防災セミナー in とかち2017

横内 春三(北海道 防災士)

平成29年8月3日(木) 帯広市にての講演が確定し、準備作業中です。道庁、危機対策局の防災教育からの要請で、帯広市が開します。会場は350名収容施設、現在は空席もあり、当日受付も可能とのこと。
*詳細はチラシを参照ください。

290803yokouchi1
チラシはコチラからご覧ください

活動の記事はコチラからご覧ください
スポンサーサイト

「日曜さわやかトーク」~災害に備える~ に出演

hyougo251227-2

横山 恭子(兵庫県 防災士)


阪神淡路大震災から22年がたち、改めて防災・減災について考えるとともに、地域の防災リーダーの今後の活動について「災害に備える」をテーマとして放送された。

-記-
  【放送日】 平成29年6月18日(日) 
  【放送局】 サンテレビジョン
  【出演者】 室﨑 益輝(兵庫県立大学大学院減災復興政策研究科長)
       横山 恭子(NPO法人兵庫県防災士会理事)
       高曽根 里恵 広報専門員(司会進行)  ※敬称略
 
放送の内容は、以下の「ひょうごチャンネル」からご覧になれます。
     290618yokoyama1
「ひょうごチャンネル」 http://hyogoch.jp/movie.php?id=2233
(文責 横山恭子)
特定非営利活動法人兵庫県防災士会

地元自治会で防災指導行う

川崎 隆克(千葉県 防災士)
技術支援チームだより

(以下自治会の防災部長様が自治会員に配布された「消火器及び消火栓取扱訓練のご案内」より抜粋)
近年、各地で地震や火災等の災害が多発しておりますが、昨年11月に4丁目で発生した火災では住民の連携により消火、延焼防止活動を行い、栄町より表賞されました。
「竜角寺台自治会」では直下型地震・東京湾北部地震の被害想定に基づき「自主防災計画」が策定され、同時に新しい班体制がスタート、近隣の絆を深める目的で推進してきた「班会」も一年が経過し、今後は「自主防災計画」にそって班単位で行う防災訓練を軌道に乗せる段階に来てます。
この様な背景の中、26班柏木班長より消火訓練を行いたいとの申し出があり、防災スキルアップを図るべく「消火器、消火栓取扱訓練」を行う事と致しました。
栄町消防署と一丁目にお住まいの日本防災士会、防災士 川崎 隆克様にもご協力を頂き各種消火器の紹介と取扱説明も戴き、ご指導戴く事と致しました。

1、日時 平成29年7月9日(日)10:00~12:00
2、場所 竜角寺台4丁目40-1近くの消火栓(NO20)
     集合場所及び前原児童公園(消火器訓練)

290709kawasaki1 290709kawasaki2

290709kawasaki3 290709kawasaki4

290709kawasaki5 290709kawasaki6

訓練結果報告
自治会員40名の参加と栄町消防署から2名と水消火器20本持参、川崎からは粉末、炭酸ガス、強化液消火器、畜圧・加圧式の違い、中溶剤の種類等説明、屋外消火栓については3人操法で3本延長とし消火栓ボックスの説明と使用防法の指導を行いました。栄町防災訓練及び自治会防災訓練について必ず要請が掛かるようになりました。地元密着として活動する防災士として有り難いことです、合掌!!
プロフィール

membernews

Author:membernews
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR