Author:membernews
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
カテゴリ(活動)

啓発 訓練 講演 指導 教育 イベント コミュニティー 研修 現地活動 DIG HUG 勉強会 地区防災計画 DIG 地震体験 避難所 

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR