FC2ブログ

12/25(金)株式会社フジシールつくば工場防災訓練(茨城県稲敷郡阿見町)

青木 信夫(千葉県防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

令和2年12年25日(金)、千葉県稲敷郡阿見町、株式会社フジシールつくば工場において防災訓練が行われ、BCNが支援しました。
冬晴れの天候の良い中、避難訓練、地震体験、煙体験が行われました。参加者は約250名です。
敷地が広いため避難訓練では時間がかかりましたが無事点呼が終わり、工場長による挨拶の後、部署別に時間を区切って地震体験、煙体験が行われました。地震の多い茨城県ですが、地震体験ではこの揺れが来てしまったらどうなってしまうのかといった声も聞かれ、今一度工場内の点検が必要との認識を持った方もいました。煙体験では煙で前が見えない中でどのようにして出口を探すかというシミュレーションで行っていただきましたが「本当に何も見えない」という声が連呼されていました。
コロナ禍の中での訓練ですが、来るであろう災害を再認識いただけた訓練になったと思います。


日程:令和2年12月25日(金)
場所:株式会社フジシールつくば工場
対象:約250名
スタッフ:4名
内容:地震体験、煙体験 

021225aoki1

021225aoki2

021225aoki3

021225aoki4

活動報告送付

有賀 元栄(長野県防災士)

活動事例報告いたします。

021224aruga1
資料(pdf)はコチラからご覧ください

12/21(月)実籾小学校6年生がけ崩れ探検5年生手当搬送(千葉県習志野市)

青木 信夫(千葉県防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

令和2年12月21日(月)、千葉県習志野市、習志野市立実籾小学校において午前中は6年生を対象としたがけ崩れまち歩き探検、午後は5年生を対象とした応急手当、搬送法を行い、BCNがアドバイザー、講師を務めました。
午前中の6年生は以前に行った地域防災マップのブラッシュアップとしてがけ崩れ探検を行い、昨年の台風時に実際にがけ崩れが起こった場所を確認しながら危険な個所の洗い出しを行いました。午後は5年生に応急手当として直接圧迫止血法、ラップ療法、異物除去、搬送法は毛布搬送や毛布と竿を使った応急担架、担架競争を行いました。子ども達は元気いっぱいで楽しみながらそれぞれのメニューをこなし、これまでの学習とともに防災力を着実に上げています。

日程:令和2年12月21日(月)
場所:実籾小学校
対象:6年生、5年生
スタッフ:7名
内容:6年生がけ崩れまち歩き探検、5年生応急手当・搬送法

021221aoki1
 
021221aoki2  

021221aoki3

021221aoki4

国土交通大臣から気象防災アドバイザーに委嘱

矢野 良明(千葉県防災士)

 気象防災アドバイザーは、地方公共団体の防災の現場で即戦力となる気象防災の専門家を育成することを目的として制度化されたもので、地方公共団体の防災の現場で防災気象情報の解説を行ったり、地方公共団体の防災担当者向けの防災気象情報の普及啓発の取り組みを行うこと等が主な役割とされています。
 12月17日、今回委嘱された29名のうち5名が気象庁新庁舎に参集し、矢野防災士が代表して赤羽一嘉国土交通大臣から委嘱状を受理しました。

021217yano1
赤羽大臣からの委嘱状を手にする矢野良明防災士(日本防災士機構にて)

活動事例報告

有賀 元栄(長野県防災士)

活動事例報告いたします。

021217aruga1
資料(pdf)はコチラからご覧ください

朝倉とともに第39号を発行(防災士 朝倉災害支援ボランティア活動センター)

天野 時生(福岡県防災士)

 朝倉とともに第39号を発行しました。
防災士 朝倉災害支援ボランティア活動センターでは、11月22日に朝倉志波富有柿収穫ボランティアを行いました。
令和2年はコロナ禍で災害支援活動もままならぬ状況で、7月の熊本南部豪雨、9月の台風等大きな被害が重なる中、地元での制限された活動しかできないもどかしさを感じながらの活動でした。
それでも少しでも被災地のお役に立てる活動ができたことは喜びでした。
今後も自らのスキルアップを図るとともに「命を守る」地域の防災・減災活動を行っていきたいと困難な状況の中にあっても強く感じています。
朝倉の状況等随時報告いたします。

021122amano1
朝倉とともに(pdf)はコチラからご覧ください

12/9(水)かたかいこども園親子防災学習(千葉県山武郡九十九里町)

 青木 信夫(千葉県防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

令和2年12年9日(水)、千葉県山武郡九十九里町、町立かたかいこども園において親子防災学習が行われ、BCNが支援しました。
対象は4歳、5歳の園児と保護者、約100名です。地震体験、煙ハウス体験、○×クイズを行いました。降水確率10%と雨の心配はまずないと思っていたところ、実施中のほとんどは小雨が降り続き対応に追われましたが、皆さん無事に体験いただきました。
地震体験は親子で体験するということもあり、容赦しない新潟県中越地震の最大震度7を体験いただきました。もう一回と叫ぶ子もいれば泣いてしまう子もいて、捉え方は様々ですが、帰ってから家族で地震や話をするきっかけになると思います。煙体験では親子で手をつなぎながら前が全く見えない中を進みましたが、保護者の声は地震体験より煙体験のほうが見た目とのギャップがあったようで、こんなになるとは思わなかったという声が聞かれました。
○×クイズは園児5問、保護者3問を行い、特に園児達は大盛り上がりで楽しく防災を学びました。

日程:令和2年12月9日(水)
場所:かたかいこども園
対象:約100名
スタッフ:4名
内容:地震体験、煙体験、○×クイズ

021209aoki1

021209aoki2

021209aoki3

021209aoki4

12/1(火)実籾小学校6年生アルミ缶炊き出し体験(千葉県習志野市)

青木 信夫(千葉県防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

令和2年12月1日(火)、千葉県習志野市、習志野市立実籾小学校において6年1組を対象とした炊き出し体験が行われ、BCNがアドバイザーとして参加しました。
10月にも炊き出し体験がありましたが、1校時しか時間が取れず、思うように炊き上げることができなかったことから、子ども達からぜひリベンジしたいという要望があり今回の実施になりました。
アルミ缶2本を使い下の缶は火起こし、上の缶にお米と水を入れ、火を絶やさないようにして炊くというサバイバル体験ですが、子ども達は事前にいろいろ調べて缶の開け方や燃やす物を工夫したり、準備万端で臨みました。
天気も良く風もあまりない絶好の天候の中スタートしましたが、途中で火が消えてしまったり、缶が変形してしまったりハプニング続出の中、なんとか全員炊き上げることができました。心配していたケガや火傷もなく、全員がリベンジ成功となり達成感があったのではないかと思います。アルファ化米やハイゼックスとはまた違ったご飯の作り方は、火の取り扱いと相まって、とても良い学習になったと思います。

日程:令和2年12月1日(火)
場所:実籾小学校
対象:6年1組
スタッフ:5名
内容:アルミ缶炊き出し体験
 
021201aoki1

021201aoki2

021201aoki3

021201aoki4