fc2ブログ

2/20(日)つくい防災ミュージアム(神奈川県相模原市)

 青木信夫(千葉県防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

令和4年2月20日(日)、神奈川県相模原市、相模原市立中野中学校において津久井青年会議所主催の「つくい防災ミュージアム」が開催され、BCNは火災旋風とロープワークを担当しました。
第一部は基調講演が行われ、第二部は体験訓練ということで、救命、起震車、火災旋風実験・ロープワーク、非常食・炊出しなどが行われ、参加者約100名は各ブースを約15分で周りながら学習しました。子ども達も多く、若い方の参加が多く見受けられましたが、感染対策を入念に行いながら何とかこの時期に実施することができました。途中、相模原市長も参加いただき会場は盛り上がりました。
BCNは火災旋風とロープワークのブースで、関東大震災での火災旋風の説明などを交えて火柱が立つ状況を実験で見ていただき、ロープワークでは本結び、巻結びをおこなっていただきました。
終盤には雨が降ってきてしまいましたが、参加者はいろいろな学びを得て、また子ども達も大変有意義だったのではないかと思います。

日程:令和4年2月20日(日)
場所:相模原市立中野中学校
対象:一般約100
スタッフ:5名
内容:火災旋風実験、ロープワーク

20220220aoki1

20220220aoki2

20220220aoki3

20220220aoki4

20220220aoki5





防災士活動新聞掲載(2022年2月13日掲載)

志築芳和(兵庫県防災士)

 小生の防災活動が神戸新聞に掲載されました。
紙面の中で「県警歯科医会立ち上げ」とありますのは、日本防災士機構会長の國松様が県警本部長在任時の事でした。とても懐かしく思い出されます。

20220213sutuki1

1/20(木)習志野市立袖ケ浦西小学校防災学習(千葉県習志野市)

青木信夫(千葉県防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

令和4年1月20日(木)、千葉県習志野市、習志野市立袖ケ浦西小学校において4年生、5年生を対象としたクロスロードが行われ、BCNが講師を務めました。
袖ケ浦西小学校の防災教育の一環ですが、小学4年生5年生へのクロスロードは時期尚早とも思われましたが、質問を分かりやすいものに設定し、また、クロスロードの目的や意味を十分に説明して行いました。
回答が一方に偏るのではないかと思われましたが、実際に行ってみるとばらつきや金座布団も結構出て、大人顔負けの意見も続出するなど十分対応できていました。1時限の45分で行うため練習問題を含め5問しかできませんでしたが、子ども達からはもっとやりたかったという声が上がっていました。小学生への訓練のひとつとして私どもによい経験よい勉強になりました。

日程:令和4年1月20日(木)
場所:習志野市立袖ケ浦西小学校
対象:4年生、5年生
スタッフ:4名
内容:クロスロード
 
20220120aoki1

20220120aoki2

20220120aoki3

20220120aoki4


1/19(水)習志野市立実籾小学校防災学習(千葉県習志野市) 青木信夫(千葉県防災士)

 青木信夫(千葉県防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

令和4年1月19日(水)、千葉県習志野市、習志野市立実籾小学校において全校生徒を対象とした避難訓練、5,6年生を対象とした煙体験、消火器訓練が行われ、BCNが支援しました。
実籾小学校は以前から防災支援を行っていましたが、今回久しぶりの支援になります。5,6年生に対して煙の怖さ、一酸化炭素中毒、避難の仕方などを説明し、煙ハウスで煙体験を行ってもらい煙で何も見えなくなった時にどのように対応するか体験してもらいました。消火器体験では水消火器を用いて全員実際に放水してもらい、身体で覚えられるように指導しました。前が全然見えないので実際の火災の時はパニックになりそう、煙はすごく怖いものだと知りました、などの感想があり火災に対する理解度が高まったように思います。子ども達への支援活動の必要性を改めて感じました。

日程:令和4年1月19日(水)
場所:習志野市立実籾小学校
対象:5,6年生約140名
スタッフ:5名
内容:煙ハウス体験、消火器訓練

20220119aoki1

20220119aoki2

20220119aoki3

20220119aoki4





1/12(水)習志野市立袖ケ浦西小学校防災学習(千葉県習志野市)

青木信夫(千葉県防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

令和4年1月12日(水)、千葉県習志野市、習志野市立袖ケ浦西小学校において4年生、5年生を対象とした防災調べ学習が行われ、BCNがアドバイスを行いました。
袖ケ浦西小学校の防災教育の一環として、生徒たちが自ら防災テーマを設けグループに分かれて発表するイベントがあり、その前段階として防災士がアドバイスするというものです。地震のメカニズム、津波、倒壊家屋、家での備え、避難所、応急手当、場所別の身の守り方、防災グッズ、避難ルート、体験談のまとめなど、多岐にわたります。
発表の内容を聞き取り、防災士からの質問、防災士への質問という形式で行われましたが、来月2/2に実際の発表を行うため子ども達は自分たちが調べてきたことを確認し、わからないところを聞き、より良い発表につなげたいという意欲が見て取れました。
自分で調べることの重要性は与えられることよりも大きな成果を上げることは既知の通りであり、防災力向上は目覚ましいものがあります。2/2の発表会には我々も見学に行く予定ですがいまから大変楽しみです。

日程:令和4年1月12日(水)
場所:習志野市立袖ケ浦西小学校
対象:4年生、5年生
スタッフ:5名
内容:調べ学習アドバイス 

20220112aoki1

20220112aoki2

20220112aoki3

20220112aoki4

活動報告

広瀬 一行(愛知県防災士)

活動報告します。
➀12月4日失語症友の会での防災研修会。
②12月6日~15日の10日間連続、幸町区自主防災会研修会。
③12月6日~15日の10日間連続研修会の添付書類『スロースリップを注視❕❕』

031216hirose1 031216hirose2 031216hirose3
資料①(pdf)はコチラからご覧ください
資料②(pdf)はコチラからご覧ください
資料③(pdf)はコチラからご覧ください

11/16(火)習志野市立東習志野小学校防災学習(千葉県習志野市)

青木信夫(千葉県防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

令和3年11月16日(火)、千葉県習志野市、習志野市立東習志野小学校において6年生を対象とした煙体験が行われ、BCNが支援しました。
6年生のみですが4クラスあり約140名が対象です。火災が発生したら大声で周りに知らせること、逃げること、煙に遭遇してしまったら床を舐めるような姿勢で壁伝いに出口を見つけること、などを説明し煙体験に臨んでもらいました。
子ども達は煙ハウスに入ったとたん「何も見えないっ」を連発していましたが、感想を聞いてみると「このテントの距離でも結構時間がかかったので本当の火災の時はもっと時間がかかりそう」という意見もありました。
煙体験は初めてという子が多くいましたが、煙の怖さ、見えない怖さ、対応方法などをしっかりと学習していました。

日程:令和3年11月16日(火)
場所:習志野市立東習志野小学校
対象:6年生約140名
スタッフ:4名
内容:煙ハウス体験 

031116aoki1

031116aoki2

031116aoki3

031116aoki4
 

11月14日(日)野田市消防本部主催 野田市全消防団 水防工法訓練及び消防団長特別点検訓練(千葉県野田市)

小椋養一 (千葉県防災士)

令和3年11月14日(日)野田市消防本部主催 野田市全消防団
水防工法訓練実施 及び消防団長特別点検訓練同時実施。
場所、野田市木野崎地崎利根川右岸河川敷野田市スポーツ公園。

コロナ禍の影響の為、野田市全消防団56分団の団員厳選参加193名。
尚且4部構成にて、三密さけ挙行されました。中間休息充分とり、健康管理万全を期し進行されました。
Φ野田市鈴木市長見参、お話し伺いこの時期でも防災意欲素晴らしい物です。

1、目的 
野田市水防演習が、2箇年中止となっていることから、水防要員の工法技術の維持向上を主眼とし、士気を鼓舞し、もって水防体制の万全を期することを目的とする。
2、日時
令和3年11月14(日) 9::00~12:00
4部構成ローテーション「・中央・南・北・関宿 方面隊」
3、訓練会場
野田市木野崎地崎 利根川右岸 野田市スポーツ公園芝生広場
4、参加
野田市役所、野田市消防本部、野田市消防団
5、実施内容
①土のう作り  
②積土のう工法
③月の輪工法
④竹とげ・杭ごしらえ
⑤木流し工法
⑥五徳縫い工法
⑦表むしろ張り工法
6,参加
・野田市消防本部消防署36名
・野田市消防団厳選  193名
・野田市役所  若干名

※総括
利根川と江戸川に挟まれた野田市の位置関係から水害対応【水防工法訓練】必要不可欠、数多く熟知訓練実施望ましい。
水害対応訓練もしかり、色々数をこなした訓練、市民の安心安全を守る大きな力です。
野田市全域網羅、野田市消防団全56分団、今後共消防本部指導の元、日々の精進に感謝と、益々の活躍を祈念致します。

監修
野田市防災安全会議委員
日本防災士会千葉県支部
千葉県防災士連絡会
小椋養一 防災士

031114ogura1 031114ogura2

031114ogura3 031114ogura4

031114ogura6 031114ogura5

031114ogura7

031114ogura8 031114ogura9 031114ogura10


11/11(木)習志野市立袖ケ浦西小学校防災学習(千葉県習志野市)

 青木信夫(千葉県防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

令和3年11月11日(木)、千葉県習志野市、習志野市立袖ケ浦西小学校において全校生徒を対象とした避難訓練、煙体験訓練、消火器訓練が行われ、BCNが支援しました。
10時に校内火災が発生したとして、全校生徒が避難する避難訓練では「おかしも」を守りながら防災頭巾をかぶり一斉に避難しました。
煙体験では煙ハウスに入ったとたん何も見えなくなり「見えない見えない」を連発しながらも、壁伝いに進むことで出口を見つけるという体験をしました。目の前にいる人でさえ見えないので、普段のように前の人についていけばよいということができず、自分で進まなければなりません。
消火器体験では1年生も行い、手順を覚え放射まで行いました。消火器に触ったことが初めてという生徒が多くいましたが、注意事項として消火器を使用するのは小さな火で消すことが可能な場合にのみ行い、通常は逃げることが優先であることを伝えています。
子ども達は楽しみながらもしっかりと学習していました。

日程:令和3年11月11日(木)
場所:習志野市立袖ケ浦西小学校
対象:全校生徒
スタッフ:8名
内容:煙体験、消火器訓練

031111aoki1

031111aoki2

031111aoki3

031111aoki4
 

11/8(月)南房総市立富浦小学校防災学習(千葉県南房総市)

 青木 信夫(千葉県防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

令和3年11月8日(月)、千葉県南房総市、南房総市立富浦小学校において全校生徒約180名を対象とした防災学習が行われ、BCNが指導しました。
内容は地震体験ですが、4年生のみ防災講話を行いました。防災講話は〇×クイズから始まり、次に仮想の街を表示して危険な場所の指摘してもらいました。崖は危ない、彫り下がった道は危険、工事中の場所、河川敷、ブロック塀、自動販売機、ビール瓶が積みあがっているところ、看板など、どんどん指摘してもらい、では皆さんが通学路としていつも通っているところは大丈夫なのか、帰りに確認してもらうようにしました。自分が主体となって考えて行動できるように講話をすすめました。
ほか全校生徒新潟県中越地震30秒バージョンを体験してもらいましたが、初めて体験する生徒がほとんどで、震度7の強烈な揺れに皆さん驚いていました。

日程:令和3年11月8日(月)
場所:南房総市立富浦小学校
対象:全校生徒約180名
講師:青木信夫防災士
スタッフ:3名
内容:地震体験、講話

031108aoki1

031108aoki2

031108aoki3

 
プロフィール

membernews

Author:membernews
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
カテゴリ(活動)

訓練 啓発 講演 教育 指導 イベント 現地活動 コミュニティー 研修 HUG 被災地支援 DIG 地区防災計画 勉強会 地震体験 避難所 DIG 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR