東京都大田区そらのいえ保育園救命講習

青木信夫(千葉県防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

平成29年9月9日(土)、東京都大田区、そらのいえ保育園で救命・応急手当講習が行われ、BCNの青木信夫防災士が講師を務めました。スタッフはBCNのメンバー他千葉県北部支部のメンバーを加え、計4名のスタッフでの対応です。
保育園の職員に対する救命・応急手当であることから、心肺蘇生用も小児用マネキンを用いています。20名の受講者に対し、10体のマネキンと10台の訓練用AEDを用いるなど、できるだけ触れる機会を増やし体験いただくことを前提にしています。小児ならではの胸骨圧迫や人工呼吸、AEDも小児用を用いるなど、保育園で預かる子どもたちを対象にした訓練です。はじめは緊張も見られましたが、体を動かすにつれて徐々にほぐれてきて、楽しみながらも積極的に学ばれていました。これも日頃子どもたちを預かる身として常にそのリスクがあるという認識からだと思います。
後半は応急手当で、異物除去では異物除去訓練用ベストを使った背部叩打法と腹部突上法を行っていただき、止血法、ラップ療法とその注意点、骨折固定については、実際に腕の怪我を模して体験しました。異物除去訓練用ベストではなかなか異物が除去できず、何度も挑戦するなど皆さん一生懸命です。その他アレルギー、やけど、切断などの説明を行いました。
一般の救命講習と異なり、職員の皆さんは少しも聞き逃さないようにとメモを取る方も多く、真剣そのものでした。このような保育園が増え、事故が軽減されあるいは被害をを最小限にする取り組みをする保育園がさらに増えることを願います。

日時:平成29年9月8日(金) 13:00-15:00
場所:大田区 そらのいえ保育園
参加:職員約20名
講師:青木信夫防災士
内容:救命、応急手当講習

290909aoki1

290909aoki2

290909aoki3

290909aoki4
スポンサーサイト
プロフィール

membernews

Author:membernews
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR