FC2ブログ

台風21号に役立った「タイムライン」

岡本 成司(奈良県 防災士)

 私は奈良県生駒郡三郷町勢野地区の明治団地自治会、自主防災会の副会長を2年前から務めております。団地の南側が大和川の堤防に接した86世帯の小さな自治会です。
 平成26年に防災士として認証された以降、日本防災士会及び奈良県防災士会の防災研修には積極的に参加をしてスキルアップに努めています。
 本年7月23日に行われた奈良県防災士会主催の定例研修会「タイムライン(事前防災行動計画)の考え方による自主防災組織の災害対応」に参加させていただきました。災害対応のスケジュール表“タイムライン”の考え方、「いつ」「誰が」「何をするのか」を時系列で整理することの重要性をこの研修で学習して、後日明治団地防災会議において重要性を説明して理解を求め、各家庭に「自主防災組織の風水害対応(タイムライン)」を配布していただきました。今まで全く気に留めていなかった会長が行動を起こした瞬間でした。

 台風21号の影響で10月22日18:10に三郷町役場から、避難準備・高齢者等避難開始情報が発令されました。直ちに、自治会長、防災会長及び防災委員が手分けをして、このタイムラインに基づき、高齢者や一人住まいの会員に対し、直接及び電話による避難誘導を開始しました。
 20:19には避難勧告が発令されました。この時点で団地内の側溝の水位が急速に上がってきており、大和川の堤防から一番離れた5班の付近が膝下あたりまで水につかっていました。(土地が、大和川の堤防よりかなり低いため)
 そして21:34には避難指示が発令されました。
 この日、18:10から21:34までの自主防災会による会員に対する避難誘導の活動は自治会始まって以来の経験でしたが、予め防災会議でタイムラインを説明していたこともあって自治会役員も一丸となり、比較的落ち着いて行動する事ができたと思われます。

 テレビや新聞等の報道でご存じの通り、台風21号の大雨により三郷町では近鉄生駒線勢野北口駅―竜田川駅間で擁壁が崩落し、その上に立つ民家の土台がむき出しになり、崩れた土砂が線路をふさいだため列車が運行出来ない状況になる被害がでました。またJR三郷駅付近で大和川の水があふれ、53棟が床上、床下浸水するなどの被害が発生しました。当団地の台風21号による被害状況は床上、床上浸水が18棟でしたが、幸いにして人的被害はありませんでした。

 防災士として学んだことが地域の安全につながりました。これからも地元自治会と協力して地域における防災推進の担い手として積極的に取り組んでいきたいと考えております。

290723okamoto1
大和かわ堤防

290723okamoto2
我が家の被害

地域活動が地域の新聞に掲載

浅野 勇夫(北海道 防災士)

① 平成29年12月6日(水) 北海道新聞 日高地方版
② 平成29年12月7日(木) 日高報知新聞

291206asano1

291206asano2

朝倉とともに 第15号を発行

天野 時生(福岡県 防災士)

朝倉災害支援活動報告として第15号を送ります。
志波柿の収穫作業が12月3日に行われました。
暖かな小春日和の中での作業となり、とても気持ちの良い一日でした。
一方で道路の破損や土砂の影響で収穫できない農家もあり、複雑な思いでした。
今後も我々は柿の収穫後も柿農園を支援させていただきます。
今後も朝倉の情報を報告いたします。

291203amano1
朝倉とともにはコチラからご覧ください

12/10(日) 高洲三丁目住宅防災訓練支援(千葉県千葉市)

青木信夫(千葉県防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

平成29年12月10日(日)、千葉県千葉市美浜区、高洲三丁目管理組合において防災訓練が行われ、BCNは救命講習と地震体験を担当しました。当地の支援は今回で3回目になりますが、毎年多くの方々が参加され賑わいのある管理組合です。午前10時に千葉県防災士会の講師から講話が行われ、11時からBCNの櫻木谷防災士をメイン講師に救命講習が行われました。
救命講習は4体のマネキン+4台のAED訓練機を用いて救命の一連の流れを勉強いただきました。応急手当指導員として日頃活躍している櫻木谷防災士の解説は大変分かりやすく好評で、救命の流れパンフもほぼすべての参加者が持ち帰るほどでした。
同時に地震体験車もスタンバイし、救命講習の合間または講習が終わってから体験いただきましたが、地震の質問も多く出るなど関心の高さがうかがえました。

日時:平成29年12月10日(日) 10:00-12:00
場所:高洲三丁目住宅(マンション)
参加:約80名
内容:講話、地震体験、救命講習

291210aoki1

291210aoki2

291210aoki3

291210aoki4

12/7(木) 株式会社アルバック防災訓練(千葉県富里市)

青木信夫(千葉県防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

平成29年12月7日(木)、千葉県富里市、株式会社アルバック富里事業所において防災訓練が行われ、BCNは地震体験を担当しました。10月には富士裾野事業所において行いましたが、今回は2回目となる富里事業所です。
避難訓練での点呼や報告などが行われた後、富里市消防本部から講評があり、その後は防災体験として地震体験と消防署による煙体験です。
私どもは起震車で地震体験を担当し、基本的に東北地方太平洋沖地震の波形再現75秒バージョンで皆さんに体験いただきましたが、熊本地震、兵庫県南部地震、新潟県中越地震などの各地震動について希望により行いましたが、なかでも2004年の新潟県中越地震の瞬間的な揺れの大きさに驚きを隠せない状態でした。
工場内でこのような地震が起きたら、家にいるときに起きたらなど、いろいろ考えていただくきっかけになったのではないかと思います。株式会社アルバック様の防災訓練は、今後千葉県山武事業所でも訓練支援を行う予定です。

日時:平成29年12月7日(木) 11:00-14:30
場所:株式会社アルバック富里事業所
参加:76名
内容:地震体験

291207aoki1

291207aoki2

朝倉と ともに 第14号を発行

天野 時生(福岡県 防災士)

 朝倉災害支援活動報告として第14号を発行しました。
志波柿の販売について12月の埼玉、東京の販売イベントは好評だったようです。
柿の収穫後は来年へ向けての手入れ等が行われます。
今後も朝倉の情報を報告いたします。

291125amano1
朝倉と ともにはコチラからご覧ください

地元栄町竜角寺台自治会よりDIGの要請

川崎 隆克(千葉県 防災士)
千葉県防災士技術支援チームだより

日 時:平成27年12月3日(日)10:00~12:00
場 所:竜角寺台コミニュティ―ホール
参加者:竜角寺台自治会班長20名
指導者:川崎隆克
F T :中村利孝、高崎勝利(敬省略)

 栄町竜角寺台は1.500世帯、約3.500人のマンモス団地です。分譲で売り出し30年が経過、さほど自然災害の被害も無く、たまに15年に1回程度の火災が有ります。
屋外消火栓が24基設置、しかしホース50㎜×5本×20m=100メートル、届かない未警戒区域が有り、現在、どの様にカバーするのか防災部で検討中、その一環で班長さんに意識を持って頂き火災が発生した時、班長さんが先頭に消火活動を行って頂きたとのことでDIGの要請を頂いたものです。

想定―冬の午後6時、北の風、風力15m、千葉県北東部に震度6弱直下型地震発生(竜角寺台震度6弱)

1、 自治会の対応又自治会に要望する事
2、 消火栓未警戒区域に火災発生→栄町消防署は別の火災に出動中(栄町消防は同一火災に1件しか対応できない)
3、 住民の避難誘導はどのように?
4、 倒壊家屋5棟、脱出不能者1名
5、 怪我人重傷者1名、大腿部骨折の疑い1名軽傷者数名
6、 ライフライン2日間停止
7、 町は避難所開設
*班長としてできる事、平時と災害時の対策1つポストイットに記入し班員の意見を模造紙にまとめ記入し発表して頂く事に致しました。
中村・高崎両防災士も遠路駆けつけて頂き手際良いフォローをいつもながら実施頂き感謝有るのみ合掌、有難うございました。

要請文はコチラからご覧ください。

291203kawasaki1

291203kawasaki2

291203kawasaki3

291203kawasaki4

291203kawasaki6 291203kawasaki7
広報さかえ掲載記事
291203kawasaki8


プロフィール

membernews

Author:membernews
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR