小学校低学年への防災講演

hyougo251227-2
東播地域担当

横山 恭子(兵庫県 防災士)                   

小学校低学年への防災講演


26年度から小中一貫校となる高砂市立高砂小学校と高砂市立高砂中学校にて、1/9(木)防災講演会が開催されました。小中一貫に少しずつ慣れていけるようにと、中学校には小学5・6年生が参加し、高砂市危機管理室の方の講演を聞ました。小学校では1年生~4年生までの児童が、防災士による講演を聞き、災害時の身の守り方などを映像や体験を交えて覚えました。

         【日 時】 2014年1月9日(木) 13:50~14:30
         【場 所】 高砂市立高砂小学校 体育館
         【講 師】 NPO法人兵庫県防災士会  横山恭子
                    「ぼくたち、わたしたちにできること」
260109yokoyama
阪神淡路大震災や東日本大震災の被害を改めて見てもらうと「おぉぉぉ!!すごい!」と会場中がざわめきました。
最近では、あまりテレビで見られなくなった映像だけに、子どもたちの反応も大きく自然の怖さを感じたようですが、いつも自然が牙をむくわけではなく、私たちの生活に恵みをもたらしてくれていると言う事を伝えると、児童たちも大きくうなずき、とても穏やかな顔に変わりました。

兵庫県高砂市は、もともと水害が多い町ですので、町の特性を知ってもらい、これから起こりうる災害について説明する中で、海・山・川・工場・交通機関など、自分たちの町の良さや危険個所を一緒に考え、2つの宿題を出しました。

「登校班は、小さな探検隊」 自然災害・交通災害などの危険個所を見つけながら登校しよう。
「今夜は、家族会議をしよう」講演で覚えたことを家族に伝え、避難場所などを決めておこう。

今回は、低学年という事もあり、長時間話を聞くのは難しいですので、後半は、身体を使って「ぼうさいダック」で災害時の初動を練習しました。驚いたことに、「ぼうさいダック」を知っている児童が数名いて、先頭を切って声を出してくれましたので、まわりの児童の反応もよくとても盛り上がりました。子供たちの素早い反応を見て、小さい頃から身体で覚えることが、どれだけ大事なことかを改めて感じました。 
 (文責 横山恭子)

特定非営利活動法人兵庫県防災士会中央寄せ
スポンサーサイト

「平成25年度太子町防災講習会」で講師

寺岡 芳孝(兵庫県 防災士)

「平成25年度太子町防災講習会」で講師


260126teraoka1 兵庫県揖保郡太子町(北川嘉明町長)では、「平成25年度太子町防災講習会」を開催するに当たり、過去に同町自主防災会等で防災講演の講師を務めた、寺岡芳孝防災士(NPO法人兵庫県防災士会副理事長)に講師依頼があった。
【開催の目的】
 阪神・淡路大震災から19年が経過し、また、東日本大震災から3年が経過しようとしている。阪神淡路大震災や東日本大震災では未曾有の大災害となり、私たち人間が、強大な自然の力を前にして、いかに無力であるかを痛感する結果となった。
 太子町では、山崎断層帯地震や南海トラフ巨大地震などの大規模地震の可能性が予測され、また、全国各地で大型台風や集中豪雨による被害が発生するなど、災害への備えが急務となっており、今回の講習会は、教育現場や家庭での災害対処法や自助・共助のあり方を学び、若い世代が中心となって、災害時の被害を最小限にとどめるには、どのような防災活動に取り組めばよいかを考える機会になればと願って開催された。(平成25年度太子町防災講習会・プログラムより)

 今回の「防災講習会」の配布資料として、神戸地方気象台より「急な大雨・雷・竜巻から身を守ろう!」、人と防災未来センターより「減災グッズを備えよう!」のリーフレットの提供を受けた。(ご協力ありがとうございました。)

                  記

■ 日 時  平成26年1月26日(日)9時50分~11時15分
■ 会 場  太子町立文化会館(2階ミニシアター)
■ 参加者  教育関係・保護者・職員等 約80人
■ 次 第
  9:50 開 会 
          挨 拶 北川 嘉明氏(太子町長)
 10:00 講 習
          講 師 寺岡 芳孝氏(NPO法人兵庫県防災士会副理事長)
          演 題 『災害から 身を守る!~家庭でできる 防災・減災~』
             1 地域の「特性」を知る
             2 災害を知る
             3 災害に備える(減災)
             4 ふりかえり(見直そう! 住まいの安全)~DVD~
 11:15 閉 会
          挨 拶 八幡 儀則氏(太子町副町長)

260126teraoka2
(プログラム表紙)

260126teraoka3
地域の「特性」を知って・・・
260126teraoka4
~地域の災害リスクをイメージ(想定)する~

260126teraoka5
260126teraoka6
~大雨・雷・竜巻~ 積乱雲から身を守るには・・ (防災クイズで学ぶ!)

260126teraoka7
~大雨などの避難時に関するクイズ(解答)
260126teraoka8
~大雨・雷・竜巻から身を守るクイズ(解答)

260126teraoka9
~絵が一瞬に現れ消えるフラッシュクイズ!
260126teraoka10
~頭の活性化にも効果的なクイズに挑戦!

今回の講習会は保育園・幼稚園・小学校・中学校・高校での教育現場や家庭での災害対処法や自助・共助のあり方を学び、家庭防災会議の開催や防災情報の収集等も具体的に講義をした。
転倒防止器具や手回し式充電器・ライト・ラジオ等の紹介や防災クイズで学ぶ参加型とした。
                                 (文責:寺岡芳孝)
プロフィール

membernews

Author:membernews
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR