平成29年度成田市総合防災訓練参加要請について

川崎 隆克(千葉県 防災士)
千葉県防災士技術支援チームだより

毎年自主防リーダ訓練と標題の訓練参加要請が支援チームに有ります。
今回は成田市玉造地区自治会で行われ総勢360名の参加です。
参加団体
陸上自衛隊第一空挺団、成田市警察、成田市消防本部、NTT東日本等33団体が参加しての訓練です。
*内 容
1、行動訓練・2、避難所開設訓練・3、避難行動要支援者支援訓練・4、知識・技能訓練・5、ローティション訓練(心肺蘇生法、応急手当・搬送法、災害時生活支援訓練)・6、展示・体験コーナー・7、国民保護法講話、以上の訓練項目で実施されました。
防災士会は北部支部・技術支援チームのコラボで行い、ローティション訓練の「応急手当・応急担架法」3地区に別れ3回実施、谷防災士・竹内防災士が担当頂き、体験コーナーではCPR・AEDを中村支部長・高崎防災士・川崎防災士が来場者にご指導致しました。
*訓練目的
(1)防災意識の高揚と防災行動力の育成
(2)住民同士共助意識の醸成
(3)防災関係機関の連携、協力体制の確立
(4)強固な地区防災の確立
(5)住民と要支援者との行動周知
*実施日時
平成29年11月11日(土)8:30から12:30(雨天時屋内体育館)
*実施会場
(1)玉造地区(玉造中学校を避難所とする自治会)
(2)玉造中学校(体育館・グランド・防災倉庫)
*訓練想定
平成29年11月11日(土)午前8時30分、千葉県北西部を震原とする直下型地震発生、規簿模はMG6.9、成田市は震度6弱、市内は倒壊家屋、負傷者多数、ライフライン設備も甚大な被害を受け、市内は著しく混乱している。
*小泉成田市長も防災士会ブースに訪ねて頂き「防災士会にはいつもご参加頂き感謝申し上げます。」とご丁寧なお礼のお言葉を頂きました。
中村支部長・谷副支部長。竹内事務局長、高崎防災士、川崎、ご参加有難う御座いました。

291111kawasaki1

291111kawasaki2

291111kawasaki3
スポンサーサイト
プロフィール

membernews

Author:membernews
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR