東京地区青色申告会連合会青年部サマーセミナーでの講演

松井 正雄(東京都 防災士) 東京都支部

  日 時  平成28年8月19日(金) 15:30~17:00
  場 所  東京青色申告会館3階研究室(千代田区九段南4-8-36)
   
 本講演は、東京地区青色申告会連合会青年部サマーセミナーの参加者40名に、「都市防災について」と題して細目を①都市部における地震・津波の被害想定と対処法、②路上・ビル内や駅構内での危険回避方法、③自宅まで遠い場合の避難行動、④防災士会の沿革と活動、の4つのテーマーに分けてお話しさせていただきました。
 始めに、都市災害の種類と特徴を説明し、都市部における災害は地震と津波だけではないこと、身近な災害として人命や財産に大きな被害をもたらす風水害についても事前の備えと対策が必要であることを説明しました。
 「都市部における地震・津波の被害想定と対処法」については、中央防災会議が平成25年12月に最終報告した“首都直下地震の被害想定と対策について”を参考に震源地・人的被害・建物被害の状況を数字と分布図で解説しました。また地震の対処法については、命を守るための備えと命をつなぐための備えについて、津波の対処法については、自宅の中の高所の活用についてお話しさせてただ来ました。
 「路上・ビル内や駅構内での危険回避方法」では、それぞれの場所における危険個所・危険物を挙げて回避方法を説明し、特にエレベーター使用時に地震が発生した場合の対応をメカニズム的なことも含めて解説しました。
 「自宅まで遠い場合の避難行動」では、東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)後にアンケートされたデーターから、①普段と震災時の帰宅困難時にかかった時間の比較、②帰ろうとした一番の理由、③とどまった一番の理由、④帰宅困難時に困ったこと、⑤帰宅困難時の必須アイテム、などの項目を数値で示して解説し、災害時帰宅支援ステーションの利用方法等について説明しました。
 「防災士会の沿革と活動」からは、日本防災士会設立年月と特定非営利活動法人認証年月及び日本防災士会設立10周年記念式典開催年月の沿革を紹介。日本防災士会と防災士について説明。防災士の平常時と災害時の活動について説明し、東日本大震災での被災地支援活動と熊本地震での被災地支援活動の状況を写真で紹介させていただきました。
 質疑応答の時間では、時間切れになるほどの質問を頂き東京地区青色申告会連合会青年部様の防災に対する意識の高さを感じました。
 講演準備や連絡係を担当して頂きました。東京都支部の正谷絵美さん、千葉県北部支部の中村利孝さんのおふたりには急きょ専門分野での回答者をお引き受けいただき有難うございました。 

280819matsui1

280819matsui2
スポンサーサイト

夏休みボランティア体験室

川崎 隆克(千葉県 防災士)

千葉県防災士技術支援チームだより

報告者―防災士 川崎 隆克
日時 : 8月9日(火)午後1時30分~15時30分
会場 : 八街市中央公民館2階中会議室
参加人数  : 小・中・高生25名
指導防災士 : 鈴木不二美・川崎隆克

内 容
5年間、継続的に指導要請がございます。八街市社会福祉協議会が市内の小・中・高生を公募し申し込み者に下記ご指導を行うものです。

講演―「自助・共助・公助について」
1、 応急手当(三角巾・ストッキングなど)
2、 応急担架(ロープ・毛布など)
3、 ロープワーク(もやい・まきなど)
4、 ランタン作成

280809kawasaki1b

280809kawasaki2b

280809kawasaki3b

「2016・そ ら 博」3日間―延べ58名防災士参加

川崎 隆克(千葉県 防災士)
千葉県防災士技術支援チームだより
報告者 防災士川崎 隆克

「2016・そ ら 博」3日間―延べ58名防災士参加
8/5日(金)・6日(土)・7日(日)

主催 : 株式会社ウェザーニューズ
場所 : 幕張メッセ国際展示ホール5
来場者想定 : 20.000人
後援 : 千葉市・千葉市教育委員会・船橋市教育委員会・習志野市教育委員会
参加団体 : NPO日本防災士会千葉県技術支援チーム・千葉県防災普及公社
     他67団体
協力 : 千葉県北部支部・BCN・首都圏支部連絡協議会・東京都多摩プロック

○開催意義と理念について
夏休みの自由研究を通して、少しでも空や天気、気象に触れてもらうことで、理科に対して興味を持つきっかけになってもらう事を目的としたイベントです。
また、空や天気、気象に拘わることで、昨今急増している集中豪雨や台風、大雪、水害などの気象災害を少しでも減らすことを目指す「減災・防災」への関心を高めるために家族でコミュニケーションをとる一つの場づくりとして、そら博を開催します。

千葉県防災士技術支援チームは昨年から引き続き趣旨に賛同し参加しております。今回は3日間で延べ58名の防災士にご参加いただきました。
3日間で21.309人のご来場が有り、内防災士のブースでご来場・体験頂いた人数は下記をご参照してください
1、 応急手当・応急担架―1日のみ38名
2、 CPR・AED10台―3日間 183名
3、 ロープワーク―3日間 213名
4、 サバイバルテクニック(ランタン、空き缶炊飯・竹材工作等)―178名
5、 起震車体験―3日間1.688名

3日間2.300名の来場者が防災士コーナーで体験されました。延べ58名の防災士で対応しましたが参加頂いた各防災士のスキルがどの方一人をみても防災士としての技術を堅持され来場者1人一人に詳しく、丁寧に対応頂き来場者の中から賛辞と謝意が述べて頂く方も多く見受けられ、そら博の成功の一端を担いました。
防災士機構及び防災士会本部からパネルと冊子も増刷頂き又レジェンド高野甲子雄さんのご参加も成功の一助となりました。ご参加頂いた全ての防災士に感謝と敬意を申し上げます・・!!合掌

280805kawasaki1

280805kawasaki2

280805kawasaki3

280805kawasaki4

280805kawasaki5

八千代市 Y病院地震体験&防災講習

青木 信夫(千葉県 防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

平成28年7月27日(水)、千葉県八千代市においてY病院で防災イベントとして地震体験と防災講習を行いました。病院職員の方が対象ですが、当初30~40名の予想のところ91名の方に体験いただきました。また、地震体験後の防災講習では58名の参加をいただき、病院での防災について皆さん真剣に耳を傾けていました。

日時:平成28年7月27日(水) 15:00~18:00
場所:千葉県八千代市
主催:Y病院
名称:Y病院防災イベント
参加:地震体験91名、講習58名
内容:地震体験、防災講習

病院という特殊環境のため地震時にどうしたらよいのか、事前対策と事後対策に大きく分けて対策を考え、また有事の際の本部の設営、リーダーの指示に従うなどの講義が行われ、途中に○×クイズを含めながら皆さん楽しんで学ばれていました。

280727aoki1

280727aoki2

280727aoki3

280727aoki4
プロフィール

membernews

Author:membernews
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR