FC2ブログ

7/9(火)若松小、中学校家庭教育セミナー(千葉県船橋市)

青木 信夫(千葉県 防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

令和元年7年9日(火)、千葉県船橋市、船橋市立若松小学校・中学校、浜町公民館の共催による「若松小、中学校家庭教育セミナー」が行われ、BCNが講師を務めました。
「生命を守るためのロープワークと救命(AED)講習」と題して、救命講習90分、ロープワーク30分を行いました。
毎年参加させていただいていますが、昨年から2会場(視聴覚室とプレイルーム)の同時進行で、視聴覚室では救命講習を白川防災士、ロープワークを青木防災士が担当し、プレイルームでは救命講習を榎本防災士、ロープワークを松井防災士が担当しました。講師が異なるため全くの同一の講習内容ではありませんが、それぞれ工夫を凝らして講習に当たり、主にPTAの参加者は熱心に説明を聞き、身体を動かしました。救命講習では4人に1体のマネキンと1台の訓練用AEDが割り当てられ、全員が体験できるようにしています。今回が初めてという方も多くいました。ロープワークでは主に「本結び」「巻結び」「もやい結び」を行っていただきましたが、器用な方が多くすぐに習得していました。
PTAの方々は毎年変わるため、救命講習を中心に毎年支援させていただいていますが、いざという時に役立てていただきたいと思います。

日程:令和元年7月9日(火)
場所:船橋市立若松小学校
対象:PTA約60名
講師:白川恵防災士、青木信夫防災士、榎本和幸防災士、松井正雄防災士
スタッフ:5名
内容:救命講習、ロープワーク

190709aoki1

190709aoki2

190709aoki3

190709aoki4

7/8(月)船橋市立宮本小学校防災マップアドバイス(千葉県船橋市)

青木 信夫(千葉県 防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

令和元年7年8日(月)、千葉県船橋市、船橋市立宮本小学校において防災学習が行われ、BCNは防災マップ作りをアドバイスしました。新たに今年度から5年生を対象とした防災学習を支援させていただいていますが、今回は子どもたちが登下校時に「危険なもの、危険な場所」「安全なもの、安全な場所」について各自チェックし落とし込んでもらった地図を対象に、そのマップへの落とし込みの注意点をお話ししながら、共通の場所や抜け落ちを確認する作業を行っていただきました。
子ども達の視点は的を得たものが多く、普段何気なく通っていた道は実は危険なものがあったり、安全に避難できるところがあったり、見方がずいぶん変わったようです。この作業を通して得られるものは大きく、まさに視点を変えて見ることができたと思います。
最終的には各自のマップを持ち寄り、大きな防災マップ(A0判の4倍)に書き入れてクラスごとの防災マップを作りますが、子ども達は大きなマップに興味津々で早く作成したいそうだと担当の先生に伺いました。私どもも大変楽しみです。巨大防災マップはこの夏にも完成する予定とのことです。

日程:令和元年7月8日(月)
場所:船橋市立宮本小学校
対象:小学5年生全員
スタッフ:5名
内容:防災マップ作りアドバイス

190708aoki1 

190708aoki2 

190708aoki3



190708aoki4

7/7(日)小田原青年会議所防災フェスティバル(神奈川県小田原市)

青木 信夫(千葉県 防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

令和元年7年7日(日)、神奈川県小田原市、小田原青年会議所主催による防災フェスティバルがフレスポ小田原シティーモールで行われ、BCNは地震体験を担当しました。
非常食試食、防災無線体験、スタンプラリー、防災グッズの展示、VR体験、地震体験、自衛隊車両、消防車両など、盛りだくさんのイベントで、大型ショッピングモールということもありたくさんの方々がイベントに参加していました。
私どもは地震体験のみですが、10:00-15:00の間休む間もなく約500人の方々に体験いただきました。子ども連れの家族が多く「これを機に家具転倒防止を見直します」とおっしゃっていた方もいて、アトラクションになってしまいがちな子どもたちも家族と一緒に防災を考えるきっかけになったのではないかと思います。
この防災フェスティバルに併せる形で「災害時相互協力協定調印式」が行われ、小田原市長も参加されることから、地震体験も行っていただきました。
フェスティバルの形で気軽に参加でき、子どもも喜び大人もためになる大変意義のあるイベントだと思いました。各所で行われることを期待します。

日程:令和元年7月7日(日)
場所:フレスポ小田原シティーモール
対象:一般 (起震車約500名)
スタッフ:3名
内容:地震体験

190707aoki1

190707aoki2

190707aoki3

190707aoki4

7/6(土)東京テラス世田谷防災訓練(東京都世田谷区)

青木 信夫(千葉県 防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

令和元年7年6日(土)、東京都世田谷区、東京テラス世田谷において防災訓練が行われ、BCNが支援しました。避難訓練、地震体験、煙体験、避難梯子体験、消火器訓練、AEDの訓練で、私どもは地震体験と煙体験を担当しました。
当マンションは都心の中でも大規模であり、戸数も1,000戸を超えるマンションです。訓練参加者も大多数で正確には把握していませんが400-500名の方が参加されていました。避難訓練で避難して集合場所に集まっても避難者が多すぎてマイクが届かないくらいで活気があふれています。訓練も全体を5ブロックに分けてローテーションで行いますが、1ブロックで80人以上と大移動です。誘導役の方がいなかったらスムースな流れはできなかったかもしれません。
地震体験では時間的に全員が体験できないため代表者(約150名)のみに体験いただきましたが、新潟県中越地震の強烈な縦揺れに皆さん驚いていました。煙体験は15分で100名近く体験できることからほぼ全員に体験いただきましたが、充満する煙の中、何も見えない状況でできるだけ姿勢を低くして壁伝いに進むことで出口を見つけます。ほんの少し先も見えず、方向感覚が失われる様を体験いただきました。
大規模マンションでの防災訓練でしたが、統制が取れていて参加者も多く、皆さんが災害に対して真摯に向き合っている様子が見て取れました。大災害時にも組織的な動きでできるマンションだと思いました。

日程:令和元年7月6日(土)
場所:東京テラス世田谷
対象:マンション住民約400名
スタッフ:2名
内容:地震体験、煙体験 

190706aoki1

190706aoki2.

190706aoki3

190706aoki4
プロフィール

membernews

Author:membernews
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR