FC2ブログ

防災士としての活動が西日本新聞朝刊に掲載 (2020年3月11日(水))

天野 時生(福岡県防災士)

3月11日(水)西日本新聞朝刊に私の防災士としての活動が掲載されましたので報告します。
東日本大震災発生・東京電力福島第一原子力発電所事故から9年を迎えました。
私は、2011年6月に災害支援ボランティアとして宮城県多賀城市、岩手県陸前高田市で活動させていただいてから毎年、東日本に行き、2015年からは居住地域の南畑幼稚園と「想いを届けるプロジェクト」を始め、東日本大震災の状況を伝えながら幼稚園児のメッセージや支援物資を直接、交流していた宮城県登米市の米谷幼稚園へ届けてきました。
昨年からは岩手県遠野市の災害支援ボランティアセンターに届け、活動を継続しています。
本年も3月8日~12日まで東日本へ行かせていただく予定でしたが、昨今の新型コロナウイルスの影響で予定変更(5月頃)をせざるを得ませんでした。また、3月2日幼稚園で開催予定の東日本大震災での報告会も中止となりましたが、しかし、3月3日、西日本新聞社がこのプロジェクトを取材され、11日に記事が掲載されたものです。
6日には、幼稚園からメッセージと支援物資を預かっていますので、5月頃には東日本に届けていきたいと考えています。
これからも東日本大震災の教訓や状況を伝えながら、多くの方の想いを届けていくつもりです。

020311amano1
掲載記事は写真をクリックしてご覧ください
プロフィール

membernews

Author:membernews
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
カテゴリ(活動)

啓発 訓練 講演 指導 教育 イベント 現地活動 コミュニティー 研修 HUG DIG 勉強会 地区防災計画 地震体験 被災地支援 避難所 DIG 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR