FC2ブログ

12/4(水)船橋市立宮本小学校防災学習(千葉県船橋市)

青木 信夫(千葉県防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

令和元年12月4日(水)、千葉県船橋市、船橋市立宮本小学校において5年生を対象に防災学習が行われ、BCNがアドバイスを行いました。
5年生は5クラスありますが、各クラスで防災について調べたいテーマでグループ分けし、夏休みや空き時間を使って調べたきた結果を我々に発表し、聞きたいこと、またはこちらからの質問にも答える、といった学習時間です。
テーマは大変ユニークで「風と塩」「非常食の味」「マンホール」といったテーマもあり、本やインターネットで良く調べていました。防災士に聞きたいこととして質問を受けましたが、難解な質問も多々あり「竜巻の温度ってどれくらいですか?」「避難所で一番必要なものは何ですか?」「補助犬の制度っていつからできたんですか?」など、マニアックな質問も飛び出し、我々の勉強不足を露呈することになってしまいました。
5年生は今回学習したことを受けて、来年3年生に発表を行うとのことで、勉強したことに加えて自ら声に出すことにより知識が定着していくと思われます。
こうした学習が全国に広まって欲しいと感じました。

日程:令和元年12月4日(水)
場所:船橋市立宮本小学校
対象:5年生
スタッフ:4名
内容:防災学習アドバイス

191204aoki1
  
191204aoki2

191204aoki3

191204aoki4

11/29(金)南房総市立富山小学校防災訓練(千葉県南房総市)

青木 信夫(千葉県防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

令和元年11月29日(金)、千葉県南房総市、南房総市立富山小学校において防災訓練が行われ、BCNが支援しました。
全校生徒が対象で午前中は小学生、午後は中学生を対象に、計300名を超える子どもたちへの防災訓練です。小学生は低学年と高学年に分かれ、低学年は地震体験、煙体験、防災ダック、〇×クイズ、高学年はロープワーク、地震体験、中学生は消火器訓練です。
BCNのスタッフは5名で対応しましたが、訓練項目が多く、先生方にもお手伝いいただきながらローテーションにて実施しています。子どもたちは煙体験や地震体験にわくわくドキドキしながら、あらかじめ伝えた訓練目的を頭に入れながら体験したり、防災ダックで身体を動かし、〇×クイズでは一喜一憂し、ロープワークでは基本の結び3種(本結び、巻結び、もやい結び)を15分足らずで覚え、水難救助を想定した救助ロープで盛り上がりながら手法を学びました。中学生は45分間という短い時間だったこともあり、消火器訓練と煙体験を行っていただき、地震体験はこれまで体験したことの無い中学3年生のみ行いました。
盛りだくさんの内容ですが、子どもたちはしっかりと楽しく学んでいました。今年で3回目の支援になりますが、規律ある中でのびのびと学べる環境が整っている学校で、また、台風による風害の爪痕が残っていることもあり、子ども達はいつにも増して積極的に取り組んでいる様子が見て取れました。

日程:令和元年11月29日(金)
場所:南房総市立富山小学校
対象:生徒約300名
スタッフ:5名
内容:地震体験、煙体験、防災ダック、〇×クイズ、ロープワーク、消火器訓練 

191129aoki1

191129aoki2

191129aoki3

191129aoki4

191129aoki5

12/1(日)千葉市都町リハイム自主防災会防災訓練(千葉県千葉市中央区)

青木 信夫(千葉県防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

令和元年12月1日(日)、千葉県千葉市中央区、都北第1公園において都町リハイム(マンション)自主防災会防災訓練が行われ、BCNが支援しました。
当初6月30日に行われる予定でしたが雨で延期となり本日になりました。内容は地震体験と初期消火訓練です。
当マンションは185戸の中規模マンションで、中央に比較的大きな都北第1公園があることから、公園内で防災訓練が行われました。
住民の参加者はそれほど多くありませんでしたが、安否確認訓練ではドアに貼るステッカーにより、半数以上の世帯が協力するなど意識は高いと感じました。地震体験は東北地方太平洋沖地震と新潟県中越地震を体験いただき、初期消火訓練では消火器の説明、火災時の説明などを行い、水消火器を使って訓練していただきました。当マンションでは台風による倒木があり、人的被害はありませんでしたが車数台が被害にあうなど対応に追われたそうです。参加された方々は大変意識が高く、地震体験も初期消火訓練も真剣に臨まれていました。

日程:令和元年12月1日(日)
場所:千葉市中央区都北第1公園
対象:都町リハイム住民約30名
スタッフ:3名
内容:地震体験、初期消火訓練

191201aoki1 
 
191201aoki2

11/30(土)いすみ市北日在地区自主防災組織防災訓練(千葉県いすみ市)

青木 信夫(千葉県防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

令和元年11月30日(土)、千葉県いすみ市、鶴岡材木倉庫駐車場において北日在地区自主防災組織防災訓練が行われ、BCNは地震体験を担当しました。
当地区の防災訓練は今回が初めてとのことで、近隣の渡邊一弘防災士に相談があり、防災訓練の行い方、種目など渡邊防災士がまとめられました。
避難訓練参集後、区長さんから挨拶があり、渡邊防災士による地区の特徴などの説明があり、シェイクアウトに入ります。シェイクアウト時は地震体験車から緊急地震速報と地震音を放送し、臨場感あふれる訓練でした。これも渡邊防災士のアイデアです。
その後、初期消火・ロープワークグループ、起震車グループ、応急救護グループの3グループに分かれ訓練を開始しました。
参加された地区の方々は初めての試みですが、救命マネキンや起震車、ロープ、ライフジャケットなどの説明や体験に、時間を忘れて取り組んでいるような印象でした。
防災士が介在することによりスムースで的を得た訓練を行うことができ、効率的に進められる良い例だと感じました。

日程:令和元年11月30日(土)
場所:いすみ市鶴岡材木倉庫駐車場
対象:北日在地区住民約60名
スタッフ:2名(BCN)
内容:地震体験(BCN) 

191130aoki1

191130aoki2

191130aoki3

191130aoki4

11/27(水)野田市再資源化事業協同組合防災講演(千葉県野田市)

青木 信夫(千葉県防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

令和元年11月27日(水)、千葉県野田市、不燃リサイクルセンター研修棟において野田市再資源化事業協同組合が主催する防災講演が行われ、BCNの青木信夫防災士が講師を務めました。
防災訓練の一環ですが、昨今、自然災害が多発している現状から知識を得ることを目的に防災講演が行われました。出席者は再資源化事業協同組合員約30名です。
内容は台風(水害)、地震、クイズ、家具転倒防止、水を使わないトイレ法で、車はどの程度の深さであれば通過できるのか、浸水してしまったらどう脱出するか、野田の活断層、首都直下地震は起こるのか、家具転倒防止策ではどのような器具が効果的なのか、断水したときどのようにトイレを利用するかなど、より具体的な内容で講話を行いました。
1時間という短い時間ですが、皆さん真剣に聞き入り、落ち着いた雰囲気の中、吸収しようとする姿勢を強く感じました。

日程:令和元年11月27日(水)
場所:野田市不燃リサイクルセンター研修棟
対象:野田市再資源化事業協同組合員約30名
スタッフ:2名
内容:防災講演 

191127aoki1

191127aoki2

11/26(火)実籾小学校小学3,4年生防災学習(千葉県習志野市)

青木 信夫(千葉県防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

令和元年11月26日(火)、千葉県習志野市、習志野市立実籾小学校において3年生の防災発表会と4年生の調べ学習が行われ、BCNが支援しました。
3年生は前回自然災害について各テーマをグループで調べ、我々防災士がアドバイスを行い、今回その発表を行うというものです。体育館で行われましたが、保護者、4年生、5年生に対して自分たちが調べてきたことをブース別に発表しました。地震ではプレート、火山ではマグマだまり、かさいりゅう、雷ではプラスのでんきとマイナスのでんき、それを図や絵にして説明します。イメージがないと絵は描けないことから、自分たちで調べて理解したことが十分に伺えます。物語にしたり、紙芝居にしたり、グラフで説明したり、とても3年生とは思えない出来栄えでした。
4年生は3年生から1歩進み、防災グッズや身の守り方、備蓄やトイレなど「災害」から「防災」に進み、今回は自分たちが調べてきたことを各クラスで発表し、防災士がアドバイスしました。避難所でのお風呂をテーマにしたグループもあり、貴重な資料が出来そうです。これらを基にして4年生は来月12月に発表を行いますが、今から大変楽しみです。

日程:令和元年11月26日(火)
場所:実籾小学校
対象:3年生約60名、4年生約60名
スタッフ:4名
内容:防災発表講評、防災アドバイス
 
191126aoki1

191126aoki2

191126aoki3

191126aoki4

11/24(日)小山自治会自主防災会防災訓練(千葉県野田市)

青木 信夫(千葉県防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

令和元年11月24日(日)、千葉県野田市、小山自治会館において小山自治会自主防災会防災訓練が行われ、横張防災士およびBCNが支援しました。
内容は地震体験、救命講習、家具転倒防止策、水を使わないトイレ法です。毎年消防署にお願いをして初期消火訓練を主な訓練としてきたとのことで、今回は趣向を変えて横張防災士のつながりにより要請をいただきました。
地震体験は自主防災会としても初めてとのことで、みなさん興味津々です。東北地方太平洋沖地震50秒バージョンを体験いただきましたが、この揺れでは何もできないと口々にしていました。消防団の方にも参加いただきましたが、特別に新潟県中越地震や兵庫県南部地震も体験いただきました。
自治会館に入り、横張防災士による救命講習が行われ、続いて青木防災士より家具転倒防止器具の特徴や効果などを解説、水を使わないトイレ法について説明しました。
防災に関する取り組みはこれから発展していくと思いますが、なにより横のつながりが良く、気心知れた集まりになっており、最も基本となるべき部分を備えている自治会さんだと感じました。

日程:令和元年11月24日(日)
場所:小山自治会館
対象:自治会員約30名
スタッフ:4名
内容:地震体験、救命講習、家具転倒防止策、トイレ法
 
191124aoki1

191124aoki2

191124aoki3

191124aoki4

11/23(土)津田沼ローヤルコーポ防災訓練(千葉県習志野市)

青木 信夫(千葉県防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

令和元年11月23日(土)、千葉県習志野市、白井市、津田沼ローヤルコーポ(マンション)集会室において防災訓練が行われ、BCNが支援しました。
内容は安否確認、防災紙芝居、レジ袋の防災活用法、心肺蘇生法です。あいにく雨が降っており地震体験は中止になりました。
今回マンション側からぜひ紙芝居を行ってほしいという要望があり、三浦氏による「台風がきたぞ」という紙芝居を行いました。子どもが多く参加するというわけではなく、紙芝居であれば一番わかりやすく楽しみながら知識を得られるのではないかという理由ですが、当方も大人を対象にした紙芝居は初めてのことで戸惑いながらも一連の台風の影響があったこともあり、台風を題材にした紙芝居を行いました。一通りの物語を終えた後、青木防災士より、一枚一枚の重要ポイント、注意事項など絵柄に合わせた解説を行い、単に物語だけでなく何を意図するかを説明し知識の補充を行いました。
その後、レジ袋の防災活用法、心肺蘇生法を行いましたが、人数が比較的多くなかったこともあり、その場その場で質問が多く寄せられ我が事としてとらえていただけたようです。
また、習志野市危機管理課の方が見えて防災グッズを持参し、各種解説を行いました。
津田沼ローヤルコーポさんは布施防災士から要請を受けて毎年支援させていただいていますが、参加者はとても真摯に少しでも吸収しようとする姿勢が伺えます。

日程:令和元年11月23日(土)
場所:津田沼ローヤルコーポ集会室
対象:マンション住民約20名
スタッフ:4名
内容:防災紙芝居、レジ袋の活用法、心肺蘇生法
 
191123aoki1

191123aoki2

191123aoki3

191123aoki4

朝倉とともに第36号を発行

天野 時生(福岡県 防災士)

 朝倉とともに第36号を発行しました。
11月9日(土)九州北部豪雨被災地の朝倉市杷木志波において、志波柿収穫ボランティア作業を行いました。被災後2年が過ぎ、被災した柿農園周辺も護岸工事や土手の修復等が行われ、少しずつですが落ち着きを取り戻そうとしています。
心配された柿の実の成長も今年は豊作であり、被災しても力強く実を結ぶ柿の木に勇気をもらっています。この日に収穫した品種は早生松本というもので志波柿のひとつです。
中旬過ぎから最も有名な富有柿が収穫期を迎えます。
ここから12月上旬まで忙しくなる志波柿農家の方たちですが、少しでも力になれるよう支援を行っていきます。

191109amano1
朝倉とともに(pdf)はコチラからご覧ください

11/17(日)船形中自治会防災訓練(千葉県野田市)

 青木 信夫(千葉県防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

令和元年11月17日(日)、千葉県野田市、船形中央会館において船形中自治会自主防災会防災訓練が行われ、BCNは地震体験と煙体験を担当しました。
総勢130名ほどの参加者があり、自主防災会の担当班ごとに登り旗が掲げられ圧巻です。訓練内容は救命講習、災害DVD鑑賞、地震体験・煙体験です。地震体験では東北地方太平洋沖地震に加え、希望者には新潟県中越地震や兵庫県南部地震、熊本地震も体験いただきました。BCNで家具転倒防止器具効果の資料を作成したことから、体験いただいた方々に配布し、家具転倒防止の重要性を認識していただきました。
煙体験では「何も見えない」「中で迷った」「これは体験したほうがいい」との声が聞かれ、煙の怖さ、煙を吸わないで動く難しさ、出口をどのようにして見つけるかなど、体験の効果を発揮したように感じます。参加者の中には実際に火災現場に居合わせ、大変な思いをされた方のお話も聞きましたが、皆さん真剣に体験されていて、貴重な体験だと評していただきました。
訓練の最後には豚汁が振舞われましたが、この地区はお店を持つプロの方がいて、私たちもいただきましたがさすがプロの味でした。

日程:令和元年11月17日(日)
場所:船形中央会館
対象:自治会員約130名
スタッフ:5名
内容:地震体験、煙体験

191117aoki1

191117aoki2

191117aoki3

191117aoki4
プロフィール

membernews

Author:membernews
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
カテゴリ(活動)

啓発 訓練 講演 指導 教育 イベント コミュニティー 現地活動 研修 HUG DIG 勉強会 地区防災計画 地震体験 避難所 被災地支援 DIG 

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR