『いわき市震災メモリアル検討会議』委員就任について

藁谷 俊史(福島県 防災士)

 去る6月2日(火)に『いわき市震災メモリアル検討会議』委員の委嘱状の交付式がありました。

 「いわき市震災メモリアル事業」の概要は、災害の教訓、記録等を収集・整理し、正しく後世に継承するとともに、減災教育に活かせるようにする。
基本的な考えとして、
目的は、「震災の記憶や教訓を風化させず、確実に後世伝えていく。」
視点は、①追悼・鎮魂 ②危機意識や防災意識の醸成
      ③震災の記録の保存と継承
方向性は、市内各地区の被災構造物等とともに、ハード(拠点施設整備)
       及びソフトの各施策を一体的に展開し、市全体としての
       ネットワーク化を図る。
委員は、14名で学識経験者、産業・経済関係者、市民団体・地域づくり団体等関係者で構成されております。
委員長には、いわき明星大学 復興事業センター震災アーカイブ室長の石丸純一教授が就任しました。藁谷支部長は、清水市長のご指名で副委員長に就任いたしました。
今後の予定としては、7月に先進地見学に始まり、8月・9月の約4ケ月で提言書案の検討・まとめまで行うという強行スケジュールになっています。
藁谷支部長は、副委員長就任の挨拶で「委員長を補佐し、スケジュール通り進められるようにします。また、委員皆様が活発な意見交換できるように事務局と協力してまいります。」と挨拶されました。
(写真 石丸委員長と藁谷支部長)
270602waragai1
スポンサーサイト

「大規模災害時における視覚障がい者支援における学習会」で講師を担当

金山 利勝(徳島県 防災士)

270607kanayama1

平成27年6月7日(日)に徳島県ボランティア協議会が主催する「大規模災害時における視覚障がい者支援に関する学習会」が徳島県立総合福祉センターで開催されました。

この講座で、金山利勝防災士が講師を担当し、「災害時における障がい者への支援ボランティア活動のあり方」についてお話させていただきました。

参加者は、県内の障がい者ボランティアに関心のある高校生や一般の方、また、盲導犬といっしょに参加いただいた障がい者の方などが熱心に聞いてくれました。

私自身も障がい者ボランティアとして活動できるよう努力したいと思っています。

270607kanayama2

いすみ市土砂災害避難訓練

浅野 幸輝(千葉県 防災士)

 千葉県では、いすみ市からの要請により、技術支援チームが中心となり「27年度いすみ市土砂災害避難訓練」へ参加をし、住民に対し様々な啓発活動を行いました。

概要
日時 : 平成27年6月6日(土)
場所 : 千葉県いすみ市千町小学校体育館
内容 : 家具転倒防止機材の展示
      家庭にある身近な物を使った応急措置
      竹竿と毛布、ロープ、米袋、Tシャツ等を使った応急担架の作成
      徒手搬送法
      等々
参加防災士 : 千葉県防災士技術支援チーム
            川崎 隆吉
            渡辺 一弘
            中村 利孝
            飯岡 孝
            五味川 文康
            浅野 幸輝

啓発内容
 第1部で9:00に、いすみ市千町地区で大雨による大規模な土砂崩れが発生したと想定し、住民に避難勧告が出て、千町小学校体育館に避難所を開設、住民約160名が避難してきた。

 第2部で、体育館の避難会場内を3か所に分け、防災士会・消防署・日赤がそれぞれ住民に対し、啓発活動を行いました。
 防災士コーナーでは、
270606asano1

家具転倒防止機材の展示
 訓練参加者は興味深々と見学しており、
 自宅と比較していたようです。



270606asano2
 家庭にある身近な物を使った応急措置
  スーパーのレジ袋・サランラップ・雑
  誌を使い、腕の骨折の応急措置
  パンストを使った頭部挫傷の応急措置
  傘・ネクタイを使った足の骨折の応急
  措置など。を指導

270606asano3


 竹竿と毛布・米袋・ロープ・Tシャツ等着
 衣を使った応急担架
  訓練参加者にも実体験をしてもらいま
  した。

270606asano4


 毛布を使った応急担架
  訓練参加者も積極的に参加していました。



 その他にも、徒手搬送法や、特に横浜での電車の線路上での事故を教訓とした川崎防災士の説明から、素早くその場から移動させる方法等を指導しました。

訓練に参加した住民からは、
 訓練に参加して良かった。家庭にある物での応急措置は非常に役立ちました。
 もっと、時間をとって色々な事を学びたかったです。時間が短すぎます。
等々の意見がありました。

また、市長や訓練を企画した市の危機管理課からも絶賛の言葉があり、
地元いすみ市に防災士がいますので、行政区単位でも小部落単位でも学びたい方は、どんどん学んで下さいとの閉めの言葉がありました。
報告者:千葉県防災士技術支援チーム
浅野 幸輝

栄町まちづくり大学「防災学部」開校について

川崎 隆克(千葉県 防災士)

防災士は「地域の防災力向上に向けて・・!!」が主たる活動と理解します。私が居住している栄町は世帯数8.783世帯、人口21.635人の極小の町です。人口流出が止まりません。反面、静かで牧歌的、左程、期待しなければ住みやすく、田んぼ、畑、緑の多い町です。大して災害も無く、防災・減災に住民も関心が薄く防災訓練に参加意欲が有りません。そんな中、昨年から地元である栄町から要請が掛かり防災講演、技術指導など支援チームの協力を仰ぎながら、次ごう6回、防災大学でご指導してきました。本年も再度の要請を受け関わることが決まりました。

第一回 8月23日「自分たちにできること」家屋倒壊からの救助訓練
第二回10月31日「地域性から見た防災対応」災害図上訓練 DIG
第三回12月12日「自らの身を守るために」公開講座―講師・高野甲子雄
第四回 1月23日「避難所運営訓練」HUG―講師BCN代表・青木信夫
第五回 2月13日「ワークショップ」災害時の自助・共助・公助役割分担を考える
昨年、防災大学を卒業された数名の方が既に自治会で活動をされ(防災訓練の立案から実施まで)昨今の自然災害つづきも住民の関心を呼び、学んだ事を実践で役立てている様を拝見すると、うれしくなります。 
報告者 千葉県防災士技術・支援チーム
    川崎 隆克      

270601kawasaki1 270601kawasaki2
資料はコチラからご覧ください

防災講演の出講

戸村 智憲(東京都 防災士)

 私も被災致しました阪神淡路大震災から20年を迎える今年に、神戸市消防局さま・危険物安全協会さまなどでの祈念イベントにて防災・事業継続・危機管理の基調講演を本年2月に登壇させて頂いたり、今月は下記のイベントにて講演を担当致します。

たつの防火協会さまでの防災関連の講演会出講
詳細:
http://www.jmri.co.jp/TatsunoCity.BosaiBCP.Keynote.2015.June.2.Tomura.pdf 

各地にて防災・事業継続・危機管理の実効性向上につき指導させて頂いております。

防災技術研修会・第三回訓練会

中島 敏雅(奈良県 防災士)

『倒壊家屋救助訓練』(軽量鉄骨住宅)

◎場所:京都府相楽郡南山城村
◎月日:5月23日(土)
◎参加メンバー(敬称略):
髙木忠雄(奈良県)・松尾修(奈良県)・柏田勝幸(奈良県)・中島敏雅(奈良県)

◎使用資機材:
車載パンタグラフジャッキ/ダルマジャッキ/鉄パイプ/角材/バール(大・中・小)/斧/ハンマー/のこぎり/ビニールシート/ガムテープ/毛布/救助訓練用人形/携帯無線機/ホワイトボード

◎概要:
「ジャッキアップ救助法」
車載ジャッキを使用した要救助者(はさまれ)救出訓練

◎想定:
“災害現場で調達”した車載ジャッキを使用し、倒壊家屋で家具・梁等にはさまれている要救助者を、指揮者・作業担当者(2名)・安全管理者からなる4人1チームにて救出する。
* 今までは「木造倒壊家屋」を想定しての訓練でしたが、今回は「“軽量鉄骨”」の倒壊家屋を想定しての訓練を実施しました。


◎ 「防災技術研修会」は防災士会各都道府県支部とは関係のない組織ですので、支部に加入されていない方でも参加していただけます。

◎ 今後も様々な訓練を予定しております。(夏休み親子防災教室・検索訓練等)
参加ご希望の方は防災技術研修会・中島まで
防災技術研修会
奈良県・中島敏雅

270523nakajima1

270523nakajima2
プロフィール

membernews

Author:membernews
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR