大阪奈良徒歩帰宅支援ハイクに参加して

平井 紳二(奈良県 防災士)

 大阪で連日35℃以上の猛暑が続いた平成28年7月6日、大阪奈良徒歩帰宅支援ネットワーク主催の徒歩帰宅支援第二回ハイクに防災士として参加いたしました。
 第一回からちょうど6年経っておりました。平成23年1月大阪府建築士会様のフォーラム(大阪市。日本防災士会奈良県支部後援)の帰宅困難者対策ワークショップで「徒歩帰宅支援マップ」の必要性について報告する準備の為、平成22年7月に参加したのが一回目です。
 大阪府の上町断層帯でM7.8の地震が起こると142万人の帰宅困難者が出ると予想され、大阪府、各自治体やビル管理者で対策・訓練をしておられます。
 奈良県民の3人に1人は大阪府に電車・車で通勤通学しており、私もその一人です。
 前回はJR大阪駅(大阪市)から東大阪市役所まで歩きました。今回は東大阪市役所から近鉄新石切駅(東大阪市)まで東を目指して歩きました。歩道上には、前回なかった災害時徒歩帰宅支援ルートである旨の表示があり、私達の活動がヒントになったのではと思いました。
 関西では徒歩帰宅困難者対策の自主活動がまだまだ少ないようですが、今後も続けます。次回は新石切駅からいよいよ奈良県に入ります。みなさまがたのご指導をよろしくお願い申し上げます。
奈良県防災士会(日本防災士会奈良県支部) 平井紳二


280706hirai1 280706hirai2
東大阪市役所          大阪市役所~奈良方面(東)

280706hirai3 280706hirai4
歩道上              近鉄新石切駅近く
スポンサーサイト
プロフィール

membernews

Author:membernews
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR