FC2ブログ

「はりま福祉サービス従事者研修2019」で講義

寺岡 芳孝(兵庫県防災士)

 姫路市にある「NPO法人はりま総合福祉評価センター(理事長田中洋三氏)」では、施設におけるリスクマネジメント対策として、姫路市周辺地域の社会福祉施設の管理者を対象にした研修会が開催されました。
 講師の依頼を受けて、寺岡芳孝防災士(NPO法人兵庫県防災士会顧問)が「社会福祉施設の災害対策」をテーマとした講義を行いました。

020218teraoka1
資料(pdf)はコチラからご覧ください

2/22(土)「親子で防災DAYキャンプ2020」(神奈川県秦野市)

青木 信夫(千葉県防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

令和2年2月22日(土)、神奈川県秦野市、秦野市立南が丘中学校において秦野市および秦野災害ボランティアネットワーク共催による「親子で防災DAYキャンプ2020」が開催され、BCNは地震体験を担当しました。
参加者は親子約80名、市の防災課や秦野災害ボランティアネットワークの方々、なでしこ防災ネットの方々が様々な催しと訓練を用意し、親子で防災を学んでいただこうというイベントです。
手作り防災グッズ製作、避難所スペース設営体験、ダンボールベット組立体験、防災備蓄倉庫見学、資機材搬送体験、災害用トイレ設置体験、煙体験、水消火器体験、地震体験と、盛りだくさんの内容です。約4時間かけて行われますが、楽しく学べるイベントに子ども達も保護者も大いに盛り上がっていました。最後まで訓練に参加した子ども達には認定証が授与され大変有意義なイベントでした。
BCNは地震体験のみでしたが、メインの体験という位置付けであることから、地震体験の目的や注意事項など少し詳しく説明させていただきました。
また、新型ウイルスの影響が懸念されていることから、今回から地震体験においても事前にアルコール消毒することを体験の条件としています。

日程:令和2年2月22日(土)
場所:秦野市立南が丘中学校
対象:親子約80名
スタッフ:2名
内容:BCNは地震体験

020222aoki1 
 
020222aoki2 

020222aoki3

020222aoki4

2/21(金)実籾小学校5年生DIG(千葉県習志野市)

青木 信夫(千葉県防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

令和2年2月21日(金)、千葉県習志野市、習志野市立実籾小学校において5年生を対象としたDIGが行われ、BCNが講師を務めました。
5年生は既に様々な防災学習を行っていますが、5年生として集大成のDIGです。
講師は松井正雄防災士。実籾地域の詳細な防災マップは既に作成済みであることから、今回は第二段階のDIGとして仮想地域でどのように人を救うのかを学びました。5年生とは言え、多くの防災学習を行っていることからほぼ大人と同じ方式で行っています。子ども達は災害から危険を察知し、どうしたら効率よく人を救うことができるのか、そのまなざしは真剣そのものです。結果にはばらつきがみられたものの、どうしてそう決めたのか、どのような視点でどのような観点か
らそうしたのか、きちんと話し合い導き出されたものです。
小学生の時からこのような学習を進めている実籾小学校は、全国でも類を見ない素晴らしい防災学習を行っており、モデルケースとして、また防災学習を各学校に広めていく上で貴重な学校であると考えます。

日程:令和2年2月21日(金)
場所:実籾小学校
対象:5年生
講師:松井正雄防災士
スタッフ:5名
内容:DIG 

020221aoki1

020221aoki2

020221aoki3

020221aoki4
プロフィール

membernews

Author:membernews
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
カテゴリ(活動)

啓発 訓練 講演 指導 教育 イベント 現地活動 コミュニティー 研修 HUG DIG 勉強会 地区防災計画 地震体験 被災地支援 避難所 DIG 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR