FC2ブログ

地元、竜角寺台自治会より要請「救急救命講習」実施

川崎 隆克(千葉県 防災士)
千葉県技術支援チームだより

 貼付の「救急救命(心肺蘇生とAED)と身近な資機材で応急手当法を学ぶ」の案内書を基に、自治会員に回覧し募集をしたところ40名の参加があり、急遽、ダミー人形、AEDセットを10台揃え、防災士10名に指導ご依頼、初めての救命講習でしたが参加の皆様は精力的に熱心に修得頂きました。参加した皆様は口をそろえ参考になり有意義でした。参加会員より、多くの感謝のお言葉が有り、やりがいの有る講習でした。谷防災士には応急手当法のご指導をご担当頂きました。(貼付参照)

○ 指導防災士(敬省略、順不動)
中村誠、谷正美、小椋養一、高崎勝利、早川鋭、岡田和也、大村健二、浅沼みやこ、越川伸彦、川崎隆克 計10名 遠路、有難うございした。感謝、合掌!

案内書はコチラからご覧ください

300311kawasaki2
訓練状況資料はコチラからご覧ください

3/9(金) BCNスキルアップ研修会

青木信夫(千葉県防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

平成30年3月9日(金)、千葉県船橋市、船橋市中央公民館においてBCNスキルアップ研修会が行われました。第8回目となる今回のテーマは「備蓄・非常持出品・防災グッズ」およびクロスロードです。前半のグッズ類では、様々な防災用品がばらばらに並べられ、「家の中で使う物、備蓄する物、常時携帯する物、非常持出袋に入れる物」の4つに分類する作業を行い、何に使うのか、目的は何か、など多角的に検証しました。ペーパーショーツやレスキューミラー、超軽量傘、ファイヤースターターなど普段見かけないものもあり、参加者全員で分類作業を行いました。
後半はクロスロードを8問行い、座布団の代わりに小チョコ、大チョコを用いて全体の流れ、講習の際の注意点などが話し合われました。

日時:平成30年3月9日(金) 18:30-20:30
場所:船橋市中央公民館6,7集会室
参加:13名
内容:防災グッズ、クロスロード

300309aoki1

300309aoki2

300309aoki3
プロフィール

membernews

Author:membernews
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR