FC2ブログ

7/12(金)習志野市立実籾小学校応急手当学習(千葉県習志野市)

青木 信夫(千葉県 防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

令和元年7月12日(金)、千葉県習志野市、習志野市立実籾小学校において5年生、6年生を対象に応急手当学習が行われ、BCNが講師を担当しました。
実籾小学校では3年生から6年生まで防災学習を進めており、今回その一環としての応急手当学習です。
内容は直接圧迫止血法、災害時の切り傷擦り傷の手当、骨折時の手当を主として、この3つについては子ども達に体験してもらいながら進めました。子ども達は説明を聞き、実際に試しながら体得していました。あるクラスから感想をもらいましたが、知らなかったことがたくさんあった、手当される側から手当てする側になることができたなど、新鮮な言葉が聞かれました。
学習の後半には誤嚥の異物除去法として背部叩打法、ハイムリック法を見本として行いましたが、教員の方にもハイムリック法を試していただくなど子ども達も興味津々で、とても有意義な学習になったと思います。
ひとつひとつ防災を進めていくことで、総合的な防災力が確実に上がっていく様子が見て取れ、また、この子たちが大きくなった時には素晴らしい災害対応力を発揮すると思います。

日程:令和元年7月12日(金)
場所:習志野市立実籾小学校
対象:小学5年生、6年生
スタッフ:6名
内容:応急手当学習

190712aoki1

190712aoki2

190712aoki3

190712aoki4
プロフィール

membernews

Author:membernews
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR