FC2ブログ

7/17(水)習志野市実籾小学校煙ハウス・消火器体験(千葉県習志野市)

青木 信夫(千葉県 防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

令和元年7月17日(水)、千葉県習志野市、習志野市立実籾小学校において、煙ハウス体験、消火器体験がが行われBCNが指導しました。
小学3年生から6年生の全員約300人が対象で、3時間目に3,4年生、4時間目に5,6年生です。煙ハウス体験では初めに目的と注意事項の説明を行い、ハンカチを鼻口に当て煙の充満したテント(煙ハウス)に入ってもらいましたが、入った瞬間から前が何も見えず、煙で息苦しく戸惑う子ども達も多くいましたが、壁伝いに進むことで出口を見つけるという説明を思い出し、順次姿勢を低くして進みました。
2回目は防煙フードをかぶってもらい、煙をできるだけ吸わないように進んでもらいましたが、3年生の子ども達でも上手に防煙袋に空気を入れていました。
消火器体験では使用方法の説明を聞きすぐに実践です。訓練用水消火器を用いて、「火事だーっ」と大きな声を出し、消火器を運び、火元に近づきピンを抜きホースを向けて噴射するという一連の流れを、1回の説明でほぼ皆さん習得できていました。全員に体験してもらうため噴射時間は短めですが、子ども達は真剣に体験していました。
実籾小学校では3年生から6年生まで防災授業を進めていますが、こうした一つひとつの訓練や学習により、防災総合力が著しく高まっています。

日程:令和元年7月17日(水)
場所:習志野市立実籾小学校
対象:3-6年生全員約300名
スタッフ:5名
内容:煙ハウス体験、消火器体験

190717aoki1

190717aoki2

190717aoki3

190717aoki4

190717aoki5
プロフィール

membernews

Author:membernews
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
カテゴリ(活動)

啓発 訓練 講演 指導 教育 イベント コミュニティー 現地活動 研修 HUG DIG 勉強会 地区防災計画 地震体験 避難所 被災地支援 DIG 

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR