FC2ブログ

11/17(日)船形中自治会防災訓練(千葉県野田市)

 青木 信夫(千葉県防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

令和元年11月17日(日)、千葉県野田市、船形中央会館において船形中自治会自主防災会防災訓練が行われ、BCNは地震体験と煙体験を担当しました。
総勢130名ほどの参加者があり、自主防災会の担当班ごとに登り旗が掲げられ圧巻です。訓練内容は救命講習、災害DVD鑑賞、地震体験・煙体験です。地震体験では東北地方太平洋沖地震に加え、希望者には新潟県中越地震や兵庫県南部地震、熊本地震も体験いただきました。BCNで家具転倒防止器具効果の資料を作成したことから、体験いただいた方々に配布し、家具転倒防止の重要性を認識していただきました。
煙体験では「何も見えない」「中で迷った」「これは体験したほうがいい」との声が聞かれ、煙の怖さ、煙を吸わないで動く難しさ、出口をどのようにして見つけるかなど、体験の効果を発揮したように感じます。参加者の中には実際に火災現場に居合わせ、大変な思いをされた方のお話も聞きましたが、皆さん真剣に体験されていて、貴重な体験だと評していただきました。
訓練の最後には豚汁が振舞われましたが、この地区はお店を持つプロの方がいて、私たちもいただきましたがさすがプロの味でした。

日程:令和元年11月17日(日)
場所:船形中央会館
対象:自治会員約130名
スタッフ:5名
内容:地震体験、煙体験

191117aoki1

191117aoki2

191117aoki3

191117aoki4

11/16(土)清水口小学校区支部防災訓練(千葉県白井市)

青木 信夫(千葉県防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

令和元年11月16日(土)、千葉県白井市、西白井複合センターにおいて13の自治会で構成される清水口小学校区支部防災講演講習会が行われ、BCNが支援しました。
内容は講演、救命講習、家具転倒防止・トイレ法、地震体験・煙体験です。
講演は全員参加で、講師は青木信夫防災士が担当しました。「想定地震とその対策」と題して45分間の講話ですが、昨今の台風災害に関すること、想定地震、マンションでの対策、清水口地区の約120年前からの土地の変遷、○×クイズなどの内容です。
次は3班に分かれて約30分の3ローテーションで各ブースを回ります。救命講習では胸骨圧迫、AEDの使い方の基本的な流れをマネキン、訓練用AEDで行いました。
家具転倒防止策では各器具の効果の大小、使用上の注意点、また水を使わないトイレ法では講習後すぐに買いに行くという方がたくさんいました。地震体験は東北地方太平洋沖地震50秒バージョンと新潟県中越地震を体験いただき、煙ハウスも体験していただきました。
今回で3回目の支援になりますが、白井市は台風時も被害は軽微でこれまで大きな災害が発生していませんが、参加された方々は大変真剣に、特に地震災害について準備を怠らないようにしようとする心構えを強く感じました。

日程:令和元年11月16日(土)
場所:西白井複合センター
対象:清水口小学校区支部員約80名
スタッフ:5名
内容:講演、救命講習、家具転倒防止・トイレ法、地震体験・煙体験 

191116aoki1

191116aoki2

191116aoki3

191116aoki4

191116aoki5
プロフィール

membernews

Author:membernews
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
カテゴリ(活動)

啓発 訓練 講演 指導 教育 イベント コミュニティー 現地活動 研修 HUG DIG 勉強会 地区防災計画 地震体験 避難所 被災地支援 DIG 

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR