FC2ブログ

「愛媛県・防災に関する社会福祉施設管理者向け研修会」で講演

寺岡 芳孝(兵庫県 防災士)

190605teraoka1 近年、全国各地でこれまでの想定を超えた災害が相次いでいる中愛媛県においても、平成30年7月豪雨により、県内各地で甚大な被害が発生し、また、近い将来、南海トラフ巨大地震の発生も懸念されていることから、愛媛県内の社会福祉施設の管理者・防災担当職員などを対象に、中予・南予・東予の3会場で約800名が参加して研修会が開催された。
 気象庁松山地方気象台からは、「警戒レベルによる避難行動」など、段階的に発表される防災気象情報を活用することの重要性が説明された。昨年の7月豪雨で被災された社会福祉施設代表からは、当日の浸水状況や避難行動、今後の課題など事例報告があった。

 社会福祉施設の地震対策( ~災害は正しく恐れ 正しく備える~)に関する講演では、地震は風水害のような事前の情報や予測がつかない。突発地震の発生には平常時の対策や備えが重要となる。施設内外の安全対策や激しい揺れから身を守る「3つの行動」など、日ごろの訓練が大切である。また突発地震の発生時の対応など「地震防災対策計画」の整備が重要となる。
 社会福祉施設の防災責務(義務)として、リスク管理や危機管理として取り組むことが求められている。
次第
日時(場所)
  :令和1年6月5日(水) 13:30~16:00 (愛媛県生涯学習センター:松山市)
  :令和1年6月6日(木) 13:30~16:00 (愛媛県歴史文化博物館:西予市)
  :令和1年6月7日(金) 13:30~16:00 (愛媛県総合科学博物館:新居浜市)

1 開 会
2 挨 拶  
3 講 演
 (1)防災気象情報を活用して命を守る(30 分) 気象庁松山地方気象台
 (2)社会福祉施設の風水害対策について(20 分) 愛媛県社会福祉施設代表
 (3)愛媛県からのお知らせ(10分) 愛媛県保健福祉部長寿介護課
 ----------------------------休憩----------------------------
 (4)社会福祉施設の地震対策(60 分) ~災害は正しく恐れ 正しく備える~
                 寺 岡 芳 孝
                 NPO法人兵庫県防災士会 顧問(防災士)
4 閉 会
文責:寺岡 芳孝

190605teraoka2

190605teraoka3
プロフィール

membernews

Author:membernews
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR