FC2ブログ

国土交通大臣から気象防災アドバイザーに委嘱

矢野 良明(千葉県防災士)

 気象防災アドバイザーは、地方公共団体の防災の現場で即戦力となる気象防災の専門家を育成することを目的として制度化されたもので、地方公共団体の防災の現場で防災気象情報の解説を行ったり、地方公共団体の防災担当者向けの防災気象情報の普及啓発の取り組みを行うこと等が主な役割とされています。
 12月17日、今回委嘱された29名のうち5名が気象庁新庁舎に参集し、矢野防災士が代表して赤羽一嘉国土交通大臣から委嘱状を受理しました。

021217yano1
赤羽大臣からの委嘱状を手にする矢野良明防災士(日本防災士機構にて)