FC2ブログ

相生市消防団チェーンソー取扱訓練指導

横山 恭子(兵庫県 防災士)

2019年8月よりチェーンソー作業者の保護衣着用等が義務化になり、相生市消防団に下肢切創保護衣(チャップス)が支給されたことで、このたび安全講習を含めた取扱訓練が実施されました
                記
 【日 時】2020年7月19日(日) 10時00分~12時00分
 【場 所】相生市 野瀬埠頭 
 【指導防災士】竹平元則、中植重治、井上耕治、横山恭子  計4名

相生市消防団15分団から160名が参加し、初心者を中心に安全講習・実技・整備を体験。
実技の前に、義務化になった保護衣の必要性を知っていただくため、保護衣にチェーンソーの刃を当ててどのように刃が停止するかなど実際の動きを見ていただきました。
相生市は土砂災害警戒区域が多い市で、台風シーズンには倒木によるチェーンソーの出動もあります。
災害時にチェーンソーを使う人だけでなく、その周りで作業する人もチェーンソーの怖さやしくみを知っていただくことで、全員で安全管理をしながら活動ができるよう指導しました。

020719yokoyama1
チェーンソー取扱訓練画像(PDF)はコチラからご覧ください