千葉県千葉市 京葉自動車教習所フェスタ2016

青木 信夫(千葉県 防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

平成28年10月30日(日)、千葉県千葉市の京葉自動車教習所にて「京葉自動車教習所フェスタ2016」が行われ、BCNは地震体験を担当しました。来場予想1,000名という大きなイベントで、教習所でこのような大規模イベントが行われていることを初めて知りましたが、活気にあふれていて、警察車両、消防車両などもありました。
天気は曇りですが時折雨もばらつき、なんといってもこの時期としては異例の寒さで我々スタッフも凍えながらの対応でした。そのような中でも地震を体験される方はひっきりなしで絶えず列ができてしまうほどです。防災イベントではないので一般の家族連れが多く、子どもも多く、高齢者はあまり見かけませんでした。震動は東北地方太平洋沖地震75秒バージョンで、皆さん驚きを隠せないものの少しアトラクション的な感じになってしまったのが反省点です。列ができてしまっているので十分な説明ができず、地震や家具転倒防止などのお話しができずに数をこなしていく形になってしまいました。しかし、これをきっかけとして帰りがけに防災売り場などに寄っていく方もいるかもしれず、それを期待するところです。

日時 : 平成28年10月30日(日) 10:00~15:00
会場 : 京葉自動車教習所
参加 : 地震体験305名
スタッフ: 5名
内容 : 起震車による地震体験
地震体験:東北地方太平洋沖地震

281030aoki1

281030aoki2

281030aoki3

栄町での地区別防災訓練

浅野 幸輝(千葉県 防災士)
千葉県防災士技術支援チーム活動報告

千葉県防災士技術支援チームでは千葉県北部支部、BNCとコラボし、平成28年度栄町地区別防災訓練第3回目を請方深鎌小学校で、市民に「防災・救急救命訓練」を行いました。

期日 :平成28年10月30日(日)  9:00~11:30
場所 :栄町請方深鎌小学校校庭
参加者:役40名
    この訓練には、防災士の他、防犯関係として消防も参加した総合訓練です。

参加防災士 6名
   281030asano1
  写真後列左側より高崎勝利、越川伸彦、浅野幸輝(継承略)
    前列左側より川崎隆克、谷正美、中村誠(敬称略)

訓練内容
参加者40名を4グループに分け、①救出・救助、②応急担架・徒手搬送、③災害に役立つロープワーク、④初期消火訓練を行った。
会わせて、非常食等の展示を行った。

281030asano2 281030asano3281030asano4 281030asano5281030asano6

まず、訓練に先立ち、開会式で川崎防災士より防災士とは、と訓練の内容といざというときの心構えの説明があった。

281030asano7 281030asano8

①救助・救出訓練
281030asano9 281030asano10 要救助者の発見~クサビを打ち~バールで隙間を作り~車載ジャッキを使って瓦礫を持ち上げ~救出し~簡易担架搬送まで、順を追って説明し、訓練参加者に体験させた。

281030asano11 参加者からは、
クサビの打ち方、車載ジャッキの使い方がよくわかってよかったです。
の声があった。




②応急措置・応急担架
281030asano12 身近にあるものを使った応急措置法、
応急担架の作成等を指導した。

参加者からは
スーパーのレジ袋がこんな時に役立つなんて知らなった。と驚きの声が寄せられた。
また、もっとゆっくりと時間をかけて教わりたかったとの声もあった。

③ロープワーク
281030asano13 簡単な基本的な結び方から、もやい結びまで、いざというときに役立つロープワークを指導した。

参加者からは
もう少し時間をかけて教わりたかったです。
単にロープと言っても色々な結び方があるのに感心しました。との声が寄せられました。

最後に閉会式において中村防災士から、「今日やったことを一つでもいいから覚えていざというときに役立ててください、。」と講評があり、訓練を終了した。

281030asano14

平成28年度栄町地区別防災訓練第2回目

浅野 幸輝(千葉県 防災士)
千葉県防災士技術支援チーム活動報告

千葉県防災士技術支援チームでは千葉県北部支部、BNCとコラボし、平成28年度栄町地区別防災訓練第2回目を竜各寺旧酒直小学校で、市民に「防災・救急救命訓練」を行いました。

期日 :平成28年10月23日(日)  9:00~12:00
場所 :栄町龍角寺旧酒直小学校校庭
参加者:役140名
    この訓練には、防災士の他、防犯関係として消防も参加した総合訓練です。

参加防災士 10名
281023asano1

訓練内容
参加者140名を4グループに分け、①救出・救助、②応急担架・徒手搬送、③災害に役立つロープワーク、④初期消火訓練を行った。
会わせて、転倒防止の展示を行った。

まず、訓練に先立ち、開会式で川崎防災士より訓練の内容といざというときの心構えの説明があった。

      281023asano2

281023asano3b
救出・救助訓練 応急措置・応急担架訓練 ロープワーク訓練 家具転倒防止展示
どの訓練においても住民参加型で行った。



最後に閉会式において、中村防災士より、「今日の訓練内容を忘れずに家に帰ったら、復唱していざというときに役立ててください」とあいさつで閉めた。

    281023asano4

訓練後参加者に感想を聞いてみました。
  クサビの打ち方、車載ジャッキの使い方がよくわかってよかったです。
  ロープワークはもう少し時間をかけて教わりたかったです。
  貴重な体験をしました。ありがとうございました。
 等々

平成28年度栄町地区別防災訓練指導要請

川崎 隆克(千葉県 防災士)
千葉県防災士技術支援チームだより

当該訓練は長い期間、栄町消防本部が担当し参加住民に知識・技能指導を行って来ました。
防災士会に要請の経緯は栄町町議会選挙が有り、私の居住する自治会から初当選された自治会長が町議会で栄町の危機管理について質問し、その中で防災士の存在を議会で話され、結果、栄町消防本部から私宛に今回から防災士が行って戴きたい旨、要請が有ったものです。東京都支部、北部支部、技術支援チームのご協力を頂き、当該レジメに沿って実施いたしました。はじめに訓練の重要性と必要論を説き、実施後、北部支部中村支部長より全体の講評を頂きました。
栄町消防本部杉田消防長及び参加住民から「今までより指導法が判り易く良かった」との評価を頂き成功裡に終了する事が出来、参加防災士に敬意と感謝申し上げます。・・合掌!!
注、再度10月30日2回目の訓練が有ります。

*参加防災士(順不動、敬称略)
中村誠、谷正美、松井正雄、中村利孝、佐藤修一、浅野幸輝、越川伸彦、樋口正、高崎勝利、川崎隆克、計10名

281024kawasaki7レジメはコチラからご覧ください

281024kawasaki1 281024kawasaki2

281024kawasaki3 281024kawasaki4

281024kawasaki5 281024kawasaki6

取材記事が掲載

彦阪 勝則(岡山県 防災士)

 山陽新聞(平成28年9月6日)に取材記事が掲載されました。

280906hikosaka1
記事はコチラからご覧ください

避難者応援簡易生活家具の考案開発

加藤 吉晴(岐阜県 防災士)

 本会(中津川市民防災市民会議(賛助会員))が考案開発商品化した避難者応援簡易生活家具「くうねるぼっくす(食うこと寝ることサポートの防災グッズ)」です。(ニュースレター3号特集)
 もちろん、防災訓練や防災教育にも活用できます。
今年春の熊本地震の際、現地ボランティア活動から、その時の教訓を半年かけて、ようやくカタチにできました。
「くうねるぼっくす」は中日新聞や岐阜新聞でも紹介され、東海地方NHKテレビニュースでも11月2日午後6時から7時の枠のどこか取り上げていただけ、5分間放映の予定です。
 避難所で飲み物食べ物そして安心できるトイレは、絶対必要な事項です。
その上で、プライバシーの確保とクオリティオブライフもまた、今後大切にしていく事項だと思います。
 今後の避難所生活の改善のきっかけなればと考え、一石を投じさせていただきました。

281018katou1
ニュースレターはコチラからご覧ください

平成28年度栄町竜各寺台自治防災フェスタに参加

浅野 幸輝(千葉県 防災士)
千葉県防災士技術支援チーム活動報告

千葉県防災士技術支援チームでは千葉県北部支部、BNCとコラボし、平成28年度栄町竜各寺台自治防災フェスタに参加し、市民に「防災・救急救命訓練」を行いました。

期日 :平成28年10月15日(土)  12:00~16:00
場所 :栄町龍角寺台コミュニティホール
   この訓練には、防災士の他、防犯関係として消防、警察等の機関の他、
   多くの人々が参加した総合訓練です。

参加防災士
281015asano1 川崎 隆克
 佐藤 修一
 松井 正雄
 青木 信夫
 飯岡 孝
 谷 正美
 梅木 満
 植木 和幸
                  浅野 幸輝    9名

訓練内容
 ①倒壊家屋からの要救助者の捜索・救出訓練

 軽自動車を倒壊家屋と見立て、砂人形を家屋の下敷きになっているとの想定で、捜索後、身近にあるもの(バール、車載ジャッキ等)を使って救出し、簡易担架にて搬送した。
防災士が行った後、子供たち民が防災士に指導されながら訓練をした。

特に子供たちが一生懸命に訓練していた姿は印象的でした。

②救急措置(人工呼吸とAEDの使い方
 281015asano2 281015asano3
ん~むずかしいなぁ

③応急手当、応急担架作成

④転倒防止展示コーナー
281015asano4 281015asano5

⑤起震車、地震体験
281015asano6 281015asano7

子供たちには、起震車による地震体験が一番の人気でした。

起震車で地震体験した子供たちに感想を聞いてみました。
 地震を体験してみてどうだった?
  恐ろしかった。(大人)
  いろんな物が飛んでくるのが怖かった。(大人)
  ちょっとこわかったです。(小5女)
  最後の方が怖かった。(小5男)
  震度7って体験だとわかっていても怖かった(大人)
  怖ったけど面白かった(小5男)
  本当の地震もこんなんだなぁってあらためて感じた。(小5男)

神奈川県横須賀市 よこすか海辺ニュータウンストリートカフェ地震体験

青木 信夫(千葉県 防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

平成28年10月16日(日)、神奈川県横須賀市の「よこすか海辺ニュータウンストリートカフェ」というイベントの住宅展示場内で地震体験を行いました。いつもの防災訓練とは異なり、通りすがりの方を含めた一般の方が対象です。小さなお子さんから年配の方まで幅広く、189名の方に体験いただきました。
海辺の町ということもあり、津波の心配をされている方が多く見受けられたのが特徴です。また、BCNから4体の心肺蘇生用マネキン人形とAEDを貸し出し、現地の防災士の方が救急救命を担当しました。
住宅展示場とのコラボはこの1年多くなりました。住宅のキャッチフレーズを見ると地震に強い、制震、免震などの文字が目につきます。頑丈な家という印象をアピールする目的もあると思いますが、新しい強固な家に住み替えていただくことは一種の耐震化ですので防災上も積極的に勧めたいところです。

日時 : 平成28年10月16日(日) 10:00~16:00
会場 : ハウジングプラザ横須賀
参加 : 地震体験189名
スタッフ: 4名
内容 : 起震車による地震体験
地震体験:東北地方太平洋沖地震

281016aoki1

281016aoki2

281016aoki3

281016aoki4

千葉県船橋市 船橋アリーナスポーツフェスティバル

青木 信夫(千葉県 防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

平成28年10月10日(土)、千葉県船橋市の船橋アリーナで「スポーツフェスティバル」が行われ、消防、警察などの車両とともに、BCNから起震車を出動させ地震体験を行いました。昨日までの雨はあがりましたが、このところの暑さに慣れてしまったせいか、肌寒い中での地震体験になりました。
船橋アリーナは毎年5月と10月にそれぞれ起震車を出しており、毎回長蛇の列で、一日の体験者数も数百人レベルです。今回も456名の方に体験いただき、家の耐震化、家具の転倒防止にいくぶんかは貢献できたのではないかと思います。子どもの参加が多く、まじめな子、ふざけてしまう子、泣き出してしまう子、様々でしたが何か残るものがあればと期待しています。
今回は千葉県北部支部のメンバーにも助けていただき、4名のスタッフで運用しましたが、なんとか無事終えることができ、BCNとしても大きなイベントが一つクリアできました。1日当たり500人のペースだと昼休憩を除き、フル稼働状態ですが体験いただく方の中には地震体験は初めてという方も当然いますので、毎回が緊張の連続です。単なるアトラクションでは終わらない工夫をしながら、今後も地震体験訓練を続けていきたいと思います。

日時 : 平成28年10月10日(月祝) 10:00~16:00
会場 : 船橋アリーナ(千葉県船橋市)
参加 : 地震体験456名
スタッフ: 4名(千葉県北部支部メンバーを含む)
内容 : 起震車による地震体験
地震体験:東北地方太平洋沖地震

281010aoki1

281010aoki2

281010aoki3

281010aoki4

避難所運営ゲーム(HUG)及び 防災ミニ講座

福井 史雄(北海道 防災士)

 網走市活動報告(北海道防災士会)  

1.日  時:平成28年9月30日(木) 19:00~21:00
2.場  所:網走市立呼人小中学校   会議室
3.対 象 者:網走市立呼人小中学校PTA 及び 地域住民 参加者20名
4.事 業 名:網走市立呼人小中学校PTA研修事業 
       兼 網走市家庭教育学級講座
5.活動概要:避難所運営ゲーム(HUG)及び 防災ミニ講座
 ○HUG  避難所開設から避難者受入までの留意点の確認
       ・運営委員会の立ち上げ
       ・受け入れ準備作業
       ・要配慮者、要支援者への対応
 ○ミニ講座 北海道が想定する「網走沖の地震」について
       ・想定される地震被害等
       呼人地区で想定される自然災害
       ・大雨による浸水害 2006年、2016年の浸水害
       ・網走湖東岸断層帯

280930fukui1 280930fukui2

テストする女性誌「エル・ディー・ケー」で防災啓発

橋本 茂(東京都 防災士)日本防災士会常務理事

 女性誌LDKで、「今スグ備えるべき「防災セット」」等の記事を通じて防災の啓発の取り組みをしました。

281004hashimoto1 281004hashimoto2
掲載記事の一部はコチラからご覧ください

平成28年度香取市総合防災訓練に参加

浅野 幸輝(千葉県 防災士)
千葉県防災士技術支援チーム活動報告

千葉県防災士技術支援チームでは千葉県北部支部、BNCとコラボし、平成28年度香取市総合防災訓練に参加し、市民に「防災・救急救命訓練」を行いました。

期日 :平成28年10月1日(土)  9:00~12:00
場所 :香取市役所・佐原中学校
    この訓練には、防災士の他、自衛隊、警察、消防、医療機関、県・市職員、
    一般市民、佐原中学校生徒、佐原高校生徒、多くの人々が参加した総合
    訓練です。

参加防災士
281001asano1技術支援チーム
千葉県北部支部
BCN
計20名


1.ブース外訓練
 (1)倒壊家屋からの要救助者の捜索・救出訓練

281001asano2 281001asano3 281001asano4

281001asano5 281001asano6

 軽自動車を倒壊家屋と見立て、砂人形を家屋の下敷きになっているとの想定で、捜索後、身近にあるもの(バール、車載ジャッキ等)を使って救出し、竹竿と毛布で作った簡易担架にて搬送した。
防災士が行った後、佐原中学校生徒、市の職員・一般市民が防災士に指導されながら訓練をした。

281001asano7 281001asano8 281001asano9

281001asano10最初、市の職員や一般市民は恥ずかしがっていたが、佐原中学校の生徒に刺激され徐々に行っていった。



体験者の声
中学生:身近にある物って役立つんですね。
市民 :いい経験になりました。

(2)消火器の使い方
 
281001asano11 281001asano12

2.テントブース内
 (1)徒手搬送法281001asano13 281001asano14
 テントブース内では、徒手搬送(一人搬送、二人搬送等の指導を行った。

 (2)応急処置
 また、身近にある物を使った応急処置訓練も行った。281001asano15





全体の訓練を通じて、当日はあいにくの雨天であったが、多くの訓練参加者があり、防災に関する香取市の取組を強く感じた。
また、あいにくの天気で起震車による地震体験ができなかったが、できることなら震度7の地震体験を経験させてあげたかったことが残念である。


香取市総合防災訓練の動画はコチラからご覧ください。

平成28年度香取市総合防災訓練に技術支援チーム20名が参加

川崎 隆克(千葉県 防災士)
千葉県防災士技術支援チームだより

目的
地域住民の生命、身体及び財産を災害から守るため、災害発生時の市の初動対応や地域の避難に係わる連絡体制・避難誘導・安否確認などの訓練を実施、防災活動体制の充実強化と市民の防災意識の高揚を図る事を目的とする。

テーマ:「地域における連携」

日 時 : 平成28年10月1日(土)午前8時30分から12時迄(雨天決行)

会 場 : 香取市市役所・佐原中学校

訓練想定
M7地震発生、香取市震度6強、市内各地で建物、ライフラインなど大きな被害、多数の建物倒壊により甚大な人的。物的被害か発生

○技術支援チームの役割
当日は早朝から雨、
     1、倒壊家屋からの救出・救助の模範演技を行い、参加住民に指導、
     2、応急手当・応急担架・徒手搬送(家庭に有る身近な資機材で実施)、
     3、初期消火(消火器の取り扱い)

3グループに分けローティション訓練、積極的に住民参加、「目的である訓練の重要性認識出来た」と言って戴きました。参加防災士20名、雨天の中、遠路から参加して頂き有難うございました。香取市防災訓練は今回が初めてで成田市の防災訓練を香取市担当者が見学され技術支援チーム要請されたものです。参加防災士に感謝・・!!合掌

281001kawasaki1

281001kawasaki2 281001kawasaki3

281001kawasaki4 281001kawasaki5

281001kawasaki6 281001kawasaki7

栄町安食台三丁目自治会防災会にHUGの実施

川崎 隆克(千葉県 防災士)
千葉県防災士技術支援チームだより

今回初めての要請でした。栄町役場の住民活動推進課から私の存在を聴き突然、要請が有ったものです。前日、成田市でHUGを実施、その翌日の実施でした。
当該、自治会は消防OBが多い地区で防災訓練、地域防災計画、要援護者支援計画作成、AED3台、訓練用3台常備し栄町でも最初に取り組み、町内自治会でも防災・減災に優れた地区でも有ります。

(記)

日 時 : 平成28年9月25日 13:00~15:30  2.5H
会 場 : 安食台三丁目自治会集会場
内 容 : HUG実施
参加者 : 安食台三丁目自主防災会本部員 30名(5グループ)
講 師 : 中村 利孝、竹内 哲志、川崎 隆克(敬省略・順不同)

280925kawasaki1

280925kawasaki2

280925kawasaki3

平成28年度成田市自主防災組織リーダー研修会においてHUGの実施

川崎 隆克(千葉県 防災士)
千葉県防災士技術支援チームだより

成田市総務部危機管理課からの要請で標題の研修会を行いました。成田市からの要請は過去7年間毎年2回派遣要請がございます。愚数年,奇数年ごとに座学、実技を交互取り入れその都度、技術支援チームが出向し毎回100名~120名の自主防リーダーにご指導を行います。毎年、要請が有る事は技術支援チームの指導法などに評価いただいているものと自負致しております。最後に自主防リーダー参加者から質疑が有り、市の職員も回答に苦慮する場面がありました。講師の進行が功を奏し有意義なHUGの研修会でした。成田市小泉市長の防災士に対する感謝の意も表されました。毎回積極的にご参加頂いている各防災士に感謝と敬意を申し上げます。・・!!合掌

(記)

日 時 : 平成28年9月24日(土)13: 00~17:00 4H
会 場 : 成田市保健福祉館 多目的ホール
内 容 : HUGの実施(特に避難時の必要備品、成田市の避難運営キッドと市民
      感覚必要備品の差異に視点を当てたゲームが特徴)
参加者 : 成田市自主防災リーダ90名(11グループ)
講 師 : 中村 利孝防災士
ファシリテ―タ―:中村 誠、谷 正美、浅沼 美弥子、鈴木 不二美、飯岡 孝、
      竹内 哲志、五味川 文康、川崎 隆克 8名(敬省略・順不同)
アンケートはコチラからご覧ください。

280924kawasaki1

280924kawasaki2

280924kawasaki3

千葉県旭市 K病院まつり防災イベント

青木信夫(千葉県防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

平成28年9月24日(土)、千葉県旭市のK総合病院で病院まつりが行われ、その一環として液状化実験、感震ブレーカー、ロープワーク等の展示説明と地震体験を行いました。この病院は千葉県でも最大級の病院で、災害拠点病院にもなっている大きな総合病院です。そのお祭りとして「第一回病院まつり」が行われました。雨が降ったり止んだりの天候の中、大勢の参加者があり院内はごった返している印象です。地震体験も行列は長くなかったものの途切れない程度で、しかし途中で雨が降り出して、地震体験車は屋根のあるところに移動しました。それでも計156名の方に東北地方太平洋沖地震を体験いただきました。
病院といえども参加された方々は防災の関心が高く、こうしたお祭りに私どもが活動ができるチャンスがあるのだなと改めて思いました。防災訓練だけでなく、気軽に他のイベントの中に防災が少しずつ入り込んでいき、それが当たり前のようになるよう、活動の幅を広げていきたいと思います。

日時 : 平成28年9月24日(土) 10:00~14:00
会場 : 千葉県旭市K総合病院
参加 : 地震体験は156名
スタッフ: 8名(BCNおよび防災士)
内容 : 液状化実験、感震ブレーカー、ロープワーク等および
地震体験(東北地方太平洋沖地震)

280924aoki1

280924aoki2

280924aoki3

280924aoki4

東京都渋谷区 Sセンタービル防災訓練

青木 信夫(千葉県 防災士)
防災コミュニティネットワーク(BCN)

平成28年9月16日(金)、東京都渋谷区のSセンタービル防災訓練に参加しました。今回は地震体験を行いたいとのことで、東北地方太平洋沖地震を中心に代表者80名の方に起震車で地震を体験いただきました。防災訓練は避難訓練、地震体験、消火訓練の3つですが、700名を超える方が入る大きなテナントビルですので、多数の方が参加されました。朝から雨が降っており、地震体験は中止を余儀なくされると思っていたのですが、開始時間には雨がやみ、無事稼働することができて安心しました。体験された皆さんは驚きを隠せず、また仲間で写真を撮りあいながらこんな地震が来たら大変だと、防災を考えるきっかけになったのではないかと思います。

日時 : 平成28年9月16日(金) 10:30~12:00
会場 : 東京都渋谷区Sセンタービル防災訓練
参加 : 約80名(地震体験車のみ)
スタッフ: 4名(BCN)
内容 : 地震体験(東北地方太平洋沖地震)

280916aoki1

280916aoki2

280916aoki3

280916aoki4

「姫路市浄專寺自治会」で防災講義

寺岡 芳孝(兵庫県 防災士)

「ひょうご防災特別推進員」として派遣される


280904teraoka4 姫路市浄專寺自治会(会長 石田公郎氏)では、9月4日(日)に「平成28年度姫路市浄專寺自治会 防災研修会」を開催し、住民の災害意識向上を図るため、県消防課(ひょうご安全の日推進県民会議事務局)に「ひょうご防災特別推進員」の派遣要請を受けて、NPO法人兵庫県防災士会(兵庫県支部)寺岡芳孝副理事長(ひょうご防災特別推進員)が派遣され講義をした。
 日本では1995年頃から大きな地震が急増しています。
1995年阪神淡路大震災、2011年東日本大震災、2016年4月に発生した熊本地震は、4ヶ月経った現在も余震が多発しており、全国各地でも地震が頻発しています。まさに「地震災害の時代」に入ったともいわれています。
 平成28年度浄專寺自治会防災研修会では「地震災害 あすへの備え!」と題して講義を行い、地域住民の皆様と共に災害意識の向上を図り、講義の後には「見直そう 住いの安全!~家具の転倒防止~」のDVDを視聴し、家庭でできる減災対策についても学習をした。
 今回の「防災研修会」の参考資料として、兵庫県より「防災対策のすすめ」「うごく たおれる とぶ おちる」、人と防災未来センターより「減災グッズを備えよう!」のリーフレットの提供を受けた。(ご協力ありがとうございました。)
■ 日 時 平成28年9月4日(日) 10時00分~12時00分
■ 会 場 姫路市大津茂公民館(2階ホール)
■ 参加者 姫路市專浄寺自治会・地域住民等 約50名
■ 挨 拶 姫路市專浄寺自治会 会長 石田公郎氏
■ 講 義 テーマ  「地震災害 あすへのそなえ!」 
          ~家庭でできる 減災対策~
              (DVD放映;約20分:見直そう 住いの安全!)
■ 講 師 ひょうご防災特別推進員 寺岡 芳孝
                (NPO法人兵庫県防災士会 副理事長)
280904teraoka5 280904teraoka2 280904teraoka7
                (文責:寺岡 芳孝)

「防災食」に関した取材記事が掲載

益子 さや子(茨城県 防災士)

9.1.防災の日を前に、「防災食」に関した取材を受け、8.31.付茨城新聞の特別ページに記事掲載されました。(茨城県支部 専務理事(兼)女性部長)

280831mashiko1
掲載記事はコチラからご覧ください

親子体験学習セミナー「サバイバル教室」

川崎 隆克(千葉県 防災士)
         千葉県防災士技術支援チームだより
         第3回成田市中央公民館

公民館事業として標題の訓練要請が入りました。親子の15組30名の参加者に講演と実技指導を行いました。
(記)
主 催 : 成田市中央公民館
日 時 : 平成28年9月10日(土)10: 00~12:00 2H
参加者 : 親子15組(小学校1・2年生とその親、計30名)
参加防災士:中村誠、中村利孝、松井正雄、谷正美、佐藤修一、飯岡孝川崎隆克(敬称略・順不同)
内 容 :  講演「災害から命を守る・・!自助・共助・公助」
      講師―谷正美 30分

講演・実技指導
~12:00

2時間
(5分休憩)

  「災害から命を守る・! 自助・共助・公助」講師―谷 正美氏
   ―自身と家族を守り、そして隣保共助ために―
 「家庭にある身近な資機材で防災・減災を考える・・!」


応急手当法
1、 三角巾を常備していないご家庭向け、ストッキング救急法、ネクタイ活用法
2、 レジ袋活用法、傘・副木の活用法、雑誌・サランラップ活用法など

応急担架法
1、 毛布担架、ロープ担架、米袋担架、作業着担架、椅子担架など


徒手搬送法
ファイヤマンキャリー、前屈搬送、引きずり搬送、背負い搬送、組み手搬送、両手搬送など

災害に役立つロープワーク
1、 基本編 (結節・結着、結合、)

2、 応用編(ポリタンク、斧、木槌、バールなどの吊り上げ・吊り上げ)

「生きのびるための12のサバイバルテクニック」
1、 簡易ランタンづくり

2、 空き缶炊飯
3、 空き缶ランタン
4、 電池で火起こし
5、 ダンボール簡易トイレ作成
6、 ペットボトルでろ過器
7、 その他

280910kawasaki1

280910kawasaki2

280910kawasaki3

280910kawasaki4

280910kawasaki5

280910kawasaki6
プロフィール

membernews

Author:membernews
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR