FC2ブログ

11/24(火)実籾小学校4年生防災体験(千葉県習志野市)

青木 信夫(千葉県防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

令和2年11月24日(火)、千葉県習志野市、習志野市立実籾小学校において4年生を対象とした視覚障害者体験、防災○×クイズ、新聞スリッパ作成、紙コップ作成が行われ、BCNが指導しました。
視覚障害者体験は1人がアイマスクをして白杖代わりに杖を持って障害者役、1人はサポート役になり、ペアで体育館に設置した障害物の中を進んでいく体験です。白杖を持っている人は全盲の方以外にも目が見えにくい方、聴覚障害のある方も使うことを学び、サポートではむやみに触らない、状況をできるだけ詳しくたくさん説明し、起点になるところでは立ち止まって説明するなどテクニックを
学びました。
防災○×クイズ10問では初めは簡単なクイズからだんだん難しいクイズを出しましたが、ものすごく盛り上がり、楽しみながら学習することができました。その後新聞紙で作るスリッパ、A4用紙で作る紙コップを作成しましたが、学習の終わりの感想を聞くとスリッパもコップも災害だけではなく生活の中でも利用してみたいといった意見も出て、4年生とは思えないしっかりした感想にこちらが驚い
てしまいました。

日程:令和2年11月24日(火)
場所:実籾小学校
対象:4年生全員
スタッフ:7名
内容:視覚障害者体験、防災○×クイズ、新聞スリッパ作成、紙コップ作成 

021124aoki1

021124aoki2

021124aoki3

021124aoki4

021124aoki5