首都圏支部連絡協議会が共同し訓練指導に参加

川崎 隆克(千葉県 防災士)271017kawasaki7

日時 : 平成27年10月17日 12:30~16:00
場所 : 栄町竜角寺台自治会「防災・防災フェスタ」
参加者: 130名

栄町竜角寺台自治会からの要請で首都圏支部連絡協議会が連携し訓練指導を行いました。
防災士の役割として
1、「災害からの被害を最小限にとどめる、地域の防災力の担い手となる。」
2、「災害時の避難所運営、被災地支援ボランティア活動、」そして・・・
3、「地域自治体と連携した防災意識の啓発活動」等が有ります。
今回の活動は3、に特化した活動です。
参加して頂いた北部支部(BCN)、県支部、多摩プロック、東京都支部などから大勢、そして前泊し遠路の参加を頂きました。
ボランティアの定義は「無償の奉士」と言われますが現在は更に進化して「犠牲の伴わないボランティア活動は真のボランティアとは言え無い」とも言われています。
それにしても各訓練指導に宿泊費、食費、交通費など自己負担で参加いただき又、起震車なども個人購入し稼働するのも無償、大変な犠牲を払っております。本当に同じ防災士とし頭が下がります。
訓練終了後、その行為を知った自治会長も驚き参加各防災士に感謝の意を表すご挨拶がありました。
同じ防災士として私には何のスキルも無く恥じておりますが、意識に於いて少しでも皆さまに近付ける様、努力だけは致す所存です。
参加防災士各位に感謝と敬意を申し上げます。・・・!! 合掌

271017kawasaki1

271017kawasaki2

271017kawasaki3

271017kawasaki4

271017kawasaki5

271017kawasaki6
スポンサーサイト

徳島県知事表彰の受賞

金山 利勝(徳島県 防災士)

271011kanayama1

 このたび、徳島県支部の金山利勝防災士は、徳島県知事表彰「未来を守る防災活動賞」を受賞しました。
 平成27年10月11日に徳島県立防災センターで開催された「とくしま防災フェスタ2015」の会場で表彰式が行われ、飯泉嘉門徳島県知事より賞状が授与されました。
 今後とも元気なうちは、防災意識の啓発のためにに努力してまいりたいと決意を新たにしたところです。

271011kanayama2

水害に対する心構えについての取材

金山 利勝(徳島県 防災士)

 先日、徳島新聞社から「平成27年9月 関東・東北豪雨」の災害から1ヶ月ですが、このような水害は徳島でも起こりうる災害であり、常日頃からの水害に対する心構え等についての取材を受けました。 その取材記事が、27年10月9日付けの徳島新聞朝刊に掲載されました。

271009kanayama1
記事は画像をクリックしてご覧ください。

自主防災組織に於いて実技指導実施

川崎 隆克(千葉県 防災士)

平成27年度成田市自主防災組織リーダー研修会実技講習


目 的 : 防災に関する知識や技術の修得を通じ、防災訓練や実災害において技術
       的指導を行える自主防災組織のリーダーを育成する事を目的とする。
日 時 : 平成27年10月4日(日)
場 所 : 成田市保健福祉会館 多目的ホール、芝生広場
対象者 : 自主防災組織の代表者 123名

内 容 : 
1、防災講話
    避難の概要、避難所運営マニュアルについて
2活動報告(吾妻三丁目自主防災会)

3、実技講習(千葉県技術支援チーム)
    救出・救助訓練、初期消火訓練、搬送訓練(徒手、担架)、応急手当

概 要 : 成田市からの訓練要請は6年間継続して要請がございます。
毎回100名以上の参加者があり成田市の防災・減災にかける取り組みが自主防災組織リーダーに伝わり、それが地域の防災力向上につながる事を確信します。
小泉成田市長のご挨拶から始まり上記の式次第で実施されました。参加者123名を3班に編成し(1班―応急手当、2班―応急担架、ロープワーク、3班―消火器の取り扱い)、最初は全員で瓦礫場を囲み救出・救助活動の防災士による模範演技を展示し、救出・救助の重要性と救出・救助資機材の常備普及をお願いしました。
今回、発足した「首都圏支部連絡協議会」の松井事務局長のご尽力で多摩プロックからもご支援を頂きました。当該協議会が主導する事で、これから活動の輪が広がり、参加者のスキルアップにつながるものとして期待します。

(注)この度の訓練は成田市ケーブルテレビに放映されます。10/7日PM6:00

千葉県技術支援チームの参加防災士(敬省略、順不同)
松井正雄、中村利孝、青木信夫、飯岡孝、五味川文康、岩波信行、立田雅久、三浦美恵子、川崎隆克  * 御苦労さまでした・・!! 合掌

271004kawasaki1

271004kawasaki2

271004kawasaki3

271004kawasaki4

271004kawasaki5

271004kawasaki6

271004kawasaki7

平成27年度上半期、「防災減災草の根レポート」

梅木 直幸(和歌山県 防災士)

   子どもと楽しく学ぶ草の根活動

1 避難行動と防災講座
   対象者  園児と保育士 計30名
   内  容  ・ 「身の安全と避難行動」
          ・ 「飛散防止対策は、出来ていますか?」
   場  所  橋本さつき保育園 (橋本市さつき台)
   日時時間 5月25日(月) 15:30~16:40
        271002umeki1
       *手すりをもってゆっくりしっかり安全に

2 避難訓練と防災講座
    対象者  園児と保育士 計30名
    内  容  「避難誘導と実践防災」  
    場  所  橋本さつき保育園 (橋本市さつき台)
    日時時間 7月30日(木) 09:20~10:40
        271002umeki2
    *防災頭巾で身の安全を確保し園庭に避難
    *繰り返しの実地訓練を、不備な点を把握し即、活かしましょう。

3 防災訓練と防災講座
    対象者  園児・保育士・調理師・事務員  計32名
    内  容  ・ 「避難行動と実践防災」 
           ・ 「調理師・事務方さんの役割」
           ・ 「大型設備遊具等の転倒防止対策」 
    場  所  橋本さつき保育園 (橋本市さつき台)
    日時時間 8月28日(金) 10:30~11:30
         271002umeki3
     *回を重ねると、泣く子は居なくなり、口にタオルを充てる子もいるよ

4 職員防災研修
   対象者  ・ 橋本市立すみだこども園保育士
          ・ 橋本市応其こども園保育士
          ・ 九度山町こども保育所保育士 計60名
    内  容  「発災時、ホントに園児の命を守れるか」(実践防災)  
    場  所  すみだこども保育園ホール (橋本市隅田町)
    日時時間 9月16日(水) 18:00~19:00
          271002umeki4
      *保育士防災研修風景(仕事の後の勉強会)

5 防災訓練 
    対象者  園児と保育士 計35名
    内  容  ・ 「園児の安全と保育設備の転倒防止策」
           ・ 「保育士による避難誘導と実践防災」        
    場  所  橋本さつき保育園 (橋本市さつき台)
    日時時間 9月30日(水) 15:30~16:30
                           *年長組さんの避難よくなったね。
           271002umeki5 271002umeki6
      *机の下に伏せる園児たち、上手くなった。

6 橋本市立あやの台小学校(避難所)防災キャンプ体験学習 

学校防災サポーター

  ● 当地彩の台は、12年前に山を削り開発された新興住宅地、現在約800所
     帯の皆さんが居住されている小さなベットタウン。
    当校は、その一画に平成25年6月1日に開校しました。
     初代校長、佐藤昌吾先生は、学校行事を行うに当たり、常に地域との融合一
    体化に努め、その環境の中で子供たちを育てております。
     特に、大災害に於いては、地域の拠点避難所としての役割を学年別生徒たち
    にも良く認識させ、その備えを父兄と生徒・先生が力を合わせ必要な備品作成
    に努めています。非常に防災意識の高い学校です。
     私も生徒さんから学ぶこと多々あります。(強い絆が芽生えますね)

● 昨年は地域住民と学校とが連携して避難訓練と炊き出し訓練を実施。
   その後体育館(避難所)で防災についての講話を行いました。
   今年は、2日間に亘り、宿泊防災キャンプ体験学習を実施。
    
   目  標  「助け合い協力し合い共に学ぶ防災学習」  
   対象者  6年生55名と学校教諭20名
   内  容  ・ 段ボール箱を利用した宿泊体験
          ・ 空ペットボトルを再利用したシャワー体験(節水)
          ・ 自炊準備(校内で生産した野菜利用)体験
          ・ 自家製かまどでの夕食・朝食づくりと喫食
          ・ 起震車で震度7の地震体験学習
          ・ 防災キャンプ体験学習発表会   
   場  所  あやの台小学校体育館及びその周辺(橋本市あやの台)
   日時時間 9月18日(金)15:00~9月19日(土)08:00

● 素晴らしい活動例を皆さんに紹介します。

(1) ピザ・パン焼き窯・・・・・昨年完成
(2) 炊飯かまど・・・・・・・・・・・今年完成
      *生徒たちが長期間かけ作成しました傑作
      271002umeki7

(3) かまどベンチ・・・・・・・・・今年9月完成
      *普段は、ベンチ 災害時は、かまど(子供達頑張った。)
      271002umeki8 271002umeki9
          
(4) まきの集積・・・・・・・・・・・・昨年から蓄積
        271002umeki10
(5) 校内で田植えからおコメの収穫生産。(合鴨飼育)
(6) 野菜づくり(大根、カブ、イモ、ニンジン、玉ねぎ等)
(7) 校内配置避難所マップ・・・・今年9月作成
      *あやの台小学校生徒達の避難所案内マップ
      271002umeki11
      *事前に避難所内の使用可能な場所を定めておく
      *事前に1・2丁目自治会毎の避難所内班配置表
       271002umeki12

(8) 学校地区総合マップ(防災防犯交通安全)・・・・11月完成予定
    生徒・先生と一緒に地域を巡回します。
(9) 段ボールの集積(プライバシィーの確保と寝床に利用)


      *みんなで協力して災害について考えよう。
      *オリエンテーション     *段ボール箱での寝床造り開始
     271002umeki13 271002umeki14
       *ペットボトルの底に9か所穴を開け活用したシャワー(節水)
       271002umeki15 271002umeki16
       *夕食・朝食の準備(皆が造った野菜を使用)
       271002umeki17 271002umeki18
       *すいとん造りにも挑戦(夕食用)  *朝食準備
       271002umeki19 271002umeki20
                          (ジャガイモを新聞ALホイルで包む準備)

       *すいとん入りけんちん汁、上手く出来るかなー     
       271002umeki21 271002umeki22
       *みんなで分かち合い食事   *粗食にも不平なし!
       271002umeki23 271002umeki24
       *ピザ窯で校長先生が朝食のジャガイモをボイルしています。
       271002umeki25 271002umeki26
             *出来上がった朝食のジャガイモです。
       271002umeki27

7 地域防災訓練の指導と防災講座

    対象者  あやの台地域住民と小学生 計250名
    内  容  ・ 地震災害発生後の自主防災組織役員の初動対応
           ・ 人員掌握~避難所までの避難誘導(実体験学習) 
           ・ コミューニケーションの大切さ(絆)  
           ・ 防災クイズ(正しく知って身を守ろう)
    場  所  あやの台小学校体育館 (橋本市あやの台)
    日時時間  9月19日(土) 08:00~12:00

        *あやの台小学校避難所に集合 人員の掌握状況
         271002umeki28 271002umeki29

        *1・2丁目自治会毎避難所に配置(非常電源による点灯確認)
         271002umeki30 271002umeki31
プロフィール

membernews

Author:membernews
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR