FC2ブログ

8/4(日)青梅青年会議所親子サバイバル防災体験(東京都青梅市)

青木 信夫(千葉県防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

令和元年8月4日(日)、東京都青梅市、河辺小学校において青梅青年会議所が主催する親子サバイバル防災体験が行われ、BCN、青梅消防署が支援しました。
募集間もなく定員60名に達してしまったとのことで、キャンセル待ちになっている方も多く人気のイベントです。
10:00-16:00の長いイベントですが内容は盛りだくさんで、救命AED体験、新聞スリッパ作製、ろ過装置作製、火災旋風実験、火起こし体験、防災VR車(消防署)、はしご車(消防署)、煙ハウス体験、消火器体験、レジ袋消火体験、ロープワーク、防災○×クイズと、体験型訓練の目白押しです。VR車とはしご車以外はBCNが担当していますので、我々は青年会議所のスタッフともども大忙しでした。
それぞれの体験は子ども達を考慮して約30分程度とし集中力を切らさないように工夫しましたが、この日の気温は35度と猛暑であるため、頻繁に休憩・水分補給を取り熱中症に配慮しています。
BCNで初めての訓練はろ過装置の作製で、今回6本を作っていただきましたが、コーラはほぼ透き通った水に、オレンジジュースはあまりろ過できず、コーヒーは苦みが残ったなど、勉強になりました。
体験型の防災イベントは楽しく行うことができ、大人も子ども積極的に参加でき、身体を動かし考えて行動することの大切さを学んでいただけたように思います。
準備が大変でしたがとてもやりがいのある防災イベントでした。

日程:令和元年8月4日(日)
場所:青梅市立河辺小学校
対象:一般約60名(スタッフ込み約100名)
スタッフ:7名
内容:
・救命AED体験・新聞スリッパ作製・ろ過装置作製・火災旋風実験
・火起こし体験・煙ハウス体験・消火器体験・レジ袋消火体験
・ロープワーク・防災○×クイズ
 
190804aoki1 190804aoki2

190804aoki3 190804aoki4

190804aoki5 190804aoki6

那珂川市防災講演会開催

天野 時生(福岡県防災士)

令和元年7月28日(日)14時から福岡県那珂川市のミリカローデン那珂川文化ホールにて那珂川市防災講演会が開催され、市民約200人が集まり、風水害時における避難行動について学びました。
この防災講演会は、10年前に発生し、被災した平成21年中国・九州北部豪雨について、あの時の災害を思い起こし、忘れずに今後の防災に生かしていけるよう開催されたものです。
「平成21年7月水害から10年の被災写真展」と題して、7月28日の防災講演会を中心として、7月23日(火)から8月13日(火)まで被災写真展を行い、多くの方に来場いただいているところです。
私は防災士として、防災講演会で事例紹介「~みんなで生き抜こう~平成21年を振り返って」と題して、その時の状況を手記を通して説明いたしました。また、基調講演を挟み、パネルディスカッションでパネリストとして参加し、早期避難について防災士の視点からお話しをさせていただきました。
前週には、台風5号の動きに伴う大雨が九州地方を襲い、当市も避難準備・高齢者等避難開始情報(レベル3)が発令されたため市民の関心も高まり、市を挙げて防災に取り組んでいるところです。
私も防災士として命を守る防災の取組みに尽力していきます。

190728amano1
写真資料(pdf)はコチラからご覧ください
プロフィール

membernews

Author:membernews
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR