千葉県千葉市 第27回協同組合フェスティバル

青木信夫(千葉県防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

平成28年11月6日(日)、千葉県の千葉ポートパーク円形広場で「第27回協同組合フェスティバル」~海と大地とくらしの祭典~が行われ、BCNは地震体験を行いました。JAや生協などが多く出展され、農協・漁協・森林組合から食産物の即売会や出店がずらっと並び、広大な円形広場をぐるりお店が一周している状況でした。そんな活気ある中で起震車はその中央に位置し、どこからでも丸見え状態という絶好のロケーションで、かなり目立っていました。
来場者数は数千人と思われますが、良い天気にも恵まれ、イベントとしては大成功だったのではと思います。
地震体験された方も数多く、実質3時間余の稼働時間でしたが365名の方に体験いただき、ご家族での参加がほとんどでした。子どもたちの目当ては「動物戦隊ジュウオウジャー」で、握手会では最後尾がどこなのかわからないくらいの列になっていました。
このようなイベントで防災にどの程度役立ったのか、または役立てることができるのか、起震車がアトラクションになってしまっていないか絶えず疑問がありますが、体験された方の中で少しでも家の耐震化や家具転倒防止に結び付けられればと期待するところです。

日時 : 平成28年11月6日(日) 10:00~15:00
会場 : 千葉ポートパーク円形広場
参加 : 地震体験365名
スタッフ: 8名
内容 : 起震車による地震体験
地震体験:東北地方太平洋沖地震75秒バージョン

281106aoki1

281106aoki2

281106aoki3

281106aoki4
スポンサーサイト
プロフィール

membernews

Author:membernews
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR