「2017そら博」に防災士延べ50名参加し来場者に防災指導行う

川崎 隆克(千葉県 防災士)
技術支援チームだより

ウエザ―ニュース主催
   ―「2017そら博」に防災士延べ50名参加し来場者に防災指導行う―
開催理念
2017そら博に於いて空や天気、気象にかかわる事で、昨今急増している集中豪雨や台風、大雪、水害などの気象災害を少しでも減らす事を目指す「減災」への取り組みに家族でコミュニケーションをとる1つの場づくりとして「2017そら博」を開催させていただきます。(主催者企画書引用)
開催概要
名称 : そら博2017
主題 : 自由研究・ワークショップ
会期 : 2017年8月5日(土)~6日(日)2日間 10時~17時
会場 : 幕張メッセホール8
入場料: 大人1500円・中学生以下無料
来場見込み : 10.000人(実際来場数5.600人)

当該、そら博については、毎年防災士会に要請が有り、2014年から今回(2017年)で4回目となります。防災士の参加数も毎年増え、今回は5日24名、6日26名、延べ50名の参加者となります。(感謝・・!!)この、そら博を通じて防災士間のスキルアップとコミュニケーションアップに繋がり、「知識・技能・志気」を相互に楽しく学ぶ場づくりにもなっています。
今回の「防災士参加・活動のテーマ」として自助は勿論のこと「共助」に主眼おき来場者には大規模災害時には自分が助かる事と、家族間、近隣住民との助け合いが重要、ご指導も共助に特化した内容と致しました。
内 容(防災士ブースには来場者概算数1.200名)
1、「家庭に有る身近な資機材」で応急手当・応急担架・徒手搬送法
2、CPR・AED(8セット)
3、ロープワーク(4m×30本)
4、倒壊家屋から救助法(瓦礫場作成しダミー人形挿入救出・救助)
5、「12のサバイバルテクニック」冊子の中から作成展示(ランタン、ろ過器、簡易トイレ)
6、非常食・転倒防止の展示説明
7、起震車体験(乗車数、5日527名、6日653名、計1180名)

290805kawasaki1 290805kawasaki2

290805kawasaki3 290805kawasaki4

290805kawasaki5 290805kawasaki6
スポンサーサイト

ウェザーニューズ「2017・そら博」事前告知にTV出演

川崎 隆克(千葉県 防災士)
技術支援チームだより

平成29年8月5・6日二日間「そら博」が実施されます。防災士会として第一回から参加し今回で第四回目となります。
防災士が認知される絶好の機会として積極的に参加しています。
数多くある、参加団体の中から唯一防災士会だけが事前に実施内容を説明・告知する為にウェザーニューズTV番組に出演しました。

実施内容
1、「家庭に有る身近な資機材」で応急手当・応急担架
2、心肺蘇生・AED
3、ロ―プワーク
4、倒壊家屋からの救助法
5、「12のサバイバルテクニック」の中から展示・作成
6、非常食、転倒防止の展示説明
7、起震車の震度体験

昨年は主催者発表では「二万人の来場者」があり起震車、体験乗車だけで1300人、又防災士会ブースに来場者約1600人(起震車除く)が体験学習を行いました。防災士延べ40名が各指導に当りました。
今年は防災士の参加が、延べ50名参加意思を表明されてます。
結果は後日、ご報告致します。 報告の記事はコチラからご覧ください。



プロフィール

membernews

Author:membernews
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR