FC2ブログ

栄町安食台2丁目・3丁目・4丁目自主防災会DIG訓練実施

川崎 隆克(千葉県防災士)
技術支援チームだより
令和元年8月25日
 安食台3丁目自治会から3度目の要請です。今回は2・4丁目も参加したいということで、それぞれが単独の自治会を運営しており、今回は安食台の連携を深めていこうという趣旨DIGが下記の通り実施されまた。栄町内でも群を抜いて、防災意識が高く、質問が専門的な項目も多く勿論、手が抜けない訓練となり、私にとっても久々に緊張感のある訓練となり感謝申し上げます。
―記―
日 時:令和元年8月25日(日)13:00~16:00
実施場所:栄町ふれあいプラザ3階工作室
対象者:安食台2・3・4丁目自治会員 34名(5班編成)
以上

(以下安食台自主防災会 猪野様のメールより抜粋)

こんばんは。
日曜日はお忙しい中、講師にお出でいただき誠に有難うございました。
直下型地震発生の高い可能性が叫ばれる中、われわれがどのような行動をしたら良いのかを考える大変貴重な講義であったとの声が出席者から出ており、一先ずは成功と安堵しております。
細かな部分での不手際があり、川崎様には大変ご迷惑をお掛けいたしました。また時間的制約で最後の方が尻切れになってしまいお詫び申し上げます。
あまり出来の良い写真ではありませんが添付いたします。
また機会を見つけてHUGやDIGをお願いすることがあるかもしれませんので、その節はどうぞ宜しくお願いいたします。
なお、ご指摘のありました「避難所運営委員会設立」につきましては、来月会議を招集し検討することになりました。

安食台自主防災会 猪野  

190825kawasaki1 190825kawasaki2 190825kawasaki6 

 190825kawasaki4 190825kawasaki5 190825kawasaki3 

190825kawasaki7 190825kawasaki8 190825kawasaki9 

190825kawasaki10 190825kawasaki11

第9回竜角寺台自治会会員DIG実施

川崎 隆克(千葉県 防災士)
技術支援チームだより

 表題の件、昨年から続いてきたDIG訓練、9回を迎えました。延べ人数約200名のご参加を頂き実施してきました。防災士の理念に「地域の防災力向上に向けて」を活動の目標にして実施してきたところですが少なからず理念に近づいていることが肌で感じます。当該、自治会は43班の班で構成されてます。毎回5班づつの会員から応募をされた方々に実施してきました。昨年は西日本豪雨から始まり地震・台風・猛暑など文字通り「災害列島日本」でした。延べ約575名の方が自然災害で亡くなっていることから、参加会員の意識も高く各班も真剣に討議に参加し積極的に発表頂きました。
―記―
実施日時:平成31年5月19日(日) 9:30~12:00
実施場所:コミニティーホール大会議室
参加人数:20名
ファシリテーターとして技術支援チーム防災士の方々も毎回ご参加いただき感謝と敬意を申し上げます。・・・合掌!!
*今回で9回最終回となりました。龍角寺台自治会、会長 岡部千恵子殿より感謝状を授与されました。


(以下竜角寺台自治会 防災部長 南原 学様より)

日本防災士会
技術支援チーム
代表 川崎 隆克様

本日はDIG訓練ありがとうございます。
当自治会の全43班を5班ずつ9回に分けてDIG訓練をやりたいと言うお願いに、川崎さんから「是非やりましょう!」とかえって後押しされる様に昨年7月に第1回を実施し、それから回を重ね今日まで9回で計213人が参加しました。川崎さんの御指導と防災士仲間の方々にファシリテーターとして御協力頂き、期待と想像をはるかに超える中味の濃い訓練を受けさせて頂きました。参加者それぞれが多くの「気づき」と防災意識向上、自助さらに互近助について沢山の事を学ばさせて頂きました。ありがとうございます。御多忙中に毎回当方の年間実施予定日通りに訓練をして頂けました事は、感謝と共に驚嘆いたしました。地元の防災の事を真剣に考えておられる心情が伝わってまいります。
「ボランティアだから、ありがとうの気持ちだけでいい!」と仰って自治会の負担などを固辞され、戸惑いました。万感の思いを「感謝状」に込めさせた頂きます。
ありがとうございます。引き続き御指導を宜しくお願い致します。
竜角寺台自治会 防災部長
南原 学 

190519kawasaki1 190519kawasaki2

190519kawasaki3 190519kawasaki4

190519kawasaki5 190519kawasaki6

第8回竜角寺台自治会会員DIG実施

川崎 隆克(千葉県 防災士)
技術支援チームだより

 表題の件、昨年から続いてきたDIG訓練、8回を迎えました。延べ人数約170名のご参加を頂き実施してきました。防災士の理念に「地域の防災力向上に向けて」を活動の目標にして実施してきたところですが少なからず理念に近づいていることが肌で感じます。当該、自治会は43班の班で構成されてます。毎回5班づつの会員から応募をされた方々に実施してきました。昨年は西日本豪雨から始まり地震・台風・猛暑など文字通り「災害列島日本」でした。延べ約570名の方が各災害で亡くなっていることから、参加会員の意識も高く各班も真剣に討議に参加し積極的に発表頂きました。
                  ―記―
実施日時:平成31年4月14日(日) 9:30~12:00
実施場所:コミニティーホール大会議室
参加人数:20名
ファシリテーターとして技術支援チーム防災士の方々も毎回ご参加いただき感謝と敬意を申し上げます。・・・合掌!!
午後から「救出・救助の技能訓練実施」15名の防災士がご参加いただきました。事務局から報告があります。


(以下防災部長 南原様メールより抜粋)
川崎さん
本日はDIG訓練ご指導をいただきありがとうございます。18人参加で無事終了したと、代行した清水防災部員から 報告がありました。
新しいコミュニティホール大ホールでの訓練の様子を写真で見て、安心いたしました。
部員が小生の代行を引き受けてくれた事が、とても嬉しいです。活動を通して防災意識が浸透し広まって行けば素晴らしいと思います。
毎回の御尽力には深く感謝しております。
190414kawasaki1 190414kawasaki2 190414kawasaki3

190414kawasaki4 190414kawasaki5 190414kawasaki6

190414kawasaki10 190414kawasaki9 190414kawasaki8

190414kawasaki11 190414kawasaki12 190414kawasaki7

190414kawasaki13 190414kawasaki14
自治会会報「龍翔」H30.11.24はコチラからご覧ください
「龍翔」H31.1.12はコチラからご覧ください



龍角寺台自治会第7回DIG実施

川崎 隆克(千葉県 防災士会)
技術支援チームだより

昨年から継続的に実施しているDIG、第7回目となりました。残すところあと2回となり、毎回、会員の方は真剣に学んで頂き自治会会員の防災意識が向上しているのが肌で感じられます。2ケ月間が空きましたが自治会コミニティーホール新しく建設されたのでその為に休止となっていましたが再開されました。自治会防災に拘って8年目となり毎年、徐々ではありますが確実に防災力がアップしています。
― 記 ―
実施日時:平成31年2月24日(日) 14:00~16:30
実施場所:龍角寺台コミニティホール
参 加 者:自治会員20名
ファシリテーター(参加防災士)高崎勝利、岡田和也、小椋養一 敬称略・順不同 

(以下竜角寺台自治会防災部長 南原学様より)
防災士 川崎隆克様

本日はDIG訓練のご指導いただき誠にありがとうございます。
昨年7月から開始して、今回で7回と回を重ねてきました。毎回防災士お仲間の方々にもファシリテーターを務めて頂き、充実した訓練内容です。参加者にとって多くの「気づき」がありました。
川崎様をはじめとして、防災士の皆さんの熱心なご指導には大変感謝しております。
今後ともよろしくお願いいたします。ありがとうございます。

190224kawasaki1 190224kawasaki2 190224kawasaki3 

190224kawasaki4 190224kawasaki5 190224kawasaki6

190224kawasaki7 190224kawasaki8 190224kawasaki9

190224kawasaki10

居住地 竜角寺台自治会第5・6回DIGの実施

川崎 隆克(千葉県 防災士)
技術支援チームだより

標題の件、7月からシリーズ化として続いてきた、DIG下記の通り6回目が終了しました。残るは後3回となりました。師走とあって参加者も限られましたが我が自治会の南原防災部長の誠実さも手伝って又2018年自然災害が続いたことから参加者は熱心にお聞きいただきました。
第5回目―11月11日(日) 9:00~12:00
     参加者 26名
第6回目―12月16日(日) 9:00~11:30
     参加者 16名
場所―竜角寺台自治会コミニティホール
参加防災士(敬称略・順不同)高崎勝利、熊澤晃、小椋養一、岡田和也、川崎隆克 計5名(遠路ご参加有難うございます。感謝・合掌・・!!)

301111kawasaki1 301111kawasaki2 301111kawasaki3

301111kawasaki4 301111kawasaki5 301111kawasaki6

301111kawasaki7 301111kawasaki8 301111kawasaki9

301111kawasaki10



第一・ニ・三・四回、地元龍角寺台自治会に於いてDIGを実施

川崎 隆克(千葉県 防災士)
千葉県北部支部・技術支援チームだより

1500世帯、3000人のマンモス団地、自治会の要請で班長及び会員に対しDIGを実施してます。10回のDIG実施予定で残り6回実施する事になってます。
詳細は「龍翔」広報紙をご覧ください。
ファシリテ―タ―として中村支部長、高崎勝利、小椋養一、熊澤晃、岡田和也、他(順不同・敬称略)ご参加戴き感謝申し上げます。

(以下 竜角寺台自治会 防災部 南原学様メールより)
本日はDIG訓練ありがとうございます。
今回は各テーブル毎に、自治会役員をファシリテータに配置しての実施でした。防災士の方のようには行かないまでも、役割が果たせとと思います。毎回応援に来て下さる防災士の方々がたいへん多忙であることを考慮して今後は極力自治会でファシリテータを出すように致します。
今回は災害時の自治会への要望や、質問等が多々あり小生自身多くの気づきがありました。自治会会員の方々の期待に応えるべく活動してゆきたいと考えております。

300916kawasaki1 300916kawasaki2

300916kawasaki3 300916kawasaki4

300916kawasaki5 300916kawasaki6

300916kawasaki10 300916kawasaki9
龍翔317号はコチラからご覧ください
龍翔318号はコチラからごらんください


301021kawasaki1b 301021kawasaki2b

301021kawasaki3b 301021kawasaki4b

栄町竜角寺台自治会会員に第一回DIGの実施

川崎 隆克(千葉県 防災士)
千葉県北部支部・技術支援チームだより    

第一回のDIGを実施しました。竜角寺台自治会は1500世帯、約3.000名のマンモス団地です。DIGの実施は今回を含めて過去三回実施しておりますが今回から毎月1回、来年6月まで12回、各班5班づつ実施して行くことになってます。

実施日時:平成30年7月15日(日)10:00~12:00
実施場所:自治会コミニィテ―ホール
参加者 : 自治会会員40名
フアシリテーター:中村誠、小椋啓一、児玉猛、高崎勝利、熊澤晃、川崎隆克(順不同敬称略)



以下 竜角寺台自治会 防災部 部長 南原 学様より

本日はありがとうございます。
初めて企画運営の初回DIG訓練実施でございましたが、川崎様はじめ、防災士の皆様のご協力を得て無事に初回を終える事ができて一安心でございます。
防災士の皆様におかれましては、野田市や佐倉市等遠方から出向いての応援対応に、心より感謝申し上げます。
自治会役員一同、防災士の皆様の熱意に胸が熱くなりました。くれぐれもよろしくお伝えください。
何もお構いできずに、皆様のご厚意に甘えさせて頂きました事が心苦しい限りです。

今回の訓練で、自治会の皆様の防災意識の高さと、真剣さに直接触れる事ができました。各班内の親睦も図れたことを期待しております。参加率が1割前後と言う厳しい現実も無視できません。
訓練と並行して、地域防災の充実、何が必要で何が不足しているか?
自治会の防災活動に何が求められているのか?をつぶさに感じた次第です。
これからも毎月実施してゆくことになります。引き続きましてご支援、ご協力を宜しくお願いいたします。
たいへんお疲れさまでした。 ありがとうございます。

300715kawasaki1 300715kawasaki2 300715kawasaki3

300715kawasaki4 300715kawasaki5 300715kawasaki6

300715kawasaki7 300715kawasaki8 300715kawasaki9

300715kawasaki10 300715kawasaki11 300715kawasaki12

300715kawasaki13 300715kawasaki14 300715kawasaki15

300715kawasaki16 300715kawasaki17 300715kawasaki18

地元栄町竜角寺台自治会よりDIGの要請

川崎 隆克(千葉県 防災士)
千葉県防災士技術支援チームだより

日 時:平成27年12月3日(日)10:00~12:00
場 所:竜角寺台コミニュティ―ホール
参加者:竜角寺台自治会班長20名
指導者:川崎隆克
F T :中村利孝、高崎勝利(敬省略)

 栄町竜角寺台は1.500世帯、約3.500人のマンモス団地です。分譲で売り出し30年が経過、さほど自然災害の被害も無く、たまに15年に1回程度の火災が有ります。
屋外消火栓が24基設置、しかしホース50㎜×5本×20m=100メートル、届かない未警戒区域が有り、現在、どの様にカバーするのか防災部で検討中、その一環で班長さんに意識を持って頂き火災が発生した時、班長さんが先頭に消火活動を行って頂きたとのことでDIGの要請を頂いたものです。

想定―冬の午後6時、北の風、風力15m、千葉県北東部に震度6弱直下型地震発生(竜角寺台震度6弱)

1、 自治会の対応又自治会に要望する事
2、 消火栓未警戒区域に火災発生→栄町消防署は別の火災に出動中(栄町消防は同一火災に1件しか対応できない)
3、 住民の避難誘導はどのように?
4、 倒壊家屋5棟、脱出不能者1名
5、 怪我人重傷者1名、大腿部骨折の疑い1名軽傷者数名
6、 ライフライン2日間停止
7、 町は避難所開設
*班長としてできる事、平時と災害時の対策1つポストイットに記入し班員の意見を模造紙にまとめ記入し発表して頂く事に致しました。
中村・高崎両防災士も遠路駆けつけて頂き手際良いフォローをいつもながら実施頂き感謝有るのみ合掌、有難うございました。

要請文はコチラからご覧ください。

291203kawasaki1

291203kawasaki2

291203kawasaki3

291203kawasaki4

291203kawasaki6 291203kawasaki7
広報さかえ掲載記事
291203kawasaki8


「DIG」の指導

浅野 幸輝(千葉県 防災士)
千葉県防災士技術支援チーム

 千葉県防災士技術支援チームでは、印旛郡栄町からの要請により、栄町まちづくり大学防災学部の一環としてDIGの指導を行いました。

  日  時    平成28年1月23日(土) 9:00~12:00
  場  所    栄町消防署2階会議室
  研修名    「地域制からみた防災対応」(災害図上訓練)
  内  容    栄町まちづくり大学防災学部の訓練の一つとして、各地区での防災
           指導者となりうる訓練生を集め、災害図上訓練(DIG)を学んだ。
           内容については、第1部、第2部と2部構成とした。
  参加人数   約15 名
  参加防災士
    千葉県防災士技術支援チーム (敬称略) 川崎 隆克
                                佐藤 修一
                                松井 正雄
                                青木 信夫
                                五味川 文康
                                浅野 幸輝
                       
  冒頭、DIGの進め方の説明と、今後起こりうるだろう、千葉県北部地震の規模と栄町における災害想定の説明を行った。

第一部
 参加者を5名づつ3班に分け、栄町全図を使用して河川や池、鉄道、道路、緑地等を色分けし、防災拠点、公共施設等をラベルを貼りまちの特性を知り、被害想定から災害時の対応を考えた。
280123asano1その後、ファシリテーターからプラス要素(強いところ)、マイナス要素(弱いところ)の指導を受けながら各班ごとに気が付いた点をポストイッチに記入し模造紙に張り出した。

各班で記入し終わったら、順に発表を行った。ほかの班も真剣に聞いていました。

第二部
 町内図を使い、自主防災組織の応急対応を考える訓練をした。
280123asano2今回の町内図は成田市のある町内図を使用。
大地震(災害)が発生したとの想定で、あちこちで火災が発生しました。道路は大渋滞です。壁の倒壊もあります。
この中で要援護者を誰から助けるか皆さんで相談し、気の付いた点をポストイッチに書き出し、支援の優先順位をつけていった。
280123asano3

その後、同様に各班に発表をしてもらい各班で気の付いた点を話し合った。



最後に受講者からは、
長くこの栄町に住んでいるが、いざ災害が起きたら、逃げ場所がないことが分かった。
普段から避難経路等を知らべておく必要があることを悟りました。
自主防災組織だけだと、要援護者の支援には限界があり、普段から、周りの人たちの連携が必要だということを改めて知りました。
等々の意見が寄せられました。

今回は時間の関係もあり、DIG実技が中心であったが、先にDIGの真の意味と重要性、まちの特性をよく知ることの重要性をもう少し詳しく説明をした方がよかったと感じます。
プロフィール

membernews

Author:membernews
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
カテゴリ(活動)

啓発 訓練 講演 指導 教育 イベント コミュニティー 現地活動 研修 HUG DIG 勉強会 地区防災計画 地震体験 避難所 被災地支援 DIG 

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR