20180618大阪北部地震体験記

(メールメッセージより抜粋)
6月18日大阪北部地震の体験記をお届けします。列車乗車時の地震対策のご参考になればと思います。

平井 紳二(奈良県 防災士)

 6月18日月曜の朝、大阪市内への通勤にいつもの時間の近鉄電車で鶴橋(大阪市)に到着。 JR大阪環状線内回りに乗り換え、月曜日で車内は満員、1両目の前から2番目の扉の正面で、リュックサックは両肩に下げ、つり革を握っていました。扉上のスクリーン画面には、 地震発生時にエレベータかご内に多国籍語でアナウンスを流す会社の動画広告が流れていました。
 森ノ宮駅を発車し、少し走ったところで、 7時58分に急停止したと同時に、乗務員のアナウンス 「地震が発生した為、 急停止しました」。 ほぼ同時に私のスマホの防災速報アプリの緊急地震速報の音楽だけが流れ、画面には「大阪府北部で震度6弱」の表示。揺れは感じませんでした。この時点で車内は静かで冷房の効いたまま、その場に座る人もなく、周りの人は恐ろしく平然としていましたが、私はすぐ、奈良県内の家族にメールで無事を連絡しました。
 8時3分に、 スマホに地震発生を知らせるメールが届き、緊急地震速報の音楽がやっと鳴りました。職場の上司にメールで無事を報告。その後の車内アナウンスで、大阪北部で震度6弱の地震があり、津波発生はないこと、京橋駅~大阪駅間は停電していることや、余震を知らせるメールなど届いた直後からスマホ・携帯でメール・通話する人が出てきました。
 次の大阪城公園駅まで運転するため調整中と、車内アナウンスがありましたが、9時3分に最前列の車両先頭の乗務員室から降りるよう指示があり、混乱無く、 降り始めました。
 私の5人前から1番目の扉を開けてくれましたが、足の長い男性に限るとのこと。私は乗務員室から降りましたが、後ろを乗務員さんに、列車の乗務員用タラップを一歩ずつ誘導してもらい、降りてから線路上を大阪城公園駅へ向かいました。途中で応援の係員さんが何人も走ってきました。
 この様子はNHKテレビで中継していたようだと職場の人に後日聞きました。普段から移動時には水や茶を持参する、 地震発生時には家族や上司にメールで無事を連絡することにしていたのは良かったと思います。残念なことは、 JR車内では英語など外国語でのアナウンスは全くありませんでした。扉上のスクリーン画面もずっと様々な広告しか流れていませんでした。 同じ時間におおさか東線を利用していた職場の人は、4時間以上も車内から出られなかったと聞きました。   以上
プロフィール

membernews

Author:membernews
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR